口腔機能低下症

口腔機能低下症

“口腔機能低下症”とは、加齢だけでなく、お口の機能の低下を引き起こす様々な病気や障害などが影響を及ぼしてお口の機能が複合的に低下している病態のことを言います。さらに口腔機能低下症が進行すると咀嚼機能不全、摂食嚥下障害が常態化し、全身的な健康が損なわれるようになります。

高齢者においては、むし歯や歯周病、入れ歯の不適合などのお口が原因であるだけでなく、加齢や全身疾患によっても口腔機能は低下しやすく、また、低栄養や廃用、薬剤の副作用等によって、より病気が複雑化します。
ですので、全ての高齢者にとって、ご自身の生活環境や全身状態を把握し、口腔機能を適切に管理することはとても大切なことと言えます。口腔機能低下の重症化を予防するため、かかりつけ歯科医師を持ち、中年期から継続的に口腔機能の診断と口腔管理の指導を受けることで口腔機能を維持、回復することが可能となります。

「食べ物が噛みづらい・飲み込みにくい」「お口の中が乾く」といったことでお困りの場合はお気軽に相談ください。

出典:日本歯科医学会 2018 口腔機能低下症に関する基本的な考え方

口腔機能低下症の診断について

当院は、口腔機能低下症の診断に必要な診断機器を全て揃えております。
診断をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

(1)診断基準

口腔機能低下症は7つの症状(口腔衛生状態不良、口腔乾燥、咬合力低下、舌口唇運動機能低下、低舌圧、咀嚼機能低下、嚥下機能低下)のうち、3項目以上該当する場合に口腔機能低下症と診断されます。

(2)口腔機能の精密検査

口腔機能低下症を診断するためには、7つの症状について精密検査を行います。

1:口腔衛生状態不良の評価

口腔衛生状態不良は、評価指標であるTongue Coating Index(TCI)を用いて、舌苔の付着程度により視診で評価します。
舌表面を9つの区域に分割し,各区域に対して舌苔の付着程度を3段階(スコア 0,1または 2)で評価し、合計スコアを算出します。TCI合計スコアが9点以上ならば口腔衛生状態不良と判定します。

2:口腔乾燥の評価

口腔粘膜湿潤度
口腔水分計(ムーカス™)を使用して、舌の先端部から約10 mm後方の舌背中央部における口腔粘膜湿潤度を計測します。
測定値27.0未満で口腔乾燥ありと判定します。

3:咬合力低下の評価

残存歯数
残存歯の本数を数えます。残根と動揺度3の歯を除いて残存歯数が20本未満の場合を咬合力低下とします。

4:舌口唇運動機能低下の評価

舌と口唇の巧緻性および運動速度を評価する方法であるオーラルディアドコキネシスで評価します。
/pa/、/ta/、/ka/それぞれの音節を10秒間できるだけ早く発音させ、発音回数を数え、1秒当たりの発音回数が6回未満で運動機能低下と評価します。
当院では、測定機器(健口くん™)により、判定します。

5:低舌圧の評価

低舌圧は舌圧測定により評価します。
舌圧測定器(JMS舌圧測定器™)のプローブを舌で硬口蓋に数秒間全力を用いて押し付け、最大舌圧を計測します。
最大舌圧が30kPa未満で低舌圧と評価します。

6:咀嚼機能低下の評価

咀嚼能力検査
2 g のグミゼリー(グルコラム™)を 20 秒間自由咀嚼させた後、10 mLの水で含嗽させ、グミと水を濾過用メッシュ内に吐き出させ、メッシュを通過した溶液中に溶出されたグルコース濃度を咀嚼能力検査システム(グルコセンサ ーGS-Ⅱ™)によって測定します。
グルコース濃度が100 mg/dL未満の場合を咀嚼機能低下と評価します。

7:嚥下機能低下の検査

嚥下機能低下は嚥下スクリーニング検査(EAT-10)または自記式質問票(聖隷式嚥下質問紙)のいずれかの方法で評価します。

  1. 嚥下スクリーニング検査(EAT-10)
    嚥下スクリーニング質問紙(The 10-item Eating Assessment Tool、EAT-10)を用いて評価します。合計点数が3点以上で嚥下機能低下と評価します。
  2. 自記式質問票(聖隷式嚥下質問紙)
    自記式質問票「聖隷式嚥下質問紙」を用いて評価します。15項目のうちAの項目が3つ以上で嚥下機能低下と評価します。