料金

料金の一例を掲載しております。
かみ合わせの状態、歯の状態などにより、料金は変動する可能性がございますので、ご了承ください。

詰め物

金合金 54000円
セラミック 54000円

かぶせ物

金合金 108,000円
セラミック(使用するセラミックにより違います) 単純な物 75,600円~
色が複雑な物 118,800円~

入れ歯

金属入れ歯(欠損の大きさにより違います) 216,000円~540,000円
ノンクラスプデンチャー(欠損の大きさにより違います) 108,000円~324,000円
アタッチメント一本につき、 54,000円〜108,000円

インプラント

CT分析 54,000円
埋入手術 1本 324,000円 ~
GBR(骨補填材込) 54,000円
静脈内鎮静法 100,000円

ホワイトニング

ホーム 32,400円~
オフィス 32,400円~
デュアル 64,800円~

クリーニング

クリーニング PMTC 5,000円~
プロフィー 5,000円~

矯正

基本料金

相談料 5,000 円
検査・診断料 50,000 円
調整料 5,000 円
観察料 2,500 円
ムーシールドなど0期治療(就学前児童の矯正) 100,000円

1期治療(お子様の矯正)

矯正歯科治療費 400,000円
0期治療より移行の場合 350,000円

2期治療(大人の矯正)

矯正歯科治療費 <メタルブラケット>
600,000円
<セラミックブラケット>
700,000円
デーモンクリアシステム
750,000円
1期治療より移行の場合(値引きあり) 200,000円~350,000円
インプラントアンカー使用
※インプラント矯正について、詳しくはこちらよりご覧下さい。
50,000円/本
裏側矯正(舌側矯正)
※裏側矯正(舌側矯正)について、詳しくはこちらよりご覧下さい。
1,000,000円
部分矯正
※部分矯正・前歯だけ矯正について、詳しくはこちらよりご覧下さい。
200,000円~

マウスピース矯正

簡単なもの 300,000円~
インビザライン
※透明で取り外し可能なマウスピース矯正(インビザライン)について、詳しくはこちらよりご覧下さい。
750,000円

お支払いについて

当院では自費治療の場合、一括支払い、クレジットカードでの分割払いもご利用いただけます。お気軽にご相談ください。

【取り扱いカード会社一覧】

取り扱いカード会社一覧

お支払いについて

医療費控除とは

確定申告時に医療費の申告をすることで、支払った税金の一部が戻ってくる(いわゆる「還付金」)制度のことを「医療費控除」と言います。住民税にも反映・減額されます。ただし、ご自身とご家族の医療費を合計して10万円を超える場合に限られます。
※申告し忘れていた場合でも、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。

歯科医院でかかる費用のうち、医療費控除の対象となるもの

以下のようなものが医療費控除の対象となります。

  • 保険診療全般の費用
  • インプラント治療の費用
  • 矯正治療の費用
  • 親知らずの抜歯の費用
  • 入れ歯の費用
  • 詰め物、被せ物の治療費(セラミックを含む)
  • デンタルローンで支払った治療費(金利・手数料を除く)
  • 通院時の電車代、バス代、タクシー代
  • 小さなお子様の付き添いとして発生した交通費
  • 薬局で購入した歯痛止めなどの医薬品代
歯科医院でかかる費用のうち、医療費控除の対象外であるもの
  • ホワイトニング(「容貌を美化するための費用」であるため)
  • デンタルローンの金利と手数料
  • 自家用車で通院したときのガソリン代、駐車場代
医療費を合算できる範囲
  • ご本人はもちろん、配偶者、子、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹など、生計を共にしている家族と、医療費を合算して申告することができます。
  • 扶養/被扶養の関係にない共働きの夫婦も、医療費を合算して申告することができます。
  • 学生の子供、両親に仕送りをしている場合も、生計を共にしていることになりますので、医療費を合算して申告することができます。

医療費控除額・還付金の計算方法

医療費控除額の計算

【医療費控除額(最高200万円)】=【実際に支払った医療費の合計】-【保険金などで補てんされる金額】-【※10万円】
※総所得が200万円未満の場合には【総所得金額の5%】を代入します。

還付金の計算

【還付金】=【医療費控除額】×【所得税率】

所得税率表(平成27年以降)

課税される所得金額 税率
195万円未満 5%
195万円~330万円未満 10%
330万円~695万円未満 20%
695万円~900万円未満 23%
900万円~1,800万円未満 33%
1,800万円~4,000万円未満 40%
4,000万円~ 45%
たとえば、医療費に40万円かかった場合

・課税される所得金額が500万円、医療費が40万円、保険金で補てんされる額が5万円の場合
税率は、所得により決まります。500万円の所得があるこの場合、上の表より20%と定まります。

①【医療費控除額】=【40万円】-【5万円】-【10万円】
医療費控除額は、25万円となります。(この金額が返ってくるわけではありません)

②【還付金】=【25万円】×【20%】
医療費控除による還付金は、5万円となります。

医療費控除の申告時期

医療費控除の申告は、確定申告時、つまり翌年の2月16日~3月15日までの間に、管轄の税務署、市役所、区役所などで行います。また、郵送やインターネットでの申告も可能です。

医療費控除を申告する際に必要なもの

  • 還付申告をする年の給与所得の源泉徴収票
  • 保険金で補てんされた費用がある場合には、その金額の分かるもの
  • 還付申告をする年の医療費のレシート、領収書※

※平成29年分の確定申告から、レシート、領収書の提出が不要に
平成29年分の確定申告から、医療費控除の申告にレシートや領収書の提出が不要になりました。代わりに「医療費控除の明細書」を提出する必要があります。「医療費控除の明細書」の作成には、医療機関名、薬局名、それぞれにかかった費用、交通費などを記載します。
また、医療費控除の申告をした年のレシートや領収書は、ご自宅で5年間保管してください。税務署から提出・提示を求められたときに必要となります。

セルフメディケーション税制とは

平成29年1月1日~平成33年12月31日までの間に、対象となる医薬品を1万2千円を超えて購入した場合に適用される、特例の医療費控除制度です。最大8万8千円が、その年の総所得金額から控除されます。
特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診などを受け、「健康の保持増進及び疾病の予防への一定の取組」を行っている場合に限られますが、ご自身だけでなく、生計を共にするご家族もその対象となります。
このページでご紹介している従来の医療費控除は引き続き運用され、患者様が選択して控除を受けられるようになりました。