歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

難しい歯の矯正移動を助ける歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療のメリット

難しい歯の矯正移動には、「歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療」がおすすめです。従来の矯正歯科治療は、ワイヤーや輪ゴムで繋がった歯と歯が、お互いに引っ張り合うことで自然に移動し、歯並びが整っていくという仕組みになっています。
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療は、矯正歯科治療用に作られたインプラントを顎の骨に埋め込み、それを支えとすることで、従来の矯正歯科治療では難しかった歯の動きを実現して、スムーズな歯の動きを可能にする方法です。これまでヘッドギアや輪ゴムなどの面倒な付加装置が必要だった不正咬合でも、改善できる可能性が高まります。

歯科矯正用アンカースクリューの埋入方法

歯科矯正用アンカースクリューを埋入する部位に局所麻酔を施した後、1mm程度の小さな穴を開け、そこに歯科矯正用アンカースクリューを埋め込みます。処置にかかる時間は15分程度で、痛みや出血などはほとんどありませんのでご安心ください。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の特徴

歯を抜かずに矯正できる

他院で「抜歯せずに矯正するのは難しい」と言われた方も、お気軽に当院へご相談ください。
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療では、普通の矯正歯科治療よりも歯に強い力がかけられますので、歯を大きく移動させることができ、抜歯による矯正歯科治療でないと難しいようなケースでも、非抜歯で矯正できる可能性が高まります。

治療期間が短くなる

「できるだけ短い期間で治療を終えたい」という方にも、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療はおすすめです。
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療では、普通の矯正歯科治療よりも歯をコントロールすることができますので、歯が後戻りしたり、矯正対象以外の歯が動いたりすることを防ぐことが可能です。そのため、従来よりも短期間で治療を終えられることが多いのです。

面倒な付加装置が必要ない

従来の方法では、歯並びや咬み合わせによっては、ヘッドギアや輪ゴムをお口にかけるといったご面倒をお願いしなければいけないケースがありました。ですが、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療なら、面倒な付加装置を使わなくても矯正できる可能性が高まります

動かしたい歯だけを移動させることができる

従来の方法では、歯1本だけを動かすような場合でも、多くの歯に矯正装置を付けなければいけませんが、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療なら矯正対象の歯にだけ装置を付けて、少ない違和感で動かしたい歯だけを移動させることが可能です。

虫歯リスクを低減させることができる

従来の矯正装置には「装置が邪魔できちんと歯が磨けない」ということがありましたが、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療では、ブラケットを付ける期間を短くすることができますので、矯正治療中もお口の中を清潔に保って頂けます

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療のデメリット

装置を埋める際に局所麻酔をする必要がある

歯科矯正用アンカースクリューは、歯ぐきとその下の骨に埋め込む装置のため、処置の際には局所麻酔が必要になります。
施術時間はおよそ15分程度です。痛みはほとんどありません。

お口の中が不潔になると、装置の周りの歯ぐきが炎症を起こすことがある

歯科矯正用アンカースクリューを埋め込んだ後は、傷口が癒えるまで患部を清潔に保っていただく必要があります。
汚れが残ったまま不潔な状態が続くと、傷口から細菌感染をおこし装置の周りの歯ぐきが炎症を起こしてしまうことがあります。

装置が抜けてしまうことがある

歯科矯正用アンカースクリューはとても小さい装置のため、まれに埋め込んだ後に抜けてしまうことがあり、その際は別の場所に再び埋め込む処置が必要になります。
ただ、術前にしっかり診査し抜けにくい場所を選定して処置を致しますので、起こる確率は非常に低いと言えます。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の流れ

1初診・カウンセリング

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の内容、治療期間、治療費などについて詳しくご説明します。ご相談だけでもお気軽にご来院ください。

2歯科矯正用アンカースクリューの植立

歯科矯正用アンカースクリューを埋入する部位に局所麻酔を施した後、そこに歯科矯正用アンカースクリューを埋め込みます。処置にかかる時間は15分程度で、痛みや出血などはほとんどありませんのでご安心ください。

3歯科矯正用アンカースクリューの安定

歯科矯正用アンカースクリューが安定するのを待ちます。すぐに安定する場合もありますし、少し期間を要する場合もあります。その間に歯科矯正用アンカースクリューが緩んだり、違和感があったりする時にはすぐに当院までご連絡ください。

4移動開始

歯科矯正用アンカースクリューを支えにして、ゴムやスプリングをかけて歯の移動を開始します。

5歯科矯正用アンカースクリューの除去

歯科矯正用アンカースクリュー除去の時期は患者さんによって異なります。外す際にはほとんど痛みはありませんし、穴も1日程度で塞がります。

Q&A

ヘッドギアや輪ゴムなどを使わずに矯正したいのですが…

ヘッドギアや輪ゴムなどの面倒な付加装置を使わずに矯正したい方には、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療がおすすめです。歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療なら、ヘッドギアや輪ゴムなどが必要な不正咬合でも改善できる場合があります。

歯を抜かずに矯正することは可能ですか?

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療では、普通の矯正歯科治療よりも歯に強い力がかけられますので、歯を大きく移動させることができ、抜歯による矯正歯科治療でないと難しいようなケースでも、非抜歯で矯正できる可能性が高まります。

部分矯正は可能ですか?

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療では矯正対象の歯だけに装置を装着させて、少ない違和感で動かしたい歯だけを移動させることができる場合がありますので、ブリッジ補綴のための部分矯正などにも対応できる可能性があります。

歯科矯正用アンカースクリューを埋入する時は痛いですか?

歯科矯正用アンカースクリュー埋入時には局所麻酔を施しますので、強い痛みはありません。また、出血もほとんどありませんのでご安心ください。

歯科矯正用アンカースクリュー埋入後は痛いですか?

患者さんによっても異なりますが、ほとんど場合、痛みはないようです。不安であれば、歯科医師に痛み止め薬の処方をお申し出ください。

どのくらい歯科矯正用アンカースクリューを入れておくのですか?

治療の内容によっても異なりますが、通常、半年から2年程度です。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト