世界トップシェアのマウスピース矯正『マウスピース型矯正装置(インビザライン)』

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴

*インビザラインは、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

2週間に1回新しいマウスピースに交換

新しいマウスピースに交換2週間に1回、新しいマウスピースに交換して、少しずつ歯を理想的な位置に動かしていきます。
新しいマウスピースに取り替えるので、とても衛生的です

薄くて透明なので目立たない

目立たないマウスピース「矯正装置を装着して、口元の見た目が悪くなるのが心配」という方でも安心です。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)で使用する装置は薄くて透明なマウスピースなので、装着しても目立つようなことはありません。
お口まわりの審美性を保ちながら治療を受けて頂くことができます。

取り外してケアできる

従来の矯正装置は、治療が終わるまで取り外すことができないので、装置に食べ残しが付いたり、歯ブラシが届きにくかったりして、虫歯のリスクが高まることがありました。ですが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)のマウスピースは患者さんご自身で取り外せますので、矯正治療中も今まで通り歯磨きなどのケアをきちんと行って頂けます。

食事が美味しく食べられる

従来の矯正装置では、違和感などにより、楽しいはずの食事にストレスを感じることもありました。ですが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)のマウスピースは患者さんご自身で取り外せますので、矯正治療中も今まで通り食事を美味しく味わって頂くことができます。

装置が外れたり金具が刺さったりしない

アライナーの装着従来の矯正装置は、装置が外れたり、故障したりしてご来院頂かなくてはいけないことがありましたが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)では基本的にはそうしたことはありません。
また、従来の装置のように金具が刺さってお口の中を傷つけたりする心配もありません。

最終的な仕上がりが確認できる

iTero矯正歯科治療を始める前は、「どんな仕上がりになるのかな…?」と不安なものです。
ですが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)
では、「クリンチェック」と呼ばれる3D画像で歯がどのように動いていくのかを確認して頂くことができます。
コンピュータ上で最終的な仕上がりを確認してから矯正治療が始められるので安心です。

金属アレルギーの心配がない

「金属アレルギーがあるので、矯正歯科治療が受けられない」という方でも、マウスピース型矯正装置(インビザライン)なら大丈夫です。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)はプラスチック製ですので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

豊富な治療実績

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、世界トップシェアの信頼のおける矯正歯科治療システムです。
世界中の歯科医院で導入されており、310万人以上の治療実績を誇りますので(2015年3月時点)、安心して治療を受けて頂けます

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のデメリット

食事・歯磨き時以外は常に装着する

マウスピース矯正装置の種類により多少異なりますが、平均的に1日のうちおよそ20時間以上はマウスピースをお口に入れていただくことが必要です。
指定された着用時間が守られない場合は歯が計画通りに動かず治療が遅れる可能性があります。

マウスピース装着中は間食などの制限がある

マウスピースは自分の歯に密着するものなので、歯とマウスピースの間に色の濃い飲み物や食べかすがついた状態が続くと虫歯や着色汚れの原因になってしまいます。
水以外のものを飲食する場合は、必ずマウスピースを取り外し、飲食後は歯ブラシをした後マウスピースをお口に戻していただくことが必要になります。

マウスピースを紛失する可能性がある

マウスピースはご自身での管理が基本になるため、紛失してしまう可能性があります。
マウスピース矯正装置の種類によりますが、保証期間中は作り直しできる場合があります。

従来のマウスピース矯正との違い

最終的な仕上がりや治療経過が確認できる

矯正歯科治療を始める時、「どんな歯並びになるのかな…?」と心配な方もおられると思います。マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、「クリンチェック」と呼ばれる3D画像で最終的な仕上がりや治療経過が確認できますので、安心して矯正治療が受けられます。

1回の歯型取りですべてのマウスピースが作製できる

歯型取りが苦手で、毎回、吐き気を我慢しながら治療を受けている方もおられるかと思います。
マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、1回の歯型取り(印象採取)ですべてのマウスピースを作製することができますので、嘔吐反射が強くて歯型取りが苦手な方でも安心です。また、マウスピースはCAD/CAMで精密に作製されますので、0.20.3mmという微細な範囲で歯を動かすことができます。
その結果、治療中の痛みを抑えることが可能となります。

的確なガイドラインがある安心のシステム

マウスピース型矯正装置(インビザライン)には、世界中で310万人以上の患者さんが治療を受けられている豊富な実績があります。
認定制度など、治療技術に対して的確なガイドラインのある安心のシステムです。信頼のおけるトップメーカーですのでご安心ください

複雑な矯正にも対応可能

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は他のマウスピース矯正と比べて、複雑な矯正にも対応することが可能です。どんなお悩みでもお気軽にご相談ください

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療の流れ

1初診・カウンセリング

カウンセリングで、歯並びのお悩みや、治療へのご希望などを詳しくおうかがいします。
矯正歯科担当医が患者さんのお口の中を確認した上で、必要な処置、治療プラン、治療期間の目安などについてご説明致します。

2精密検査

CT撮影、レントゲン撮影、口腔内やお顔の撮影などの検査のほか、診断模型作製用の歯型をお取りします。
なお、検査により虫歯や歯周病が見つかった場合には、先にそれらを治療します。また、親知らずの抜歯が必要と診断された場合には、治療開始前に抜歯して頂くこともあります。

3歯型採取

歯型採取検査を行った後、マウスピース型矯正装置(インビザライン)作製用の歯型をお取りします。
この歯型をアメリカのアライン・テクノロジー社に送り、デジタルデータ化していきます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の場合、この課程が非常にシステマチックに行われており、他のシステムと比べてより精密な診断・治療が期待できます。

当院では、仕上がりを詳しく分析する為に、「itero(口腔内スキャンシステム)」による精密印象を行なっております。

4マウスピース型矯正装置(インビザライン)シミュレーション

スキャニングデータ、レントゲン撮影、口腔内写真などのデータをもとに矯正歯科担当医がマウスピース型矯正装置(インビザライン)治療計画をパソコン上で3Dシミュレーション化します。

5治療期間・治療計画の説明

治療開始前に、治療後の歯の仕上がりを「クリンチェック」というシミュレーションソフトでご確認頂きます。
これにより、おおよその治療のゴールをご覧頂くことができます。こうして治療後の歯の仕上がりのイメージを患者さんと共有できることが、インビザラインの大きな特徴の1つであると言えます。

6マウスピースのお渡し

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では、1回の歯型取りですべてのマウスピースを作製することが可能です。
アライン・テクノロジー社からマウスピースが届いたら、次回ご来院時までにご使用頂く分をお渡し致します。
その後、マウスピースの取り外しの練習を行ったり、使用方法、注意事項などについてご説明したりします。
なお、治療途中で細かなずれを修正するために、歯型を再度お取りすることもあります。

7定期チェック

1~3ヶ月に1回程度ご来院頂き、歯とマウスピースの適合状態や、清掃状態などを確認します。
必ずマウスピースを装着した状態でご来院ください。

8治療終了

すべてのマウスピースを装着し終われば、治療は終了となります。
当院では治療終了まで、矯正歯科担当医と、メンテナンス・治療担当医が共同でサポートさせて頂きます。

9保定・定期検診

矯正治療後も歯並びを良好な状態に保つために、当院で定期検診を受けられるようにしてください(保険適応です)。また、矯正治療後は歯並びが後戻りしないように保定を行います。
当院では、マウスピースを継続使用して頂いたり、前歯の裏側に細いワイヤーを装着させたりする方法などで保定を行います。
患者さんによって異なりますが、保定期間の目安は「治療を行った期間」と同じ程度です。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)Q&A

マウスピース型矯正装置(インビザライン)はいつごろから受けられますか?

マウスピース型矯正装置(インビザラインファースト)であれば、歯が生え変わる頃でもマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使った矯正歯科治療を受けて頂くことが可能と言われております。
乳歯がすべて抜けていれば、永久歯の萌出途中の時期であってもご使用頂けます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の注意点を教えてください

歯科医師の指示に従って、正しい使用方法・使用時間を守るようにしてください。
また、マウスピース型矯正装置(インビザライン)は矯正中に虫歯治療が行えませんので、虫歯にならないように注意しましょう。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は誰でも使用できますか?

患者さんのお口の中の状態によっては、マウスピース型矯正装置(インビザライン)がお使い頂けない場合があります。具体的には、歯並びの乱れが大きいため歯を動かす距離が長かったり、歯の根を動かさなければいけなかったりする場合などです。ただし、そのような場合でも、ブラケットの併用により矯正することが可能となります。
そのほか、上下顎のずれが原因で歯並びが乱れている場合や、第2大臼歯が生えていない場合などにもマウスピース型矯正装置(インビザライン)が適応とならないことがあります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の1日の装着時間を教えてください

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は1日20時間以上の装着するようにしてください。装着しない時間が長いと十分な治療結果が得られない場合があります。

治療後のケアは必要ですか?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)に限らず、矯正歯科治療後は歯並びや咬み合わせが後戻りしてしまうことがありますので、それを防ぐために保定を行います。
当院では、マウスピースを継続使用して頂いたり、前歯の裏側に細いワイヤーを装着させたりする方法などで保定を行います。患者さんによって異なりますが、保定期間の目安は「治療を行った期間」と同じ程度です。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト