最新NEWS

2022.06.12

ブラックトライアングルとは?

みなさま、「ブラックトライアングル」という言葉をご存知でしょうか?

こんにちわ!阿倍野区天王寺にある小室歯科・矯正歯科あべのハルカス診療所です!(^^

矯正治療を考えている方は、ネットで見た、聞いたことがある方がいらっしゃるかと思います。
オンラインで矯正無料相談をさせて頂く機会があるのですが、その際に、この「ブラックトライアングル」についての質問が良くあります。

ですので今回は「ブラックトライアングル」についてご説明します!☆
無料オンライン相談はこちら☜

ブラックトライアングルとは

歯と歯の間と歯肉のラインに囲まれた部分にできる△の隙間のことです、口の中は暗いので、隙間も黒く見えます。
ですので、黒い三角形でブラックトライアングル。そのまんまですね(笑)
LINE相談はこちら☜

ブラックトライアングルが出来る要因

①歯肉炎、歯周病によるもの

久しぶりに歯医者さんで歯石取りをしてもらったら、歯茎が下がって歯と歯の間が空いてしまった!と感じたことがある方、いらっしゃいませんか?
これは、炎症(腫れ、出血など)を起こしていた歯肉が引き締まり、健康な状態になったためです。

磨き残したプラーク(歯垢)=細菌の塊をそのまんまにしておくと、プラークは死骸になり、唾液中のカルシウム成分が沈着し石灰化します(これが歯石)。
歯石になってしまうと歯科衛生士による清掃でないと除去できません。

歯石はプラークの住処となり、炎症(腫れ、出血など)を引き起こし、歯肉炎となります。
さらに、歯肉炎から歯を支えている歯槽骨にまで達し、歯周病となると骨が溶かされます。

そして、この炎症の原因を取り除くと歯茎は健康な状態へと引き締まり歯槽骨のラインまで下がることになるので、ブラックトライアングルが出来ることになります。

②加齢によるもの

加齢により歯槽骨や歯周組織の活性が下がることによって歯茎がさがり、ブラックトライアングルとなります。

③ブラッシングによるもの

間違った歯磨き方法で歯を磨いていると、歯茎は傷ついたり、刺激を受け下がってしまいます。
しっかり磨こう!という気持ちは凄く大切なのですが、ゴシゴシ強く磨いたり、毛の硬い歯ブラシを使っていたり、、、。

プラークは、ブラシがしっかりと当たっていれば軽い力でも十分な取れます。取れない部分はプロ(歯科衛生士)に任せてしまいましょう!
これは矯正治療にも関わってきますが、矯正治療中は虫歯にならないようしっかり磨くことが大切です。

ですので、ブラッシング方法を正しく指導してくれる矯正歯科を選ぶことがとても重要です。
当院で矯正治療をしている方には、毎回のお口清掃とブラッシング指導込みで調整させていただいております!

➃矯正治療によるもの

今まで歯が凸凹に重なっていた部分では歯茎も重なって隙間が見えていない状態だとすると、それを正しい歯並びに戻すことでブラックトライアングルが目立つようになってしまう事があります。

また、矯正治療での歯を動かすスピードに歯槽骨の再生が追いつかず、歯茎が下がってしまうという事もあります。
そのため、矯正治療では正確な治療計画、判断を下せることが重要になります。

近年、マウスピース矯正(インビザライン)ワイヤー矯正を選択する方が増えてきて、矯正治療をする歯科医院も増えています。
ですが、矯正歯科は凄く専門的な知識・技術が必要で一般歯科とは全く別物です。

ですので、矯正歯科医院を選択される際は、日本矯正歯科学会に認められた医師が在籍しているか?などを選ぶ基準の一つにしていただければとおもいます。
当院には、矯正認定が4名在籍しており、さまざまな矯正器具を揃えております。

では、ブラックトライアングルになった場合は?

ブラックトライアングルは比較的、下の前歯に出来る事が多いです。
というのも、下の前歯は他の歯に比べ根元に向かって細くなる逆三角形▼のような形をしています。

歯の頭の部分同士があたり、根本は隙間が大きくなるという、単純なものです。
下の前歯根本は、自分から見せようと思わない限り基本的には見えない部分なのであまり気にしないという方もいらっしゃいます。

ブラックトライアングルが大きすぎる場合などは、歯の間を0.1ミリ~0.5ミリほどの範囲で切削形態修正(IPR)し、そのスペースを詰めることで改善することもできます。

自分はどの程度なってしまうのか、既になっていて気になっている。などございましたら、お気軽にLINE相談無料オンライン相談をご活用ください!☆

ありがとうございました!(^^

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ