インプラントに関する術式

コンピューターシミュレーションを用いて安心・安全なインプラント治療を

インプラント治療は、どなたにでも行える治療ではありません。たとえば「インプラントを植え込む顎の骨が不足している」「極度の心臓疾患、糖尿病、肝臓・腎臓に重い病気を持っている」「治療後の口腔衛生管理のための定期的な通院ができない」といった方には、基本的にインプラント治療を行えません。
小室歯科では、担当の歯科医師が、治療前にお口の中の状態・全身の状態を十分にチェックし、患者様と話し合いながら慎重に治療に進みます。
最新のデジタルレントゲン、必要に応じたCT撮影を組み合わせ、安心・確実な診断を心掛けております。
それらの結果は、コンピューターシミュレーションソフトを使って分析し、患者様に分かりやすい形でご説明いたします。ご不明の点がございましたら、何でもお尋ねください。

サージガルガイドでより正確なインプラント治療を

小室歯科では、インプラント埋入の際、CTとシミュレーションソフトを組み合わせ、その安全性を確認しながら治療を進めます。
具体的には、お口の粘膜に隠れた骨の量、厚み、形、質、上顎洞や下顎管までの距離、適切なインプラントの長さと角度、移植骨量のシミュレーションを行っております。そのシミュレーション通りにインプラントを埋めるため、顎の骨に穴をあけるドリルを、正しい着地点、角度へと正確に導き、またブレを抑えてくれる医療補助器具が「サージカルガイド」です。サージカルガイドは、患者様一人一人のお口のCTデータをもとに、精密に作成されたものを使用します。
小室歯科では、インプラント埋入の際には必ずサージカルガイドを使用し、手術の安全性をより確かなものにできるよう、努めております。

ミニインプラント

下顎の総入れ歯は、Uの字の内側にある舌のせいで、「よく噛めない」「喋りにくい」などのお悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。インプラントであればその問題は解決できますが、インプラントは入れ歯より適用できる症例が限られ、また長年入れ歯を使用されている方は抵抗があるかもしれません。
そういった方におすすめなのが、「ミニインプラント」です。直径1.8ミリのチタン製のネジを歯肉に埋め込み、そこにホックの要領で入れ歯を留めます。入れ歯がずれたりすることはなく、快適に食事や会話を楽しめます。また、インプラントよりも安価であり、手術も歯肉の切開や出血のない簡便なものです。
着脱も簡単ですので、お手入れもしやすく、快適で、ご負担少なく使用していただけます。

ショートインプラント

大がかりな手術は避けたいという方、骨が痩せて通常のインプラントはできないと言われた方には、「ショートインプラント」をおすすめします。
通常のインプラントと比べてわずか2~3ミリ短いだけですが、それだけで神経や上顎洞を傷つけるリスクを大幅に下げることができます。これまで骨の量が少ない場合には欠かせなかった「骨を増やす手術」も不要で、十分な固定力を確保できます。またショートインプラントは、入れ歯の固定に使われることもあります。
小室歯科では、アメリカ製の、「バイコンインプラント」と呼ばれるショートインプラントを使用しています。30年以上の臨床実績があり、世界的に大きなシェアを誇る、信頼できるインプラントです。

審美インプラント

小室歯科では、「自分の歯のように強く噛めること・お手入れができること」というインプラントの強みに加えて、「美しさ」も大切にしています。
確かに、インプラント治療は、かみ合わせや顎の骨の状態、全身の状態によっては制約があり、完全に元通りの美しさを取り戻すことは容易ではありません。
しかし小室歯科は「フリアリット2」「ザイブ」というドイツ製インプラントを導入し、この問題を限りなく解決に近づけることができました。一般的に金属製であるアバットメントを、ジルコニア製オールセラミックで作るため、歯肉が痩せてきたときも黒い金属色が見えません。また、根本は天然歯と同じように太く、まるで天然歯が生えているように美しい仕上がりになります。

GBR(骨再生誘導法)

インプラントの埋入に必要な骨の厚み・幅が不足している場合にその解決法として行われるのが「GBR(骨再生誘導法)」です。人工骨や自分の骨を、顎の骨の不足部分に詰めて特殊な膜で覆い、再生を促します。
近年、これまで顎の骨の厚み・幅の不足でインプラント治療を受けられなかった方が、GBRを受けることによって治療可能になるケースが増加しています。インプラント埋入の手術の前に必要な骨を作ることもあれば、手術のときに同時に行われることもあり、これは骨の欠損の状態などによって判断されます。
GBRで使用する膜や人工骨は、現在も日々改良・開発が行われており、今後ますます成功率が向上することが期待されています。インプラント治療が受けられる方は、将来的にさらに増えていくと予想されています。

サイナスリフト

「サイナスリフト」は、上顎の奥歯の近くの骨が薄く、インプラント治療が受けられない方のための手術です。ソケットリフトと併せて、「上顎洞底挙上術」に分類されます。
上顎の骨の上には、上顎洞と呼ばれる空洞があります。特に上顎の奥の歯を失ってしまうと、歯槽骨が薄くなり、上顎洞までの距離が短くなる傾向があります。上顎にインプラントを埋めるため、顎の骨の頬側の歯肉を切開し、上顎洞の粘膜を底部分から剥がし、持ち上げ、そこへ人工骨や自分の骨を埋めることで、上顎洞の底部分の位置を上げます。こうして、インプラントの埋入に必要な骨の厚みを確保します。
ただし、上顎洞炎(ちくのう症)や顎の骨の状態によっては、サイナスリフトを行えない場合もあります。

ソケットリフト

「ソケットリフト」は、サイナスリフトと同様、上顎の奥歯の上にある空洞、上顎洞までの骨の厚み不足でインプラントが埋入できない方のための手術です。サイナスリフトと併せて、「上顎洞底挙上術」に分類されます。
サイナスリフトが、顎の骨の頬側の歯肉を切開して人工骨や自分の骨を埋める方法をとるのに対し、ソケットリフトでは、歯槽骨の頂上から穴をあけ、インプラントの挿入口ともなるその穴から、専用の器具を用いて上顎洞の底部分の粘膜を押し上げる方法をとります。
インプラントをしっかりと固定するためには、顎の骨の厚みが5ミリ以上必要ですが、人工骨や自分の骨を詰めると同時にインプラントを埋めることができるので、インプラント治療が終わるまでの期間の短縮になります。また、手術による身体への負担も、サイナスリフトと比較して抑えられます。

スプリットクレスト

「スプリットクレスト」とは、顎の骨の幅が4ミリに満たないほど狭く、そのままではインプラントの埋入ができない場合に、骨の幅を広げてインプラント埋入を可能にするための手術です。「歯槽堤分割術」とも呼ばれます。
顎の骨を押し広げる部分の頂上から、器具を使って切り込みを入れます。次に、切り込みにノミのような形状をした器具を挿入し、少しずつ骨を広げていきます。インプラントを埋入できる十分な厚みを確保するまで押し広げ、インプラントを埋入します。インプラントと骨との間のスペースには、人工骨や自分の骨などを入れ、骨の再生も促します。
下顎の骨など、その骨が固い場合には、スプリットクレストでの対応が難しい場合もあります。

静脈内鎮静法

「治療は怖いものだという先入観があって、なかなか来れませんでした」「昨日は緊張して眠れませんでした」という声は、歯科治療を受けられた方からよくきかれます。
特にインプラント治療は、麻酔や手術を伴いますので、恐怖心・不安はかなりのものになります。それらを和らげる方法として「静脈内鎮静法」を導入しております。 
腕に点滴をしながら鎮静剤を投与し、ぼうっと、うとうとしているような状態を作り出し、治療中の恐怖心や不安を軽減させます。
小室歯科では、経験豊富な日本麻酔歯科学会の専門医に施術いただき、静脈内鎮静法を行います。特別診療室内で、全身の健康状態を常時監視しながらの施術ですので、安心・安全に治療を受けていただけます。お気軽にご相談ください。