最新NEWS

2021.02.13

いちごと 歯の予防の関係性!?

苺と 歯の予防の関係性!?

こんにちは、小室歯科近鉄あべのハルカス診療所、笠原です✨ 先日、奈良県生駒郡にあります、農業公園信貴山のどか村へいちご狩りに行ってきました♡

いちご狩りの季節となりましたが、どこの農園も既に予約でいっぱいですよね😭
しかし、こちら信貴山のどか村のいちご農園では、予約制ではなく先着順でいちご狩りが楽しめます✨

しかも、奈良県ブランドいちごの古都華や、あすかルビー、章姫を食べることが出来て、いちご好きにはたまりません💕

お昼前に到着しましたが、真っ赤で大きないちごは沢山あり、無事いちご狩りに参加できました✨

ビニールハウス内は広く、密にならず楽しめました。

いちご狩りには酸っぱかったり、水っぽかったりと農園により当たり外れがありますが、のどか村のいちごは断トツで甘くて美味しいです。
スーパーで売られているいちごより甘く、百貨店で売られているようないちごと変わらないくらいです。

そして一粒一粒が大きく、味も濃くしっかりしており、30分間の食べ放題でしたが軽々と50粒は食べてしまいました☺️とても幸せです✨

ところでみなさんは、いちごに虫歯、歯周病予防の効果があるとされている成分が含まれていることをご存知ですか☺️?

いちごには虫歯予防効果のあるキシリトールが含まれています。
それもなんと、いちご100gあたり350mgもキシリトールが含まれていると言われています🍓

キシリトールとは虫歯予防効果が実証されている天然甘味料です。
砂糖と同等の甘さがあるにも関わらず、カロリーが砂糖に比べ大幅に低く、甘味料の中でも、唯一、う蝕を抑制することができます。

キシリトールは虫歯に対してこんな効果が✨
✅虫歯の原因にならない
✅虫歯の発生、進行を防ぐ
✅歯のエナメル質を強化する

普通、虫歯菌は、砂糖を餌として、酸を作り、虫歯の原因となりますが、キシリトールからは、酸を作れないことがわかっています。
また、甘さにより唾液の分泌が多くなり、唾液の作用で歯の汚れを流したり、歯の石灰化を進めたりするとも言われています。

さらに、キシリトールだけでなく、いちごは果物の中でも特にビタミンCが豊富で、100gあたり62mgもビタミンCが含まれていると言われています。
これはビタミンCを沢山含んでいると有名なレモンとほぼ同量です。いちごの粒の大きさにもよりますが10個程度で一日のビタミンCの必要量を摂取できます。

ビタミンCは歯周病予防に高い効果があります。
歯周病にかかった歯ぐきはコラーゲン繊維が破壊された状態です。
ビタミンCには「コラーゲン合成促進効果」があり、 壊れたコラーゲン繊維の再生を促し、歯ぐきを健康に保ってくれるといわれています。

ビタミンCは歯周病に対してこんな効果が✨
✅歯と歯ぐきを健康に保つ

いちごには、歯に良い効果がある、キシリトールやビタミンCが沢山含まれているなんて、最高ですよね!!

いちごのシーズンは12〜5月頃迄ですが、冬の寒い時期のいちごの方が栄養価が高く、粒は小さな方がとても甘いそうです✨

沢山キシリトールや、ビタミンCが含まれており、歯に良い事づくめのいちごですが、糖分も含まれているので、食後の歯磨きは忘れずにしっかりなくてはいけません🥺

今回はいちごとキシリトール、ビタミンCのお話でしたが、歯に良い物をたくさん含む食べ物はいちご以外にも沢山あります。
機会があればまたご紹介したいと思います😊

いちご狩りの写真を、公式インスタグラムに載せております!

https://www.instagram.com/p/CLO672xnwsk/?utm_source=ig_web_copy_link

小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ