親知らずの抜歯

このようなお悩みはございませんか?

  • 歯の一番後ろが痛い
  • 親知らず周辺の歯肉が痛い
  • 抜歯困難な親知らずがあると言われた
  • 健診などで親知らずの抜歯が必要と言われた
  • 麻酔や、親知らずを抜いたあと腫れが心配
  • 親知らずを移植することができるときいたけど、どこに相談したらいいのか分からない

抜く必要がない親知らずと抜いた方がいい親知らず

親知らずによる痛みや違和感がないのに、抜歯を勧められることがあります。

抜いた方がいいと言われる親知らずには、以下のようなものがあります。

  • 痛みがある、違和感がある
    周囲の歯や歯肉を圧迫したり、傷つけている可能性があります。
  • 痛みはないけれど、斜めに生えている
    周囲の歯や歯肉を傷つけるリスクがあります。また、歯垢や細菌が溜まりやすくなり、むし歯や歯周病のリスクが上昇します。
  • 親知らずが繰り返しむし歯になる、ブラッシングができていない
    ブラッシング指導を受けても改善が難しい場合には、歯垢や細菌が溜まりやすくなり、むし歯や歯周病のリスクが上昇します。
  • ときどき親知らずが痛むが、しばらくすると治まるので放置している
    このケースはよく見られます。痛みに慣れているだけで、何らかの支障をきたしている可能性があります。
  • 親知らず周辺の歯肉が腫れている
    親知らずが原因で起こっている可能性があります。その場合、抜歯によりケアしやすくなると、炎症は治まります。
  • 上または下の親知らずだけが生えていて、噛み合わせると反対側の歯肉に当たったり、傷ついた歯肉は炎症を起こし、歯周病の原因となることもあります。また、抜歯によりかみ合わせが改善されることもあります。
  • 矯正治療を考えている
    矯正治療を終えてから親知らずが生えてきた場合、矯正した歯並びが再び悪化する可能性が高くなります。親知らずが生えている、埋まっているにもかかわらず、矯正前には親知らずの抜歯を検討する必要があります。

すぐに抜く必要のない親知らずの条件

親知らずは、何歳になっても生えてくる可能性はゼロではないため、抜歯の必要がないことをここで断言することは困難ですが、以下のような状態であれば、ただちに抜歯をする必要はないと言えます。
ただし、患者様ご自身で判断をするのではなく、必ず歯科医にもご相談の上、判断するようにしてください。

親知らずが生えている状態の場合
  • 痛み、違和感、腫れがない
  • 親知らずが、まっすぐ生えている
  • 親知らずをきちんと磨けている
  • 親知らずやその隣の歯がむし歯になったことがない
  • 咬み合わせにも問題がない
親知らずが埋まっている状態の場合
  • 痛み、違和感、腫れがない

親知らずを再利用!自家歯牙移植

抜歯した親知らずを、以前に歯が抜けた箇所へ、あるいは現在抜かざるを得ない状態の歯の代わりとして、移植することができます。インプラントでも入れ歯でもブリッジでもない、ご自身の歯を再び使えるようになる、画期的な技術です。
ただし、どんな親知らずでもどんな場所にでも移植できるわけではありません。親知らずの移植が可能であるケースは、次のような場合に限られます。お口の中の環境は、まさに千差万別です。「私の場合、移植ができるのかな?」と思ったときには、まずはご相談ください。

移植可能な親知らずがある

まずは大前提となります。移植に適した大きさ・形の親知らずがなければなりません。また、親知らずの根の形も考慮する必要があります。

親知らずを移植する箇所(移植先)の顎の骨の量が十分である

重度の歯周病などにより、移植先の顎の骨の量が不足している場合には、この方法は適しません。

親知らずが、移植する箇所(移植先)に適した幅・形である

極端な話をすれば、大きな親知らずを抜いて前歯に移植するようなことは、その後の機能的・審美的な問題から行いません。
ただし、幅・形が適合すれば、親知らずを前歯部分に移植することも可能です。

40代以下の若年者の方であることが望ましい

一般的に、40代以下の若年者の患者様の方が、移植の成功率は高いとされています。特に、歯根部分が成長しきっていない20歳前後の方の場合、親知らずの神経を残しての移植も可能です。※通常は、抜歯した時点で歯の神経が死んでしまいます。