インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

Step1 カウンセリング

あなたの歯とお口に対するご要望や悩みをお聞きし、お口の状態を調べます。

Step2 検査、診断

インプラントの治療においては術前の診査と治療計画がとても大切となります。
インプラントを植える(植立する)骨の量、質、粘膜の状態だけでなく、糖尿病や心疾患などの全身検査も不可欠となります。
 
虫歯や歯槽膿漏歯がある場合はインプラント手術前にきちんと治療しておかなければなりません。
手術前までには、正しい歯のみがき方の訓練と歯石の除去が必要となります。手術前後に、保存不可能な歯の抜歯や歯科矯正治療が必要となる患者さんもおられます。

 

Step3 手術の準備

インプラントの植立前には歯の型をとり、最終的な出来上がりの状態を模型上で再現し、残っている骨の状態をレントゲンで詳しく調べます。
患者さんによってはCT写真分析などで、さらに詳細な検討を加えます。
 
これらの資料を参考としてインプラント埋入位置、上部構造の様式、骨移植などの必要性を診断します。
診断結果は、模型、コンピューター画像を見ていただきながら、患者さんに説明いたします。

Step4 インプラント埋入

インプラントを、顎骨の理想的な位置に植立します。手術は、外来手術で行い、埋め込む本数が1~2本であれば、約60分くらいです。麻酔などの時間を入れても長くて2時間くらいです。本数が多い場合や、特殊な処置を施す場合は、30分くらい多めにかかる場合もあります。
 
麻酔は、浸潤麻酔を行います。浸潤麻酔は歯を抜いたり、神経を抜く際にも用いるものです。ごく一般の歯医者さんの麻酔とお考えください。よく、大変ですかと聞かれますが、親知らずの抜歯程度の大変さだとお考えいただければいいかと思います。
 
麻酔は、2~3時間で切れてきます(ただし、個人差があります)し、抜歯とは違い、炎症がない骨に、滅菌レベルの非常に高いものを埋める手術ですので、1~2本のインプラントの手術では大きく腫れることは少ないです。ですので、軽いお仕事であれば問題ありません。しかし、当日は出来るだけ安静にし、もしも腫れたりしたときのために、重要な御用事や、お酒を飲むご予定は避けられたほうがいいです。
 
たくさんインプラントを入れた場合や、大きく骨を触った場合は腫れることもあります。ただ、腫れたとしても、それは、ばい菌が感染して腫れたとかいった悪い腫れではなく、外科的な刺激(侵襲)を加えたことに対する反応性の炎症としての腫れですので、心配はいりません。
 
手術後は、縫合部の治癒を約2~3週間待ち、その後には、仮の義歯を調整して使用します。
インプラントと骨がなじむ(治癒する)には、通常2カ月からから8ヵ月程度の治癒期問を必要とします。しかし、この期間は材料、技術の進歩によりどんどん短縮されてきております。

Step5 アバットメント連結(二次手術)

インプラントが骨結合したら、ヒーリングアバットメント(粘膜貫通部品)を連結します。
この状態で歯肉や軟組織が治癒するのを1週間から6週間程度待ちます。
この手術は、患者さんによっては、行わなくても良い場合があります。

Step6 インプラントの作製と装着

歯肉が治癒した後で、義歯を作製するための型をとります。なお、型を取る回数や通院回数は患者さんにより異なります。
歯の形や色を決め、上部構造を人工歯根に固定します。
 
インプラント義歯の作製は、通常の天然歯をつなぐブリッジと異なり極めて精密に作製することが要求されます。このためインプラント義歯の作製には通常1ヶ月半から2ヶ月を必要とします。