歯科用レーザー

歯科用レーザー

歯科用レーザーについて

歯科用レーザーについて医療レーザーと言うとレーザーメスやレーザー脱毛を思い浮かべますが、歯科の領域でもレーザーが導入されて久しいのを御存知でしょうか。テクノロジーの進歩は凄まじく、歯科レーザーは今や珍しいものではありません。当院でも、レーザーを取り入れた治療を行っておりますので、その一部をご紹介いたします。

歯科用レーザーで出来ること

初期虫歯の治療

レーザーを使って、虫歯になったエナメル質を除去していくことができます。レーザー自体に殺菌力がありますから、虫歯の原因となるミュータンス菌などを取り除く効果もあります。ほぼ無痛ですし、何より、あのエアタービンの「キーン」という音を聞かないで済みます。しかし、切削力は非常に小さいのが、大きな課題です。

歯内療法

強い痛みがあったりして歯の神経までダメになってしまっている時は、「歯の神経」を抜かなければなりません。その際には、歯の根っこに溜まっていたバイ菌や膿をきれいに掃除しなければなりません。この領域でも「レーザーは便利」という声をよく聞きます。レーザー単独で歯髄を完全除去することは難しいようですが、止血、殺菌、鎮痛などで併用されます。

象牙質知覚過敏

虫歯が無いのに歯がしみることがあります。多くの場合しみるのは歯の根元(歯と歯ぐきの境目)のあたりです。これは象牙質知覚過敏症といわれるものです。知覚過敏自体のメカニズムが完全には解明されていないのですが、レーザーは良く効果があります。当院でも、良く使われる用途の一つです。

歯周病

歯周病菌(プラーク)をためておくと歯肉の血行が悪くなり、気付かないうちに進行して、ひどくなると歯を支えている骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまいます。一生懸命歯磨きをしているつもりでも、なかなか治りにくく、重症の場合は歯肉をメスで切らなければなりませんでした。
歯周病のレーザー治療については、炎症がおこっている歯ぐきの溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させます。治療中はほとんど出血することはありません。
歯と歯茎の間にレーザーを照射する事で、歯周病菌を殺し、弱っている歯茎の血行を良くして、健康な引き締まった歯茎を再生します。歯肉を切ったりしないので、麻酔もせずに、歯周病の治療が可能になります。

歯肉色素沈着の除去

歯肉が、黒ずんでいることを、気にされている方は意外と多いです。レーザーでは、歯肉の表面を蒸散させることで、歯肉の黒ずみを除去することが可能です。

口内炎の治療

口内炎の粘膜上皮にレーザーを照射すると、早期に治す事ができます。

当院で使用しているレーザー:Er:YAGレーザー装置

歯科用レーザーには、半導体レーザー、炭酸ガス(CO2)レーザー、Er::YAGレーザー、Nd::YAGレーザーなど、いくつかの種類があります。
その中でも、当院はモリタの開発したEr:YAGレーザーを採用しています。
Er:YAGレーザーは、蒸散という反応が、照射部の表層に限定されて行われるため、他のレーザーのように透過光による組織深部への影響が少なくてすみます。またエナメル質にクラックが起こりにくい、熱の発生が微小、痛みが非常に少ないなども魅力の一つです。

レーザー歯科治療関するQ&A

レーザー治療は痛くないの?

「全く痛くないと」いうわけではありません。レーザーは、ほんの一瞬照射されるだけなので、痛みを感じる事なく「虫歯菌」や「歯周病菌」を一瞬にしてやっつけてしまいます。ほとんどの患者様は「痛くなかった」と言われます。勿論、患者様の症状や感覚によっても違ってきますので、もし痛い時は、遠慮なく歯科医師に言って下さい。

レーザー治療には副作用はないの?

電気メスは身体に電気を通しますが、レーザーは身体に電気を通しません。ですから、心臓に持病のある方やペースメーカーを使用されている方、高血圧の方、妊娠中の方でも安心して受けることができます。レーザー光線を歯や歯肉に照射すること自体には、副作用はありません。しかしながら、光過敏症や光アレルギーの方は適応外となります。まずは歯科医師と相談して、治療にのぞむことが大切です。

放射線(X線)のような有害性はないの?

放射線とは全く違う光なので、心配いりません。レーザーを繰り返し使うことで、身体に有害な影響がでることはありません。また、レーザー光は「光ファイバー」というとても細い導光ファイバー(200ミクロン~600ミクロン)を通って患部に照射されます。ですから、正常な部位に影響のでないよう治療することができるのです。