歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

難しい歯の矯正移動を助ける歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

歯科矯正用アンカースクリューの埋入方法

歯科矯正用アンカースクリューを埋入する部位に局所麻酔を施した後、1mm程度の小さな穴を開け、そこに歯科矯正用アンカースクリューを埋め込みます。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の流れ

1初診・カウンセリング

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の内容、治療期間、治療費などについて詳しくご説明します。ご相談だけでもお気軽にご来院ください。

2歯科矯正用アンカースクリューの植立

歯科矯正用アンカースクリューを埋入する部位に局所麻酔を施した後、そこに歯科矯正用アンカースクリューを埋め込みます。

3歯科矯正用アンカースクリューの安定

歯科矯正用アンカースクリューが安定するのを待ちます。すぐに安定する場合もありますし、少し期間を要する場合もあります。その間に歯科矯正用アンカースクリューが緩んだり、違和感があったりする時にはすぐに当院までご連絡ください。

4移動開始

歯科矯正用アンカースクリューを支えにして、ゴムやスプリングをかけて歯の移動を開始します。

5歯科矯正用アンカースクリューの除去

歯科矯正用アンカースクリュー除去の時期は患者さんによって異なります。

Q&A

ヘッドギアや輪ゴムなどを使わずに矯正したいのですが…

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療なら、ヘッドギアや輪ゴムなどが必要な不正咬合でも改善できる場合があります。

歯を抜かずに矯正することは可能ですか?

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療では、普通の矯正歯科治療よりも歯に強い力がかけられますので、歯を大きく移動させることができ、抜歯による矯正歯科治療でないと難しいようなケースでも、非抜歯で矯正できる可能性があります。

部分矯正は可能ですか?

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療では矯正対象の歯だけに装置を装着させて、動かしたい歯だけを移動させることができる場合がありますので、ブリッジ補綴のための部分矯正などにも対応できる可能性があります。

↑TOPに戻る