すきっ歯(空隙歯列)を矯正したい

すきっ歯(空隙歯列)は適切な治療で改善をはかります

すきっ歯はお子さんのうちから適切な治療を受ければ、症状によっては、セラミッククラウンやラミネートベニアなどによる被せ物での矯正で治療することもできます。

歯と歯の間に隙間があると、見た目の問題だけでなく、食べかすや歯石などが詰まりやすくなったり、虫歯にかかりやすくなったりしますので、すきっ歯でお悩みの方は一度当院までお気軽にご相談ください。

すきっ歯(空隙歯列)とは

歯と歯の間に隙間がみられる状態のこと。

すきっ歯(空隙歯列)の原因

先天的と後天的なものがあります。

先天的なもの

歯が小さい、顎が大きい、舌が大きい、埋伏過剰歯、欠損歯がある

後天的なもの

悪習癖(頬杖、舌癖)や歯周病が原因

すきっ歯(空隙歯列)がおよぼす悪影響

発音障害

息が漏れサ・タ行が話しづらい

カリエス・歯周病のリスク

歯と歯の間に食べ物が詰まりやすく、虫歯や歯周病の原因になる

咀嚼障害

かみ合わせが悪くしっかり噛むことができない

審美障害

歯と歯の間に隙間がありコンプレックスになる

 

すきっ歯(空隙歯列)の治療方法

↑TOPに戻る