歯が痛い原因と治し方

何もしなくても痛い

原因

【重度のむし歯】

むし歯がかなり進行している可能性があります。特に歯髄かその付近まで感染が到達したむし歯は、何もしていなくても、強烈な痛みを伴うことがあります。

【歯の根の病気】

神経がない歯であるにもかかわらず痛みを伴う場合には、歯の根の病気である可能性もあります。歯の根の先端に膿の袋ができ、急に激しい痛みが生じることがあります。

治療法

【重度のむし歯】

むし歯が原因であれば、むし歯治療を行います。ただ、激しい痛みを伴う場合には、神経を除去しなければならない可能性もあるとお考えください。

【歯の根の病気】

歯の根の病気であれば、歯の根の中を洗浄・滅菌する「根管治療」が必要になります。根管治療後も痛みや不快感が残る場合には、膿の袋を切除する「歯根端切除術」を行うこともあります。

冷たいものや温かいものを飲んだり食べたりすると痛い

原因

【初期むし歯】

冷たいものがしみる場合、むし歯の初期症状である可能性が高いでしょう。温かいものがしみるようになれば、より進行したむし歯だと考えられます。

【知覚過敏】

知覚過敏である可能性もありますので、医師による診断が必要になります。

治療法

【初期むし歯】

比較的初期のむし歯であれば、歯を削り、詰め物を詰めて治療は終わります。

【知覚過敏】

知覚過敏の場合は、しみ止め剤、知覚過敏用の歯磨き剤を用いたり、しみる部分に樹脂を貼りつけたりすることもあります。

噛むと痛い

原因

【歯の根の病気】

歯の神経がなく、歯の根の先に膿が生じているなどの歯の根の病気である場合、噛んだときに歯の根に力がかかり、痛みが起こる場合があります。

【歯周病】

歯の周りの歯肉が感染して炎症を起こしている歯周病が原因である可能性もあります。顎の骨が溶け、歯にかかる力に耐えられず、痛みが生じているのかもしれません。

治療法

【歯の根の病気】

「根管治療」によって歯の根の中を洗浄・滅菌する必要があります。根管治療後も痛みや不快感が残る場合には、膿の袋を切除する「歯根端切除術」を行うこともあります。

【歯周病】

歯周病の場合には、歯周病治療を行います。歯垢・歯石を徹底的に取り除き、お口の環境をきれいな状態で維持できれば、改善が期待できます。歯周病が重度になると、外科的な治療が必要になったり、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうこともあるので、早期の治療の開始が大切です。

歯ぐきが腫れて痛い

原因

【歯周病】

歯周病の症状である、歯周病菌の感染による炎症かもしれません。腫れ、出血は初期症状ですが、痛みがある場合には重度にまで進行している可能性もあります。

【歯の根の病気】

歯の根の先にできた膿により、歯肉が腫れることがあります。

【親知らずの病気】

親知らずの周りは、周囲に歯の汚れが入り込みやすく、歯の肉に炎症を起こすことがよくあります。

治療法

【歯周病】

歯周病の場合には、歯周病治療を行います。歯垢・歯石を徹底的に取り除き、お口の環境をきれいな状態で維持できれば、改善が期待できます。歯周病が重度になると、外科的な治療が必要になったり、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうこともあるので、早期の治療の開始が大切です。

【歯の根の病気】

「根管治療」によって歯の根の中を洗浄・滅菌する必要があります。根管治療後も痛みや不快感が残る場合には、膿の袋を切除する「歯根端切除術」を行うこともあります。