最新NEWS

2008.01.20

メタボリックドミノ

このページでは、口腔衛生が、全身疾患を食い止めるために以下に大事であるか、お話ししようと思います。

メタボリックドミノ

皆さまは、メタボリックドミノという言葉を聞いたことがありますか?メタボリック症候群によって高血圧、肥満、高脂血症、高血糖の「死の四重奏」を引き起こしてしまうことをドミノ倒しに例えて、メタボリックドミノと呼びます。
最初のドミノは食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足や寝不足、ストレスなどの生活習慣の乱れです。
そのドミノが徐々に傾き始めていき、倒れることで次々とドミノが倒れてあっという間に透析、失明、下肢切断、脳卒中、心不全というような最終段階まで到達してしまうのです。
このようにならないためにも、最初のドミノを倒さないようにすることが大事なのです。

それでは、最初のドミノを倒さないためには、どのようにすればよいのでしょうか?まずは、生活習慣の改善が重要となります。食生活の見直しや運動不足の解消で、予防しましょう。食生活の改善を考えた時、“物を良くかめる”ということは大変重要です。

物を良くかめるために、大切なこと

それでは、物を良くかめるために大事なことは、何でしょうか?まず、一番に思い浮かぶのは、”歯を失わない”ということです。一般的によくある歯の欠損パターンは、まず、第一大臼歯を失うことです。それをきっかけにして、第二大臼歯を失い、欠損部分を補うため、残りの歯に過剰な負担がかかってついには歯がなくなってしまう、というパターンです。この、あたかもドミノ倒しのように歯の欠損が広がっていく様を、先ほどのメタボリックドミノになぞらえて、”欠損ドミノ”と呼ぶ先生もおられます(林揚春先生、武田孝之先生)。
ですので、日頃の口腔ケアーによって、まず最初の欠損を食い止めることが、万病のもととなります。