入れ歯に関する治療

BPS義歯

「BPS」とは、Biofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)の略で、「よく噛め」「痛くなく」「外れない」「美しい」入れ歯を作るためのシステムです。このシステムによって作られた入れ歯を、「BPS義歯」と言います。
通常、入れ歯を作るとき、上の顎と下の顎から別々に型取りをします。BPS義歯は、口を閉じた状態で、上下の顎の型取りを一度で行います。このことで、噛むときに複雑な動きをする口の中の動き方を正しく捉え、患者様一人一人のお口の動きに合った入れ歯が作れるようになりました。
また、入れ歯の製作工程がシステム化されており、歯科医と歯科技工士の間で必要なコミュニケーションが効率化されたため、ご希望を正確に反映された入れ歯を短期間で作れるようになったことも、BPS義歯の大きな特長です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー一般的な入れ歯といえば、クラスプ(留め具)を隣の歯に引っかける方法で固定されます。
ノンクラスプデンチャーは、留め具のない、新しいタイプの入れ歯です。金属の留め具がなく、歯肉部分は半透明の審美性に優れた薄い素材を使用していますので、自分の歯と歯肉のような、自然で快適な装着感を実現することができました。
「入れ歯のエステ」と呼ばれるほど優れた美しさを持ち、ぴったりとフィットしてくれます。もちろん、金属アレルギーの心配もありません。
また、留め具のように隣の天然歯に偏った負荷をかけないため、周囲の天然歯や歯肉に優しい入れ歯と言えます。汚れやにおいの付着しにくい素材でできているため、お口の中を清潔に保てるのも、ノンクラスプデンチャーの特長です。

O-リングアタッチメント

アタッチメントタイプの入れ歯です。アタッチメントタイプとはつまり、「引っかける」のではなく「取り付ける」という意味です。
「Oリングアタッチメント」は、残った歯の根に突起を、入れ歯にゴムリング(O-リング)をセットし、ホック形式で取り付けが可能な、強力に固定することのできる入れ歯です。しっかりと入れ歯を固定できるため、浮き上がりもなく、食事や会話もストレスなく行っていただけます。また、普通の入れ歯より強く噛むことができます。入れ歯の大きさも最小限に留められ、お口の中での異物感も抑えられます。
金属の留め具がなく、周囲から入れ歯を使用していることに気づかれにくい、機能性と審美性に優れた入れ歯です。

磁性アタッチメント

アタッチメントタイプの入れ歯です。アタッチメントタイプとはつまり、「引っかける」のではなく「取り付ける」という意味です。
「磁性アタッチメント」は、その名の通り、磁力を使って固定するタイプの入れ歯です。残った歯の根に磁性金属を、入れ歯に小さい磁石をセットし、磁石と金属が引き合う作用を利用して入れ歯を固定します。固定力は「O-リングアタッチメント」にやや劣りますが、その分歯や歯肉に優しい性質を持ちます。浮き上がりがなく、食事や会話もストレスなく行っていただけます。入れ歯の大きさも最小限に留められ、お口の中での異物感も抑えられます。
留め具がないため、周囲から入れ歯を使用していることに気づかれにくい、機能性と審美性に優れた入れ歯です。

金属床

保険適用のレジン素材の入れ歯は、強度の問題からある程度の厚みが必要になります。この厚みは、お口の中での違和感となり、食事や会話に多少の不都合が生じることになります。熱の伝導率が悪いレジン素材の入れ歯の場合、食べ物・飲み物の温かさや冷たさを感じにくく、自然、味も分かりにくくなります。
小室歯科では、そういった問題の解決のため、金属床の入れ歯をご用意しております。強度が確保されるため、入れ歯の厚みは最小限に抑えられます。その薄さにより、喋りにくいということもありません。また、熱の伝導率もよく、温かいもの、冷たいもの、そしておいしさをしっかりと感じられます。
金属床の素材は、金合金、コバルトクロム、チタン、バイタリウムなどをご用意しており、患者様のご希望、症状、ご予算に合わせて、最適なものをご提案させていただきます。