3歳から始める矯正・歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)

3歳からの矯正歯科治療

3歳からの矯正歯科治療3歳児の受け口(反対咬合)に対する治療の考え方は、歯科医師によって様々で、「永久歯が生え揃うまで様子をみる」という対応がとられることもあります。

しかし、3歳児検診などで受け口を指摘されたお子さんの多くは自然には治らず、この時期を逃してしまうとお口の中に針金を通す、本格的な矯正をしなければいけないケースが多くなり、費用も時間もかかってしまいます。ですから、矯正治療は早めに始めるに越したことはないということになります。

「将来、歯並びが悪くなるのかな…」と心配ではありませんか?

3歳児検診で受け口を指摘され、「将来、この子の歯並びは悪くなるのかな…?」とご心配のお母さん・お父さんもおられるかと思いますので、当院では、よく検査・診断をした上で、必要な場合は、3歳児などの小さなお子さんでもお使い頂ける「歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)」という装置を使用して改善する場合もございます。

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)は、特殊な形をした装置で、就寝中に装着するだけで、ご使用頂けます。歯に直接アプローチするのではなく、お口まわりの筋肉にアプローチしていき、筋肉のバランスを整えることで正しい歯・顎の位置に誘導していきます。

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)をお使い頂くことで、通常、数ヶ月から半年程度で受け口が改善されます。受け口が治った後も、後戻り防止のために半年程度、継続して装置を装着して頂きます。

小さなお子さんの受け口のケース

3歳児などの小さなお子様の受け口には、次のようなケースがあります。

  • 上唇の力が強く、上顎が小さい
  • 下唇の力が弱い
  • 舌の位置が通常より低いので、唾を飲み込むたびに下顎を前に押してしまう
  • 咬み合わせ面の不調和

つまり、舌、唇、頬の力のバランスが乱れていて、調和が取れていないことが多いのです。

 

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)の3つの機能

1.舌を高い位置に保つ機能

受け口のお子さんの場合、舌を上顎に付けて押し上げて広げることができませんので、下顎の方が大きくなってしまいます。
歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)には舌を高位(高い位置)に保つ機能がありますので、上顎を拡大して受け口を改善します。

2.舌が下顎の前歯を押すのを防ぐ機能

受け口のお子さんの場合、舌が正しい位置(上顎を押し上げている位置)にありませんので、下顎の前歯を前に押してしまいます。
歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)にはこれを防ぐ機能がありますので、下顎の前歯を正しい位置に戻して受け口を改善します。

3.上顎の正常な成長を促す機能

食べ物を飲み込む時、過度にお口まわりの筋肉に力が加わる癖を「異常嚥下癖(いじょうえんげへき)」と言います。
この癖のせいで顎が小さくなることがありますが、歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)にはこれを防いで、上顎の正常な成長を促進する機能がありますので、口唇からの過度な力が加わらないようにして受け口を改善します。

MFTで受け口の後戻りを防ぎます

せっかく歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)を使って受け口を改善させても、お口まわりの筋肉や舌の癖などが原因で受け口が起こっている場合、それを取り除いてあげなければ、歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)を取り外してしばらくすると後戻りすることがあります。そのため当院では、MFT(口腔筋機能療法)を積極的に行って、咬み合わせと歯並びの乱れを予防します。
MTF(口腔筋機能療法)というのは、歯並びに影響する口腔習癖を改善させるための簡単なトレーニングです。お口まわりの筋肉や舌の動きなどを正すことで、食べる(咀嚼)、飲む(嚥下)、発音、呼吸、舌の位置、口唇の位置などを改善して、受け口などの不正咬合の原因となることがある口腔習癖を取り除きます。
※MTF(口腔筋機能療法)に関する詳細は、「指しゃぶり・口呼吸・発音・舌や口唇などの癖を改善」のページをご覧下さい。

Q&A

受け口は自然に治りますか?

永久歯に生え変わるタイミングで自然治癒するケースもございますが、お子様の歯並びが気になるようでしたら、一度当院へご相談頂くことをおすすめします。

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)で受け口は治りますか?

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)で一旦は治った受け口が、将来にわたって100%咬み合わせの異常が改善されるわけではありません。小学校に入学したあたりから、再び装置を使った矯正に移行することもあります。

↑TOPに戻る