IDS及びドイツ研修4: サージカルガイドについて
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
大阪 歯科 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科
院長略歴、ごあいさつ
診療システム
スタッフ募集
歯科医師卒後臨床研修を志す先生方へ
通院にあたって
小室歯科の活動
院内ツアー
院内設備
予約
休診日など、お知らせ
English
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
入れ歯
  金属床義歯
  ノンクラスプデンチャー
  アタッチメント義歯
インプラント
  ミニインプラント
  ショートインプラント
  CT分析
デンタルエステ
  オールセラミック治療
  ラミネートべニア
  PMTC
ホワイトニング
矯正歯科
  インプラント矯正
  デーモンシステム
  ムーシールド
  マウスピース矯正
歯科用CT
セレック
予防歯科
アンチエイジング歯科
歯科人間ドック
スポーツマウスピース
  アーマーバイト
静脈内鎮静法
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
求人サイト
入れ歯
インプラント専門サイト
歯列矯正専門サイト
小室歯科公式ブログ
院長ブログ
インプラント最新情報
歯列矯正最新情報
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
QandA
TOPICS
リンク
サイトマップ
QRコード対応の携帯電話でご覧ください

IDS及びドイツ研修4: サージカルガイドについて
当院では、インプラントの埋入手術を行うときに、サージカルガイドという、補助器具を使って行うことがあります。
CTを撮影して分析したデータをもとに、埋入ポジションをシュミレーションして、そのデジタルデータをもとにサージカルガイドを作成します。
理論上、これを使用すると、シュミレーション通りに埋入できることになりますが、やはり、デジタルデータの精度、ガイドを作成する装置の精度などにより、僅かではありますが、誤差が出ます。
IDSでは、このガイドの精度をより高め、煩雑さを軽減したサージカルガイド作成システムのバージョンアップも確認できました。
これにより、ますます安全性を高めて、手術を行えることが期待できます。
もちろん、どれだけ進歩しても、機械は機械、最後は我々の経験からくる感覚も大事にしていかなくてはならないと、考えています

Copyright(c)2005 Komuro Dental All rights reserved.