無痛治療

歯科治療に対してこのようなお悩みはございませんか?

歯科治療に対してこのようなお悩みはございませんか?

  • 怖い、痛い、行きたくないという気持ちがある
  • 子供が嫌がって行きたがらない、泣いて拒否する
  • 高齢のため、痛みに不安がある
  • 歯医者で「痛い」と言ったのに治療を続けられたことがある
  • 麻酔が効きにくい体質だと言われたことがある
  • 白衣や待合室、診療室の雰囲気で緊張する
  • 歯医者が嫌いで、歯がボロボロになってしまった

小室歯科の無痛治療のポイント

小室歯科の無痛治療のポイント小室歯科では、無痛治療のためのさまざまな工夫・取り組みを行っています。表面麻酔、極細針、電動注射器など、ひと手間を積み重ねることで、痛みや不快感を最小限に抑えます。
また、針の角度や指し方など、医師の手による痛みや不快感の緩和にも、常に最新の注意を払いながら治療を進めています。

麻酔の前の麻酔「表面麻酔」で痛みを抑えます

表面麻酔は、麻酔針を刺すときの痛みを抑えるための処置です。ガーゼ、コットンに染みこませた麻酔薬を、歯肉に塗って、軽く痺れさせます。

「極細針」の使用で、痛みは最小限に留められます

表面麻酔が効いたことを確認した上で、極細針を使って麻酔を打ちます。
小室歯科では、もっとも細い麻酔針を使用しています。

麻酔薬を体温にまで温めて、刺激を抑えます

麻酔薬を体温近くまで温めます。冷たい麻酔薬を注入すると刺激が強くなるので、それを抑えるための工夫です。

一定速度での注入、またゆっくり注入することで、刺激は最小限に留められます

人の手で行う注射を、完全に一定に保つことはほとんど不可能です。
「電動注射器」により、麻酔薬の注入速度を一定に保ち、低速で注入し、刺激を最小限に留めます。

最後はテクニック。注射のポイント、角度にも万全を期します

無痛治療では、さまざまな器具や薬品を使いますが、テクニックもやはり不可欠です。
長年の経験を活かし、注射を刺すポイントや角度にも注意を払い、痛み・刺激の軽減に努めています。

無痛治療のよくある質問

無痛治療に保険は適用されますか?特別に高くなったりするんですか?

小室歯科では、標準治療として無痛治療を行っています。特別に料金がかかるということはありません。歯科医院全体として取り組んでいるとお考えください。保険治療、自費治療問わず、無痛治療を、標準仕様で行っております。

嘔吐反射とパニック障害を抱えています。無痛治療なら大丈夫ですか?

嘔吐反射やパニック障害は、精神的なストレス(緊張)によって起こるものです。小室歯科では、比較的軽い処置から始め、徐々に治療に慣れていただく段階的な治療法をとることもできますのでご相談ください。 嘔吐反射の場合、型取りに対してのご不安もあるのではないかと思います。嘔吐しにくい体勢をとってもらい、部分的な型取りで症状を抑えることができます。

麻酔注射自体の痛みは変わらないような気がするのですが…

小室歯科では、丁寧に処置をして痛みを軽減することはもちろんですが、痛みの軽減のために具体的な対策を立てています。事前に表面麻酔を塗り、体温付近まで温めた麻酔薬を、極細針で、電動注射器でゆっくり一定に注入します。 最大限の対策ができていると自負しております。安心して受診してください。