ホワイトニング

歯を削らずに、白い歯がよみがえる“歯の漂白(ホワイトニング)”

白く美しい歯は美と健康の象徴であり、皆様の生活の質の向上や幸福に大きくかかわっています。
笑顔に自信がありますか?結婚、就職をひかえられているあなた。
色々な場面で笑顔の機会が、増えてくると思います。当院では、1~3回の通院で、あなたの歯を白くよみがえらせる漂白治療(ホワイトニング)を行っております。歯の色でお悩みの方はぜひご相談ください。
 
白く輝く歯は笑顔のポイントです。普段の生活で私達は色々な物を口にします。その中には歯の変色になるものもあります。例えば、コーヒー、紅茶、ワイン、たばこ等・・・。または、加齢により歯が黄ばむ事も良くあります。そういった変色した歯に対して歯を削ることなく白く美しい歯にする新しい画期的な治療法です。

小室歯科のホワイトニングメニュー

当院では、より短時間に、より白く漂白できるよう、アメリカより最新のホワイトニングシステムを導入しております。
時間、費用、お口の状態に合わせて、様々なコースを選んでいただけます。
様々な種類から治療法を選んでいただけます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング診療室で行う方法で、対象歯に薬剤(過酸化水素)を塗布する方法です。1時間から1時間30分程度の時間でホワイトニングを行う事が出来ます。1日でホワイトニングが完了するので、御結婚を控えておられる方など、“すぐに”、白い歯を手に入れたい方にお勧めです。

オフィスホワイトニングのメリット
  • 歯科先進国であるアメリカから輸入したホワイトニング剤を使用し、効果はもちろん、その安全性も高く評価されています。
  • 知覚過敏抑制剤が含まれたホワイトニング剤を使用するため、長時間の使用も可能です。
  • ホームホワイトニングと比べて、1回の施術で高い効果が得られます。
  • 多くの方が、数回の施術でご満足のいく白さを手に入れられました。
オフィスホワイトニングのデメリット
  • ホームホワイトンニングと比べると、微妙な白さの調節が難しくなります。
  • 高濃度のホワイトニング剤を使用するため、稀に知覚過敏になる方がいらっしゃいます。

ホームホワイトニング

歯科医の治療方針に従い患者さんが自宅で行う方法です。右の写真のようなマウスピースに薬剤を入れ、自宅で1日約2時間、漂白剤を入れ、1~3週間使います。

ホームホワイトニングのメリット
  • 高濃度と低濃度の2種類のホワイトニング剤をご用意。ご希望に合わせてお選びいただけます。
  • 知覚過敏抑制剤が含まれたホワイトニング剤を使用するため、長時間の使用も可能です。
  • 低濃度のホワイトニング剤を使用すれば、微妙な白さの調節がしやすくなります。
  • マウストレーは透明の素材で、飲食中以外であればいつでもどこでも、気づかれずにホームホワイトニングをすることができます。
  • マウストレーを保管しておけば、ホワイトニング剤を購入するだけでタッチアップ(再ホワイトニング)が可能です。
ホームホワイトニングのデメリット
  • オフィスホワイトニングと比べた場合、効果を実感できるまでに時間がかかります。
  • 毎日続けなければ、十分な効果が得られません。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて行う方法です。歯の色、状態、原因によってホワイトニングの内容及び、使用薬剤を決め、ホームとオフィスの最適な組み合わせを考えます。最も効果的です。

デュアルホワイトニングのメリット
  • もっとも高い効果が得られ、もっとも効果が長続きします。
  • 知覚過敏抑制剤が含まれたホワイトニング剤を使用するため、長時間の使用も可能です。
  • 遺伝、喫煙などで黄ばみが強い方でも、高い効果が期待できます。
デュアルホワイトニングのデメリット
  • オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングと比べると、費用が高額になってしまいます。

ホワイトニングの基本ステップ

  1. Step1 カウンセリング
    あなたの歯とお口に対するご要望や悩みをお聞きし、お口の状態を調べます。
  2. Step2 検査
    お口の検査をし、あなたに最適な方法を選択し、ご指導します。必要があれば、ホワイトニングする前に、歯科治療をいたします。
  3. Step3 ホワイトニング開始
    ホワイトニングをいよいよ開始します。
  4. Step4 ホワイトニング後のアドバイス
    白く美しい歯を保つためのアドバイスをいたします。

ホワイトニングのよくある質問

ホワイトニングは痛くないの?

歯については、多くの場合、痛みはありません。痛みがある場合でも、担当医と相談しながら治療を進めていきますので、ご安心ください。

副作用は大丈夫?

ホワイトニング剤の主成分は、消毒剤として使われている過酸化水素水です。副作用に問題はありません。

ホワイトニングにかかる期間は?

ホワイトニングの回数や治療期間には、個人差があります。1回のホワイトニングで希望する白さになる人もいれば、数回のホワイトニングが必要な人もいます。また、ホワイトニングの回数や治療期間は、歯の変色の状態や原因に大きく左右されます。

ホワイトニングを受ける前の注意は?

ホワイトニングの効果は人によって異なります。どのくらいの白さにしたいのか、ご自身の希望を担当医に伝えてご相談ください。
変色した歯の中には、ホワイトニングだけでは難しいものがあり、他の治療法が適している場合があります。
不適合な詰め物、虫歯などがある場合は、その治療を優先する必要があります。

歯のホワイトニングの成分について

オフィスホワイトニングは過酸化水素を主成分としており、ホームホワイトニングは過酸化尿素を主成分としています。
過酸化尿素は過酸化水素に比べて酸化反応が緩慢で、じっくり時間をかけて行うホームホワイトニングに使用します。
過酸化水素は、オキシドールと同じ成分です。
オキシドールは過酸化水素3%で、ホワイトニングに使用する過酸化水素は35%、過酸化尿素は10- 21%を使用します。

白さをキープする秘訣は?

まず、タバコ、コーヒー、お茶、ワインなど着色性の強いものはできるだけ避けることです。
そして、歯の黄ばみの原因は、着色だけでなく加齢により色調が濃くなることや遺伝的な本来の歯の色に戻ろうとすることなども原因しているので、半年に1度程度の割合で後戻り防止のためのホワイトニングを行うと良いでしょう。

施術中や施術後の痛みについて教えてください

高頻度で発生する痛みの原因は、知覚過敏で、しみるような痛みです。
ほとんどが、一過性で短時間に直ります。
痛みが起こった場合、医院でしみ止めのお薬を塗布させて頂きます。
また、当院で使用している最新のホワイトニング材には、知覚過敏抑制剤が配合されており、より安全になっています

クリーニングとホワイトニングの違いは?

クリーニングはタバコのヤニ・歯石など、歯の表面の汚れを落としていくもので、歯を白くする治療ではありません。ホワイトニングは、オフィス ホワイトニングとホーム ホワイトニングの二種類があり、前者は黄ばんでいる歯にホワイトイニングペーストを塗り、レーザーで照射して白くする治療。後者は専用のマウスピーストレーにホワイトニングジェルを塗り、数時間装着する治療です。

ホワイトニングをしたいのですが、差し歯があります。差し歯は白くなりますか?

ホワイトニングは生活歯(神経のある歯)のみ有効です。ホワイトニングをして、白くなった歯に合わせて差し歯を入れ替える、セラミックの再治療になります。