最新NEWS

2006.01.20

齲触症(うしょくしょう) カリエスCaries

いわゆる「虫歯」のこと。カリエスは口腔内で繁殖した細菌によって歯が溶けて崩壊する病気です。齲触症は咬み合わせの面(咬合面)、歯と歯が接している面(隣接面)と歯頸部によくおこります。カリエスは進行の程度によって、次の4段階に分類されます。


C1 :初期齲触。エナメル質内に限局しているか、あるいはわずかに象牙質にまで進行したもの。
また、痛みはない。


C2: カリエスが象牙質の大部分まで進行しているが、歯髄との間にはまだ健康な象牙質が残っているもの。
虫歯が象牙質まで達すると進行も早く、神経に近づくにつれ、冷たいものがしみ、痛みを感じます。


C3: カリエスが歯髄にまで到達しているか、ほぼ達しているもの。虫歯が神経まで達すると、熱いものがしみたり、何もしないのに激しい痛みを伴います。


C4: 残根。歯冠の崩壌が薯しく、ほぼ歯根だけしか残っていない状態。見た目にはほとんど歯がないように見える。


冷たい水を飲んだ時に歯がしみたり、虫歯で歯が痛くなったりするのは、歯の中に歯髄(一般に神経という)があるためです。歯髄の中には神経や血管がつまっています。虫歯が進行してくると冷たいものや熱いものがしみるようになってきて、やがてズキズキと痛みだします。さらに、進行すると歯髄は死んでしまって(=失活)痛みはなくなりますが、根管内やさらには歯槽骨内まで細薗が入リこみ感染してしまいます。このような様々な状態に応じて歯髄に対する治療を行います。

治療について
C1の治療
OR
レジン、あるいはインレーによって治療することが多い。
麻酔はしないことが多い
C2の治療
OR
まだ、カリエスが小さいので、レジン、あるいはレジンによって治療することが多い。
麻酔は、することが多い。
C3の治療
根管治療をしてから、コアを立てて、それからクラウンにて治療する
C4の治療
そのままクラウンにて治療することもありますが、アタッチメントに使い、入れ歯の補助として使うこともあります