奥歯の銀歯が取れた原因と治し方

原因

詰め物や被せ物は、セメントにより接着されています。

被せ物が外れた場合、多くの場合セメントが溶解して外れるわけですが、その原因には、噛み合わせ、虫歯など様々なものが考えられます。
銀歯は、金属なので、熱によって収縮、膨張を繰り返します。そのため、歯との界面のセメントが、長い間にどうしても溶けてなくなってしまうのです。

治療法

治療法かみ合わせを原因として外れてしまったならば、かみ合わせの改善を行わなければなりません。現在のかみ合わせの状態を確認した上で、新たに被せ物や詰め物を作り、バランスの良いかみ合わせを取り戻します。その際、被せ物や詰め物をするだけでなく、歯を一部削ったり、場合によっては矯正治療などを行うことでかみ合わせを改善することもあります。