インシグニア(デイモンクリアシステム)

インシグニア(デイモンクリアシステム)とは

従来の治療方法では、矯正の際に使用するワイヤーは細い針金や輪ゴムなどを使ってブラケット(歯の表面に付ける装置)に固定していました。ですが、最近では「セルフライゲーションシステム(シャッター式でワイヤーを固定する方法)」を応用した様々な装置が開発されていて、従来の装置よりも早く快適に歯を動かすことが可能となりました。

セルフライゲーションシステムを応用した装置の1つに、「デイモンクリアシステム」があります。
これは、特殊な構造の矯正装置を使うことで、装置とワイヤーの間で起こる摩擦抵抗を抑え、「弱い矯正力」と「滑りやすさ」でお口まわりの筋肉を有効に働かせて、口唇を前に押し出すことなく奥歯を広げて歯の凸凹を整えていきます。

デイモンクリアシステムの特徴

デイモンクリアシステムはすべて透明なセラミックで作られていて、装着しても装置が目立つことがありませんので、お口まわりの見た目を損ないません。

抜歯せずに治療できる可能性が高まる

大切な天然歯を抜いて平気な方はいません。誰だって「歯を抜かずに治療したい」とお考えになるものです。
デイモンクリアシステムは従来の矯正装置よりも「弱い矯正力」で歯を三次元的に動かすことができますので、従来であれば抜歯が必要だったようなケースでも、抜歯せずに治療できる場合があります。

歯を支える組織に優しい

デイモンクリアシステムは従来の矯正装置よりも歯周組織(歯茎や顎の骨)にかかる負担が少ない、「歯を支える組織に優しい装置」です。
少ない負担で快適に治療を受けて頂くことができます。

お口の中を清潔に保てる

従来の矯正装置の場合、装置が邪魔できちんと歯が磨けなかったり、歯と装置の間に汚れが溜まったりして、虫歯や歯周病などの病気にかかりやすくなることがあります。
ですが、デイモンクリアシステムではブラケットを固定する細い針金や輪ゴムなどが必要ありませんので、ブラケットのまわりもきちんと磨くことができ、治療中もお口の中を清潔に保って頂くことができます。

口元がより自然に仕上がる

デイモンクリアシステムは従来の矯正装置よりも生体の力が応用できるよう設計されていますので、口元をより自然に仕上げることが可能となります。

↑TOPに戻る