インプラント

失われた歯がよみがえるインプラント治療

歯を抜いた後、欠損した歯を補う方法としては、これまではブリッジや入れ歯などが一般的でした。しかし、

  • ブリッジにしたら、虫歯でない横の歯まで削るといわれてしまった
  • ブリッジの歯がない部分に物が挟まる
  • 長年使っていたら、ブリッジの土台の歯がむし歯でやられてしまった
  • 入れ歯は取り外しがわずらわしいし、格好が悪い
  • 入れ歯のバネが入る歯が次々にぐらついてくる

などの理由で、十分に満足されていない方もおられるのではないでしょうか?
この様な、これまでのブリッジや入れ歯の欠点を補うのが、インプラント治療なのです。

インプラント(人工歯根)治療

インプラントとは、失われた歯の根の部分の代わりをするチタン製の小さな人工歯根のことで、これを顎の骨の中に入れ、その上に人工の歯をしっかりと固定するという治療法です。インプラント治療によって歯の欠損を修復すると、取り外しの入れ歯の異物感から解放され、もとの自分の歯とほぼ同じようにものを噛むことができます。

また、歯が一本もない場合にもインプラントで義歯がしっかりと固定され、従来の入れ歯でよく問題となった「すべり」や「ずれ」による食物の介在による痛みも解消されます。インプラント義歯によって噛む能力(咀嚼機能)が回復すると、バランスの取れた食事もとれるようになり旅先や人前においても気兼ねなく食事や会話が楽しめます。
インプラントの利点というと、この様になります。

  1. 自分の歯と同じようにしっかり噛める
  2. 取り外しの必要がない 臭くなりにくい
  3. 隣の歯を削る必要がない、さらに隣の歯に負担をかけない
  4. 自分の歯と同じような色や形に仕上げることが出来る

小室歯科のインプラント治療

 

丁寧なカウンセリング、詳細な診断

当院では、担当歯科医師が治療を始める前にあらかじめお口の中の状態、全身の状態を十分診査し、患者さんと話し合いながら、治療を進めていきます。

診断に際しては、最新のデジタルレントゲンを使用し、CT撮影も行いますので、安心、確実に施術できます。
また、CT撮影の結果に関しても、コンピューターシュミレーションソフトにより分析し、患者さんにご説明いたします。

長年のデータに裏付けられたインプラントシステムを使用

せっかく入れたインプラントができるだけ長持ちするように、当院では数あるインプラントシステムから、長年の文献的データより、全世界で数多く使用され信頼できるインプラントシステムを採用しております。
その理由は、

  • 世界でシェアーが高いということは、当然これまで多くの歯科医の信頼を得ているということですので医学的に信頼性が高いということです。
    具体的には、骨とのなじみ(結合)が強固で、長続きするという文献データがあるインプラントを使用しています。
  • 患者さんの中には、お仕事などで出張、転勤が多い方も多いと思います。また、皆さん必ずしも小室歯科に将来にわたって通院いただける場所にお住まいだとは限りません。

もし、旅先でインプラントが壊れたり、遠くに引越しした時、近くに同じインプラントを使用している歯医者さんがおられればそれだけで安心だからです。

カウンセリングからメンテナンスまで、一貫して担当医が担当

インプラントの患者さんに限ったことではありませんが、初診から手術、治療後のメンテナンスまで、同じ担当医が担当させていただきますので、安心です。もちろん、難易度が高い手術が必要な場合には、より専門性の高いオペレーターが手術させていただきます。

コンピューターシュミレーションにて徹底した術前診断

インプラント治療は、基本的に「インプラントを植え込む顎の骨が不足している」「極度の心臓疾患、糖尿病、肝臓・腎臓に想い病気を持っている」「治療後の口腔衛生管理のための定期的な通院ができない」といった方は基本的に受けられません。
小室歯科では、担当の歯科医師が治療前にお口の中の状態、全身の状態を十分にチェックし、患者様と話し合いながら慎重に治療に進みます。
最新のデジタルレントゲン、必要に応じたCT撮影を組み合わせ、安心・確実な診断を心掛けております。
それらの結果は、コンピューターシミュレーションソフトを使って分析し、患者様に分かりやすい形でご説明いたします。

サージカルガイド

小室歯科では、インプラント埋入の際、CTとシミュレーションソフトを組み合わせてその安全性を確認しております。
具体的には、お口の粘膜に隠れた骨の量、厚み、形、質、上顎洞や下顎管までの距離、適切なインプラントの長さと角度、移植骨量の推測を行っております。そのシミュレーション通りにインプラントを埋めるため、顎の骨に穴をあけるドリルを、正しい着地点、角度へと正確に導き、またブレを抑えてくれる医療補助器具が「サージカルガイド」です。
小室歯科では、インプラント埋入の際には必要に応じてサージカルガイドを使用し、手術の安全性の向上に努めています。

審美インプラント

小室歯科では、「自分の歯のように強く噛めること・お手入れができること」というインプラントの強みに加えて、「美しさ」も大切にしています。
確かにインプラント治療は、かみ合わせや顎の骨の状態、全身の状態によっては制約があり、完全に元通りの美しさを取り戻すことは容易ではありません。
しかし小室歯科は「フリアリット2」「ザイブ」というドイツ製インプラントを導入し、この問題を限りなく解決に近づけました。一般的に金属製であるアバットメントを、ジルコニア製オールセラミックで作るため、歯肉が痩せてきたときも金属色が見えません。また、根本は天然歯と同じように太く、天然歯が生えているような美しい仕上がりになります。

ミニインプラント

小室歯科では、「総入れ歯を入れたが全然噛めない」「喋りにくい」など、総入れ歯でお困りの方に対してミニインプラントを行っております。総入れ歯だとインプラントを行う場合、何本もインプラントを入れないといけないため、大掛かりな手術になるのに加え、費用も高額になってしまうため、諦めていた方も少なくありません。そのような方に、当院ではミニインプラントという総入れ歯を安定させる治療を行っております。

これまでインプラントを諦めていた方(骨の厚みが少ない・骨が足りないと言われた方)へ

ショートインプラント

大がかりな手術は避けたいという方、骨が痩せて通常のインプラントはできないと言われた方には、「ショートインプラント」をおすすめします。

神経や上顎洞を傷つけるリスクを最小限に抑え、これまで骨の量が少ない場合には欠かせなかった「骨を増やす手術」が不要でありながら、十分な固定力を確保できます。

GBR(骨再生誘導法)

インプラントの埋入に必要な骨が不足している場合に行われます。人工骨や自分の骨を、顎の骨の不足部分に詰めて膜で覆い、再生を促します。これまでインプラント治療を受けられなかった方も、GBRにより治療が可能になることがあります。インプラント埋入前に行うか、同時に行うかは骨の状態次第となります。

サイナスリフト

上顎には、上顎洞と呼ばれる空洞があるため、臼歯部へのインプラント埋入の際に骨量が不十分なケースがよく見られます。そういったとき、上顎洞に人工骨や自分の骨を詰め、上顎洞の底部分を押し上げる「サイナスリフト」を行うと、上顎へのインプラントの生着が確保されます。

ソケットリフト

ソケットリフトでは、特殊な器具を用いて、上顎洞の底部分を押し上げ、そこへ人工骨や自分の骨を詰めます。詰めた部分に、インプラントを埋入します。
サイナスリフトと異なり、インプラントを埋入する部分(歯槽頂)からの押し上げですので、傷口は最小限に抑えられます。

スプリットクレスト

歯槽骨が吸収(破壊)され、インプラント埋入のための骨の横幅が足りない場合に行う方法です。
骨の頂上にクサビ型の特殊な器具を挿入しながら、少しずつ骨の横幅を広げていきます。十分な横幅が確保できれば、インプラントの埋入が可能になります。

静脈内鎮静法~インプラント手術が不安・怖いという方へ~

“歯科治療をされるときの恐怖心がなかったらがなければ、もっと早く治療に来ていました”
“今日治療だと思うと、昨日の晩から憂鬱で、寝つきが悪かった”
“型とりがうえっとなって気持ち悪い”
よく患者さんからうかがうお話です。

特に、インプラント治療では、手術を行うまでの患者さんのハードルには、局所の状態、全身状態、治療期間、予算など、いろいろありますが、”恐怖心”というものは、かなり大きなウェートを占めると伺います。
このような、不安や、恐怖心を和らげる方法として、静脈内鎮静法をご紹介します。

静脈内鎮静法とは、腕に点滴をしながら鎮静剤を投与し、ややボーッとして眠くなる状態を作る方法のことです。
治療中の不安や緊張を軽減させる方法の一つで、全身疾患をお持ちの方や緊張の強い方の歯科治療においては大変有効です。

小室歯科 近鉄あべのハルカス診療所の静脈内鎮静法は
  • 経験豊富な日本麻酔歯科学会専門医に、静脈内鎮静法を施術いただき、処置を行うことができます。
  • 特別診療室で処置を行います。
  • 全身の状態をモニターしながら行うので、安心です。

インプラント治療後のメンテナンスの重要性

インプラントは、埋入すれば終わり、ではありません。天然歯に定期的なお手入れが欠かせないように、インプラントにもメンテナンスが必要です。
治療後は、毎日のお口のケア、3ヶ月に1度程度ご来院いただいた上でのメンテナンスに取り組んでいただきます。お口の中の健康状態・衛生状態によってインプラントの寿命は大きく変わります。インプラント周辺の汚れにより細菌が繁殖すると、「インプラント周囲炎」になることもあります。骨が破壊され、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまう怖い病気です。せっかくのインプラント、ご自身の歯と同様に労わり、長く使えるよう、治療後のメンテナンスも大切にしましょう。

インプラント(人工歯根)は、どんな人に役立つのでしょう

取り外しの入れ歯がいやな人、あるいは苦手な人

取り外し式の入れ歯への不満としては、良く噛めない、話しにくい、見た目にも入れ歯とわかる、そして取り外すということが生理的に受け入れられないまたは面倒である等が代表的なものでしょう。
インプラントはこれらの問題を解決するために生まれた治療法の一つです。

健康な歯を削られたくない人

1本が抜けた場合、最も一般的な治療として両端の歯を削って人工の歯(クラウン)を被せて橋をかける治療があります。しかし、この方法は健康な美しい歯を削る上に、2本の歯で3本分の歯の負担をすることになりますので歯の将来を考えてもあまり良い方法とはいえません。
インプラント治療の場合では、欠損部分に直接人工の歯根を植え込み機能回復を計るので両端の歯には負担をかけず、まして削るようなことも全くありません。

総入れ歯の使用により、社会活動や社会生活に支障を感じている人

すでに1本も歯がないが、社会生活は現役で、人前で話をする機会や会食に出席する機会が多い人などにとって、不安定な総入れ歯は不快と感じることがあるでしょう。しかし、入れ歯を外して人前に出る訳にもいかず我慢を重ねながら日々を送っていることが多いのではないでしょうか?
インプラントは、そのような悩みを解消し、自然な会話やより快適な食事を楽しめます。

歯槽膿漏や歯周病の治療を受けた後の歯を保護するために

歯槽膿漏は必ずしも治らない病気ではありません。しかし、歯を支えている骨の量が少なくなって何本かの歯が抜けたような場合ですと、当然残った歯を支えている骨の量も少なくなっています。その上、本来お口の中にあるべき歯の本数よりも少ないわけですから、この状態で大きな噛みあわせの力が加わると、せっかく残った歯に必要以上の負荷がかかります。といって取り外し式の入れ歯を装着するとクラスプ(入れ歯の維持安定を求めるために残っている歯に引っ掛けるツメのようなもの)が掛かっている歯に集中的に力が加わりよい結果が得られません。しかし、歯が抜けたところにインプラントを植立しますと、失われた歯が戻った状態になり、残った歯を支えていく力強い役割を果たします。

相談してみたい

お口の事で困っていて、漠然とインプラントのことを 聞いたり、見たりしたんだけれど

  • 自分の口にインプラントが必要なのかわからない
  • 自分の口にインプラントが出来るのかわからない
  • どれくらいの治療期間を要するのかわからない→忙しくて時間が取れるかわからない
  • どれくらいの治療費が必要になるのかわからない

といった理由で、なかなか治療に踏み切ることができないことも多くあるかと思います。
まずはお気軽にメールを送ってください。折り返し返信いたします。

インプラント:患者さんの声

■30代女性の方の感想です

下顎の左右奥歯に、合計3本のインプラントを埋入させていただきました
今回インプラント治療を受けるにあたり、いくつかの不安がありました。
ひとつは、治療そのものに対する不安と、もうひとつは、保険適用外となる高額な費用のことでした。
周りには治療を受けた知人がいないので、体験談を聞いたり、相談することが出来ないので本で調べてみたり、インターネットのサイトで多少の知識を得ることは出来ますが、いまひとつ実感が沸きませんでした。
ですが、ブリッジを取り付ける為に、健康な歯を削らなければならないことを考えると、
インプラントへの不安より希望の方が大きくなるのでした。
幸いじっくり考える時間をいただき、治療前にいろいろな質問をして検査を受けていくうちに覚悟が決まりました。手術を受けてみて、思っていたよりずっと楽だったので、正直少々気抜けしてしまいました。
麻酔をしているので、もちろん痛みも殆んど無く、出血もそれほど多くなかったのではないかと思います。個人差があるかとは思いますが、むしろ神経の治療をする時の方が、歯を削る時間が長く痛みもあったように思います。
手術後も心配するような症状は出ず、これまた親知らずを抜いた時よりも楽だったように思いました。私は痛みに鈍いのか、いずれの治療後もさほど痛みを感じないので、いただいた鎮痛剤は溜まる一方です。
現在治療終了した歯は、以前と変わらず何でも食べることが出来るようになっていて、時々飴や氷をガリガリ噛んでしまい、ふと我に返り気を付けてはいますが、それぐらい自然な状態に戻ったという事でしょうか。
今回2ヶ所のインプラント治療を受けた為、かなり高額な費用が必要となった訳ですが、それだけの出費をするだけに、値するものであるのかということが、不安だっただけに
まずは第一段階は突破というところではありますが、真価が問われるのはこれから数年後~十数年後だと思いますので、少しでも長く続けて行けるように今後もアフターケアーを大切にして行きたいと思います。

■70代女性の方の感想です

上顎の前歯にインプラントを埋入させて頂くことで、入れ歯から解放された患者さんです
入れ歯にどうしても異物感を感じて困っていましたが、上前歯のインプラント治療で、
とても快適に過ごしています。
最初、手術は痛いかしら?人口歯根が顎の骨になじむやろか?とか不安でしたが、
案じるより・・・・・で思いきって良かったと今では喜んで居ります。

■40代女性の方の感想です

下顎の奥歯に合計2本のインプラントを埋入させていただきました
長年、左下奥歯2本の歯茎が腫れて、何年も歯医者通いをしていました。虫歯と言うより、歯茎の腫れから歯の土台がぐらつき、とうとう抜歯をすることになりました。その当時通っていた歯医者の先生に、歯を抜いた後の選択肢としては、ブリッジは不向きな場所なので、取外し義歯かインプラントしか方法がないと言われました。取り外し入れ歯は面倒だし、隣の健康な歯も少し削らないといけないと説明を受けたので、すごく悩みました。通っていた歯医者はインプラント治療を行っていなかったので、自分でネット検索して、自宅から一番近い場所にあった「小室歯科」に話を聞きに行くことにしました。
先生からインプラントの説明を受け、又ネットでも色々勉強して、自分の中でインプラント治療をしようと気持が固まったのには、さほど時間はかかりませんでした。一番悩んだのは、費用の面ももちろんですが、治療がとても恐ろしいものに感じていたのです。ドリルで骨に穴を開けてネジを差し込む。人一倍痛がりで、恐がりの私に耐えられるか…。しかしインプラント手術は、始めは少し工事音のようなのがあってカチカチに緊張したけど、術中の痛み、術後の痛み、その後の腫れも全くありませんでした。今では自分の歯と同じように食べられて、治療をして本当によかったと思っています。

■40代男性の方の感想です

右下の奥歯に合計2本のインプラントを埋入させていただきました。 
私は若いときに右側下顎の奥歯の内2本が欠損していました。そして、欠損している2本の歯の間にある1本の歯を利用して部分入れ歯にしていました。ある日、この間にある歯も根元で折れているといわれました。この歯を抜いて、もっと大きな入れ歯にすることを薦められて、迷っていたところ、知人からインプラント治療のことを聞き、それまであまり知らなかったインプラント治療のことをインターネットで調べてみました。
初めてのことで、最初はとても不安でしたが、試しにメールを入れてみた小室歯科医院さんの応対が良く、とりあえず話しだけ聞いてみようかということで訪問してみました。
対応していただいた先生の説明を聞いて、ホームページの情報だけでは少し残っていた不安も払拭され、思い切ってインプラント治療を受けてみることにしました。保険が利かなくて少し値段が高くなること、インプラントの固定までの時間がかなりかかることがネックですけれど、きちんと収まってしまうと、まるで人工物ではなく本当に自分の歯で噛んでいるかのような感触が戻ってきたことに感激しています。治療途中で噛み合わせの具合や食べかすが詰まりやすいなどの違和感が少しありましたけれど、何度でもこちらが納得できるまで調整の労をとっていただいて、今では何の違和感もありません。部分入れ歯の時には反対側の歯だけでしか噛めなかったするめを両側の歯でしっかり噛むことが出来るようになり、美味しいものを食べる楽しみが倍増した気分です。
健康は歯からを実感する日々です。ありがとうございました。

■50代男性性の方の感想です

左右の下顎の奥歯にインプラントを埋入し、入れ歯から開放された患者さんです。また、上顎にインプラントを入れることで、入れ歯のがたつきを抑えました。
最初に先生にインプラント治療が、どんなものかと説明を受けて大変不安でしたが、思った以上に楽に治療が受けることが出来ました。出来上がってよかったのは、何でも食べる事ができることです。かたい物も食べても歯はどうもないし、歯並びもきれいに見えるし、思った以上にインプラント治療を受けて良かったなと思います。