前歯だけちょっとした歯並びを矯正『マウスピース型矯正装置[iGo(インビザライン ゴー)]』

マウスピース型矯正装置[iGo(インビザライン ゴー)]について

前歯だけちょっとした歯並びを修正するためのマウスピース型矯正装置[iGo(インビザライン ゴー)]

マウスピース型矯正装置[iGo(インビザライン ゴー)]は、マウスピース型矯正装置(インビザライン)と基本的には同じ矯正装置ですが、矯正の範囲が前歯だけに限定されます。

小さな矯正ですが、適応できる歯並びをよく診断する必要があります。
当院では、矯正担当医がマウスピース型矯正装置(インビザライン)と同様、仕上がりシュミレーションチェックを行ってから治療を進めていきますので、より安心確実に治療に進んでいただけます。

また、iGoシステムでは、アライン・テクノロジー社から提供されているスマホの専用アプリにより、撮影した患者さまの口腔内を分析してすぐに治療の可否を割り出すことができます。

*iGo(インビザライン ゴー)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

こんな人にオススメです

  • 前歯の凸凹だけを治したい
    真ん中の前歯のちょっと下ねじれを直したい、ほんの少しの歯の出っ張りを内に入れたい、など、ほんのわずかな歯並びを治すだけで良いという、ニーズは多く頂きます。
  • ブリッジやインプラントをするために1〜2本の歯並びを修正したい
    ブリッジやインプラントを入れる時、よく、隣の歯が傾いていて、十分な隙間が確保できなかったり、完成時に歯磨きがしにくい形にならざるおえない時があります。そんな場合に、ほんの少しだけ歯を動かすだけで、劇的に状況を改善することができます。
  • 前歯のセラミック治療の前処置
    前歯が傾いている時、削って、セラミックを入れようとすると、歯の神経に触って、最終的に神経を取らなければならない場合があります。そのような場合でも、削る前に少しでも歯並びを変えておくことで、そのようなリスクを回避することができます。
  • 一部のかみ合わせを正常に戻したい
    部分的な前歯の噛み合わせの修正もすることが可能です。

  • 低価格の矯正を希望される方
    口全体を治すインビザラインより、約半分の価格で治療できます。

マウスピース型矯正装置[iGo(インビザライン ゴー)]のメリット

装置を付けていても目立たない

マウスピース型矯正は、透明なマウスピースをお口に入れて行います。
従来のような金属やワイヤーを使いませんので、装置がお口に入っていても目立たず、周囲の人に気づかれることがほとんどありません。

自分で取り外しできる

マウスピース型矯正は、食事や歯磨きの際はご自分で取り外しが可能ですので、お食事や歯のお手入れはいつも通り快適に行うことができます。

ゆっくり歯を動かす治療なので痛みを感じにくい

マウスピース型矯正では、数週間ごとに新しいマウスピースに交換していくことで歯を動かして矯正していきます。
ゆっくり少しずつ歯が動いていくので、痛みも最小限に抑えることができます。

体にやさしい素材を使用

マウスピース型矯正では、医療用のプラスチックでできたマウスピースを使います。
金属や接着剤を使用しないのでアレルギーの心配もなく、体にやさしい治療です。

マウスピース型矯正装置[iGo(インビザライン ゴー)]のデメリット

食事・歯磨き時以外は常に装着する

マウスピース型矯正装置の種類により多少異なりますが、平均的に1日のうちおよそ20時間以上はマウスピースをお口に入れていただくことが必要です。
指定された着用時間が守られない場合は歯が計画通りに動かず治療が遅れる可能性があります。

 マウスピース装着中は間食などの制限がある

マウスピース型矯正装置は自分の歯に密着するものなので、歯とマウスピースの間に色の濃い飲み物や食べかすがついた状態が続くと虫歯や着色汚れの原因になってしまいます。
水以外のものを飲食する場合は、必ずマウスピースを取り外し、飲食後は歯ブラシをした後マウスピースをお口に戻していただくことが必要になります。

マウスピース型矯正装置を紛失する可能性がある

マウスピース型矯正装置はご自身での管理が基本になるため、紛失してしまう可能性があります。保証期間中は作り直しできる場合があります。

治療の流れ

1症例評価

iTeroスキャンスマートフォンのソフトにより、まずは、マウスピース型矯正装置[iGo(インビザライン ゴー)]で治療できるか判断するため、お口の写真を撮影し、主訴の難易度を確認します。
事前に患者さんとおおよその難しさを相談できるのが、このシステムの素晴らしいところです。

2デジタル印象(歯形取り)

iTero仕上がりの詳しい分析のため、iTero(口腔内スキャナシステム)による歯形取りを行います。
このデジタルデータは、アライン社に送信されます。

33D治療計画の作成

アライン社が独自に開発した3D治療計画ソフト「クリンチェック・ソフトウェア」を活用し、ドクターは患者様の治療計画を作成します。
この3Dの治療計画を用い、予測される歯牙の最終位置やおおよその治療期間を確認できます。
当院では、iGoドクターと、インビザラインドクターのダブルチェックにより、より確実な分析を可能にします。
もちろん、その計画を元に、患者さんと話し合い、治療を進めてまいります。

4アライナーの装着

アライナーの装着アライナーを患者さんにお渡しします。
患者様は、毎日アライナーを装着していただき、1~2週間ごとに新しいアライナーに交換します。
1月か、2月ごとに来院頂き、チェックしていきます。

5治療終了

治療終了治療終了後、リテーナー(保定装置)という、動いた歯を固定するマウスピースを装着し、安定させます。

↑TOPに戻る

06-6623-2401 初診予約 相談フォーム

小室歯科の専門サイト紹介

オフィシャルサイト インプラント専門サイト 予防歯科サイト
審美歯科専門サイト セレック専門サイト 求人案内サイト