診療システム

受付当院では、患者さんにより良い治療サービスを提供するため、次のような特徴を持って診療しております。

1.時間予約制を採用しています

電話予約患者さんの貴重な時間を有効に使うために、治療に際しては日時の予約を行います。あらかじめ予約を取らせていただくことで、

  • 患者さんは、治療の前後のご予定が立てやすくなります
  • 患者さんの次回の治療内容について、前もって準備、計画が立てやすくなります。

そのため、小室歯科では設立当初より、時間予約制をとらせていただいております。

初診・相談については、随時受け付けておりますが、電話で1時間ほどの予約をとられた方が、じっくりお話できると思います。また、土曜、日曜も診療しておりますので、普段御多忙な患者さんにも喜んでいただけると思います。

2.丁寧な応対、十分な説明につとめています

2.丁寧な応対、十分な説明につとめています小室歯科では、開設以来、患者様にわかりやすい説明、十分な説明を提供することに力を入れております。そのために、以下のような取り組みをしております。

デジタルレントゲン、CT

小室歯科では、デジタルレントゲンを活用しております。デジタルレントゲンにすることで、患者様の被爆線量も5分の1に軽減されますし、患者様が座っているユニットの正面に設置されたモニターに拡大して表示することができます。これにより、今までのレントゲンではわかりづらかった部分が大変、わかりやすくなり、患者様からも喜んでいただいております。
また、CTを導入しており、これまでわからなかった部分も、立体的に確認できるようになりました。

模型、写真などの資料を使って説明

歯科医師からどんなに、お口の状態について説明されても、口頭での説明だけでは、患者様には伝わりません。そこで、小室歯科では、ご希望される患者さんなどには、お口の模型(歯型)や写真をつかって、出来るだけ詳しく、わかりやすく説明できるようにしております。

説明のための十分な時間をお取りします

歯科医院では、自分の歯がどうなっているか分からないままに、いきなり治療が始まってしまう。。そんな経験をされたことはないでしょうか?小室歯科では、出来うる限り十分に患者さんに治療内容をご理解いただいてから治療を行いたいと思っております。そのため、ご希望される患者さんなどには、治療全体の最初の段階で、説明のためだけにご予約をいただくこともあります。

3.至便なアクセス&日曜日・祝日も診療しています

3.至便なアクセス&日曜日・祝日も診療しています当院は大阪の南のターミナル、阿倍野に位置し、遠方より電車、幹線、飛行機等でお越しの方にも通院していただきやすいです。また、平日は御多忙な患者さんのために、土日も診療しております。

開設以来、阿倍野区、天王寺区からだけでなく大阪市全域、堺市、羽曳野市、八尾市、柏原市(以上大阪府)、奈良県、兵庫県、和歌山県など、遠くからも患者さんがお越しになりやすいです。東京など遠方からお越しの患者さんもおられます。

4.担当医制を採用しています

4.担当医制を採用しています充分な診療を計画的に行うため、患者さんは初診で来られた時点で、必ず担当ドクターが決まります。そして、その担当ドクターが、治療計画の立案から、終了まで、一貫して治療します。

もちろん、その後のリコールや、再治療の時も同じドクターが担当します。そうすることで、患者さんのことを、口腔内の状態だけでなく、性格、ご希望など、より深く知った上で治療できるのです。

5.治療後の定期健診(リコール)に重点を置いています

5.治療後の定期健診(リコール)に重点を置いています当院では、治療を終了後も、定期的にお口の状態をチェックし、常にお口の状態が良い状態に保てるよう、御手伝いさせていただきます。

6.口全体を直す治療に努めています

6.口全体を直す治療に努めています痛い部分のみを治す、あるいは、抜けている歯だけを埋めるという治療では、治療した部分の治療効果を長持ちさせることはできません。

そこで、当院では治療に際して、患者さんがお困りの部位だけでなく、口全体としての治療計画を時間をかけて説明するよう心がけています。また、歯科衛生士による歯石除去、歯の磨き方指導等、歯周病の治療にも力をおいています。

7.最先端の治療にも力を入れています

当院では、インプラント(人工歯根)の治療や、歯を白くする治療(歯牙漂白:ホワイトニング)、など、最先端の治療にも力を入れています。

8.技工士が院内に常駐しております

8.技工士が院内に常駐しております小室歯科には院内に5名の歯科技工士さんが常駐しております。技工士とは、聞きなれない言葉の職業だと思われる方もおられるかもしれません。

歯科技工士とは、入れ歯、さし歯、金冠や矯正装置の製作、修理にあたるなど、歯科医療の一端を担う、近代歯科医療においては欠かせない医療技術者のことです。

みなさんがお口の中に入れておられる詰め物や入れ歯などは全て、歯科技工士が作ってくれているのです。最近では、ただよく咬めるだけでなく、”より自然に、綺麗”な被せ物や詰め物をお望みの方も多いです。そのような微妙な色、形の修正も、技工士の大事な仕事です。

歯科技工士が院内に常駐している歯医者さんはどちらかというと少数派なのですが、小室歯科では開設以来院内技工士が常駐しております。
より細かく、患者さんのご要望に応え、入れ歯などの修理にも迅速に対応できるようにするためです。