最新NEWS

2007.09.01

マウスピースについて

小室暁医師は、大阪市の天王寺中学校の学校歯科医をしております。天王寺中学校生への歯科啓蒙活動の一環として、学校が定期的に発行する健康便りに投稿しております。その一部をご紹介いたします。

マウスピースについて

天中生の皆さん、お元気ですか?秋といえばスポーツに芸術に食欲にいろいろ活動するのに良い季節ですが皆さんの秋は”何の秋”ですか?
さて、今回はスポーツの秋について皆さんにお話しようと思います。皆さんの中にもラグビーとか空手などのコンタクトスポーツをされている方も多いと思います。そんな皆さんはスポーツマウスピース(マウスガード)を装着していますか?最近では、義務化されているスポーツも多いようなので、装着されている生徒さんも多いかもしれませんね。
マウスピースは強打による衝撃を和らげる効果があり、マウスピースを装着していない場合には歯が折れたり唇や舌、顔面などを負傷したりすることがあります。また、スポーツマウスピースが脳震とうなどの発生率や重篤度を低減させることが報告されています。
マウスピースによる恩恵を受けるのは限られた競技の選手だけではありません。マウスピースを噛しめることで強い瞬発力をうみだし、集中力を高めるということが最近の調査報告から明らかになっています。そのためゴルフや野球、パワーリフティングなどでも使われ始めています。最近テレビでプロ野球を見ていると、横浜の村田選手や西武のG・G佐藤選手など多くの選手が使用しているのがわかります。
また、マウスピースはその製作方法によって(1)市販品、(2)オーダーメイド品と大きく2種類あるのを御存知ですか?市販品は、スポーツ店や薬局で販売されており自分で作ります。最近は、熱湯につけることで柔らかくしたあと口内に入れて噛み個々人の歯型に合わせた形状にするタイプが一般的なようです。オーダーメイド品は歯医者さんや専門業者に作ってもらうのですが、自分の競技に合わせて肉の厚さや噛み合わせ等を指定できるメリットがあります。市販品と比べて歯との密着度が断然違いますしオーダーメイドなので”息苦しさ”や”しゃべりにくさ”が少ないです。また、色やデザインも色々指定できることもあるので楽しいですよ!僕も最近スポーツマウスピースを作ることが増えて、時にはいろいろリクエストをもらいそれにお答えするのは楽しいです。
皆さんもスポーツの秋にマウスピースを使って安全対策と成績アップを目指してみてください。