最新NEWS

2022.05.03

3Dプリンターで、ここでできる 〜 歯肉の模型を3Dプリンターで作る

3Dプリンターで、ここでできる 〜 歯肉の模型を3Dプリンターで作る

小室歯科矯正歯科近鉄あべのハルカス診療所では、これまで、様々にご紹介してきた通り、セレック、iTeroといったイントラオーラルスキャナーだけでなく、そのデータを、インラボや、セラミルといった、最新のデジタル設計ソフト(CADソフト)を通して、かぶせものや、仮歯、詰め物、入れ歯など、様々なものの形を設計しています。最終的に、設計したデータを形にするために、セレックや、インラボで削り出したり、3Dプリンターで光造形して、診療に使用しています。

最近では、3Dプリンターが、非常に注目されています。3Dプリンターは、削り出して作る場合と違い、細かい部分まで造形できるところに大きな特徴があり、当院でも、様々な場面で、使用できるようになっています。これから、何回かに分けて、3Dプリンターを利用た、当院の歯科技工を、ご紹介したいと思います。

今回は、歯肉の模型(ガム模型)について。

写真が、ガム模型と言って、人間の歯肉の形を柔らかい樹脂で作成した模型になります。主に、見た目が気になる部分は、歯の被せものと、歯肉の形や位置のバランスが非常に重要となるので、このような歯肉の模型を作り、技工士さんが歯と歯肉の調和を考えながら作成してくださいます。

これまでは、この歯肉の模型も、一旦石膏で模型を作り、その模型の、歯肉の部分を削って、なくなった部分に、ゴム質の材料を流し込んで、作成していました。ですので、非常に手間がかかり、技工士泣かせの作業でした。

しかし、今のデジタル歯科時代では、イントラオーラルスキャナでスキャンをして作ったデジタルデータを利用して、歯肉のデータだけを切り取り、そのデータを利用して、3Dプリンターにて、歯肉の模型を作ることができます。実際の歯の模型や、その他の部分は、これまで通り3Dプリンターで模型を作り、2つの模型を重ね合わせて完成します。写真で言うと、赤色の部分と、橙色の部分を別々に作っているわけです。

歯肉や、歯のデータ作成は、CADソフトですと、非常に短期間でできてしまうので、技工士さんの手間も非常に削減されることになります。本当に、技術の進歩は凄いですね。

今まで、3Dプリンターを利用した、ガム模型の作成について、お話ししましたが、ノウハウが、いちど確立してしまうと簡単ですが、ここに至るまでは、当院の技工士とのいろいろなやりとりや、失敗を経てようやく、患者さんに利用することができています。

歯肉のデータを、簡単にデータ化するためには、まずはCADソフトの進歩が必要でした。また、歯の模型と、ガム模型では、使うレジンの種類が違うため、うまく3Dプリントするために設定の調整も個々に必要なようです。細かいやりとりと、トライアンドエラーは、院内技工士がいてくれてこそ、だと思っています!

ですから、このような努力を、いつも笑顔で取り組んでくださる、当院の院内技工士に、感謝したいと思います。

これからも、小室歯科矯正歯科近鉄あべのハルカス診療所は、デジタル歯科技工を突き詰めていきます!

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ