透明で取り外し可能なマウスピース型矯正装置(インビザライン・アソアライナー)

目立たないから安心・取り外せるから快適

マウスピース矯正をご存知ですか?

従来の矯正歯科治療では、ブラケットとワイヤーを使って歯を移動させていましたが、今では薄くて透明なマウスピースを使って歯を移動させることが可能となっています。

マウスピース型矯正装置であれば、装置が目立たないのでお口まわりの見た目を心配する必要はありません。
また、患者さん自身で装置が取り外せるので、矯正治療中もお口の中を清潔に保ったり、食事を美味しく味わったりすることができます。

当院ではマウスピース型矯正装置(インビザライン)」「マウスピース型矯正装置(アソアライナー)などの治療を受けて頂けます。
矯正装置が目立つのが心配で「どうしようかな…」と迷われていた方も、安心してご相談ください。

*インビザラインは、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン・アソアライナー)はこんな方におすすめです

  • まわりに人に気づかれずに歯並びを矯正したい方
  • 人前に出る機会が多いので、矯正装置が目立つのは困る方
  • 金属製の矯正装置を装着するのに抵抗感がある方
  • 治療中も今まで通り会話を楽しんだり、食事を美味しく味わったりしたい方
  • 治療中もお口の中を清潔に保ちたい方
  • 痛み、違和感、不快感が少ない状態で、快適に矯正したい方
  • 金属アレルギーが心配な方

マウスピース型矯正装置(インビザライン・アソアライナー)のメリット

装置を付けていても目立たない

マウスピース型矯正は、透明なマウスピースをお口に入れて行います。従来のような金属やワイヤーを使いませんので、装置がお口に入っていても目立たず、周囲の人に気づかれることがほとんどありません。

自分で取り外しできる

マウスピース型矯正装置は、食事や歯磨きの際はご自分で取り外しが可能ですので、お食事や歯のお手入れはいつも通り快適に行うことができます。

ゆっくり歯を動かす治療なので痛みを感じにくい

マウスピース型矯正では、数週間ごとに新しいマウスピースに交換していくことで歯を動かして矯正していきます。ゆっくり少しずつ歯が動いていくので、痛みも最小限に抑えることができます。

体にやさしい素材を使用

マウスピース型矯正では、医療用のプラスチックでできたマウスピースを使います。金属や接着剤を使用しないのでアレルギーの心配もなく、体にやさしい治療です。

マウスピース型矯正装置(インビザライン・アソアライナー)のデメリット

 食事・歯磨き時以外は常に装着する

マウスピース型矯正装置の種類により多少異なりますが、平均的に1日のうちおよそ20時間以上はマウスピースをお口に入れていただくことが必要です。指定された着用時間が守られない場合は歯が計画通りに動かず治療が遅れる可能性があります。

マウスピース型矯正装置の装着中は間食などの制限がある

マウスピース型矯正装置は自分の歯に密着するものなので、歯とマウスピースの間に色の濃い飲み物や食べかすがついた状態が続くと虫歯や着色汚れの原因になってしまいます。水以外のものを飲食する場合は、必ずマウスピースを取り外し、飲食後は歯ブラシをした後マウスピースをお口に戻していただくことが必要になります。

マウスピースを紛失する可能性がある

マウスピース型矯正装置はご自身での管理が基本になるため、紛失してしまう可能性があります。マウスピース矯正装置の種類によりますが、保証期間中は作り直しできる場合があります。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン・アソアライナー)の種類

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、年齢、歯並びの状態に合わせて3種類が選択いただけます。

世界トップシェアのマウスピース型矯正装置(インビザライン)

大人向けの、最もオーソドックスなマウスピース型矯正装置(インビザライン)です。

患者さんとお話ししたり、メールでご相談を受けたりした時によく感じるのが、矯正歯科治療をためらう大きな障壁の1つに「装置が目立つ」があるということです。

装置を目立たなくさせて矯正する方法として、歯の裏側からワイヤーを付ける舌側矯正や、透明な材料を使ったセラミックブラケットなど様々なものがありますが、最近では、薄くて透明なマウスピースを使って矯正する「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」が注目されています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは、アメリカで1998年に開発された世界トップシェアのマウスピース型の矯正歯科治療システムのことです。
2001年にヨーロッパで導入が開始され、その後、オーストラリア、香港、アジア、韓国などでも導入され、日本では2006年から導入されています。

マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)

まだ乳歯が残るお子様の歯並び矯正のためのマウスピース型矯正装置(インビザライン)です。

お子様の歯列矯正(一期治療)では、様々な装置を付ける必要があり、場合によっては装置の故障、お子様が装置を進んでつけてくれない、歯磨きが難しく、せっかく歯並びが良くなったのに、虫歯になった、など、お悩みもお聞きします。

マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)は、つけ外し式のアライナーのため、それらの問題を解決できます。

メリット
  • 歯列矯正により成長過程にある患者様の笑顔を改善
  • 2期治療がより短期に、より簡単に
  • 咬み合わせの問題が悪化することを予防
  • 指しゃぶりや舌の突出癖などの習慣の改善をサポート
  • 治療中も患者様が好きなものを食べることが可能
  • 普段通りの歯磨きで口腔内を衛生的に保てる
  • スポーツや楽器演奏も普段通りに楽しむことが可能
マウスピース型矯正装置[iGo(インビザライン ゴー)]

前歯だけちょっとした歯並びを修正するためのマウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)と基本的には同じ矯正装置ですが、矯正の範囲が前歯だけに限定されます。

小さな矯正ですが、適応できる歯並びをよく診断する必要があります。
当院では、矯正担当医がマウスピース型矯正装置(インビザライン)と同様、仕上がりシュミレーションチェックを行ってから治療を進めていきますので、より安心確実に治療に進んでいただけます。

また、iGoシステムでは、アライン・テクノロジー社から提供されているスマホの専用アプリにより、撮影した患者さまの口腔内を分析してすぐに治療の可否を割り出すことができます。

こんな人にオススメです
  • 前歯の凸凹だけを治したい
  • ブリッジやインプラントをするために1〜2本の歯並びを修正したい
  • 前歯のセラミック治療の前処置
  • 一部のかみ合わせを正常に戻したい
  • 低価格の矯正を希望される方

マウスピース型矯正装置(アソアライナー)

美の先進国・韓国生まれのマウスピース矯正「アソアライナー」

「マウスピース型矯正装置(アソアライナー)」は、美の先進国である韓国で誕生したマウスピース矯正です。
韓国の有名女優などもこの方法で歯並びを矯正しています。マウスピース矯正には様々な方法がありますが、マウスピース型矯正装置(アソアライナー)には「装置が目立たない」「通院回数が少ない」などの特徴があります。

「iTero」で、より迅速で精密な矯正シミュレーション

iTero当院では、光学3Dカメラによる型どりシステム(iTero)を導入し、より迅速で精密な矯正シミュレーション、治療を実現しております。

これまでは、マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療時の歯型とりに、従来からの印象材(粘土のようなもの)を口に入れる方法を使用しておりました
この方法ですと、患者さんの苦痛も大きく、また、歯型をアラインテクノロジー社に送るため、分析ができるまで二週間から3週間ほどのタイムラグがかかりました。

当院では、光学3Dカメラによる型どりシステム(iTero)を導入ております。
iTeroを使用することで、マウスピース型矯正装置(インビザライン)治療時に”より楽に歯型がとれ”、”より早く仕上がり”の分析ができるようになっております。

分析データ(クリンチェック)も、型とりの次の日には、ネット上で送られてきます。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト