入れ歯

今の入れ歯に満足ですか?

今の入れ歯に満足ですか?現在、歯を何らかの理由で失われて、『取り外し式の入れ歯を使われている方』、または、『これから入れようとされている方』は多いのではないでしょうか?しかし、その入れ歯に完全に満足されている方は、少ないのではないでしょうか?

実際、入れ歯に対して、良く噛めない、話しにくい、食べ物の味がわかりにくい、見ためが悪いなどというお声を良く聞きます。結果、”歯の大切さは、歯を失ってから良く分かる”ということになるのです。

また、歯科はどんどん進歩しておりますので、歯が失われた部分への治療は、インプラントなど、入れ歯より快適で、より噛める治療法も一般的なものになってきています。

しかし、様々な理由により、インプラントに踏み切れない、または出来ない方はまだまだ多いのです

皆様の中にも、少し怖いとか、予算が合わないとか、全身の体調に不安があるとか、そういう理由でインプラントに踏み切れない方もおられるかと思います。
したがって、入れ歯は、今も、これからも歯が失われた部分への治療法として使われ続けるでしょうし、だから、これからもますます”良くかめる入れ歯”は大事なのです。 

小室歯科では、少しでも入れ歯を快適にお使いいただくために、昭和30年の開設以来、入れ歯治療に一貫して力を入れてまいりました。
故・小室史郎は、大阪大学の非常勤講師として、入れ歯治療について教育も行っていたほどです。その結果、小室歯科では、すべての入れ歯治療に対して独自の理論に基づいた治療を行い、患者さんにご満足いただいております。

また、当院では、このような入れ歯の問題を改善するため、さまざまな工夫を施した入れ歯をご用意しています。
入れ歯でお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。 

小室歯科の入れ歯は、手間暇かけて作っております

入れ歯の製作ステップについて

入れ歯を作るときに、患者さんに、”回数がかかりますね”、とご意見をいただくことがあります。

もちろん、できるだけ回数を少なく入れ歯を作成したい事は山々ですが、入れ歯の治療を、本当にきちんと行おうとすると、必然的に手間暇がかかり、時間がかかることもあります。

特に保険治療等の場合、一般の歯科医院では、するべきステップをとばすことで、早く入れ歯を完成させることがありますが、当院の入れ歯が、長年にわたって評価されている理由は、そのすべきステップを、愚直にしっかり踏み、結果、適合の良いものができる

と言うところにあるのです。

入れ歯の製作ステップを、ご紹介したいと思います。

Step1入れ歯の前処置

入れ歯の前処置入れ歯を作る前に、前もって歯型を取っておいて、最終の入れ歯の形や設計を、検討します。
歯型を取り全体像を見ることで、バネを設置するべき場所、そのために行うべき歯の形の修正や、虫歯処置等が、明らかになっていきます。
その計画に従って、入れ歯を作る粘膜の処置や、いらない歯の抜歯、歯の形の修正など、様々なことを行っていきます。
もちろん、事前に患者さんと相談して、お望みの入れ歯の状態について、色々と話します。

Step2個人トレーの作成

個人トレーの作成個人トレーとは、患者さんごとの、顎の形に沿った歯型取りの型枠のことです。
通常、写真のような、歯科用レジン(プラスチック)で作られます。これを作成することによって、より入れ歯を作る粘膜に均一に力がかかり、痛くない入れ歯が作成しやすくなります。
ついつい飛ばしてしまいがちなステップですが、当院では必ず作製して進んでいます。

Step3最終印象

最終印象いよいよ、入れ歯の最終の型取りをしていきます。金属入れ歯や、レジンの入れ歯など、材料によって型とりの材料を変えていきます。

Step4噛み合わせの型の採得

噛み合わせの型の採得多くの場合、欠損している歯が多いと、上の顎と下の顎の位置関係が安定せず、そのままでは、入れ歯を作れない場合があります。
そのような場合、写真のような道具を使って、患者さんの噛み合わせの位置関係を調べます。
この時、患者さんの昔の入れ歯の噛み合わせや、今の患者さんの顔の状態、日本人の平均的な噛み合わせなど、様々な指標を使って、最適な噛み合わせを探っていきます。

Step5人工の歯並びの選択

人工の歯並びの選択人それぞれに、似合う歯の大きさや、形、色は違うのです。
当院では、院内技工士が、それぞれの患者さんに最適な人口の歯を、ご相談しながら選ぶことがあります。

Step6金属フレームの試適

金属入れ歯の場合、金属フレームがきちんと患者さんの口の中に入るかどうか、完成前にご覧いただき、確認します。金属入れ歯の場合、このようなステップを踏むことができるので、より精密な入れ歯ができます。多くの場合、わずか10分ほどで終了するのですが、このようなステップをドクター、患者さんともに、おろそかにしないことで、より良い入れ歯ができるのです。

Step7完成

いよいよ入れ歯が完成します。様々な部分を調整しながら、患者さんのお口の中に入れていきます。噛み合わせも最終調整して、患者さんに見た目も確認していただき、完成となります。
患者さんが喜んでいただけるお顔を拝見できる瞬間で、我々も緊張しますが、反面、1番嬉しい瞬間です。
同時に、入れ歯は完成して終わりではないので、今後のおうちでの入れ歯のケア、残りの歯のケアについて、ドクターやスタッフから詳しい説明を行います。

Step8入れ歯の調整

入れ歯は完成しただけでは終わりでなく、必ずお口の中で馴染むまで数回の調整を必要とします。
このステップも、一般の開業医ではおろそかにしがちなステップですが、当院では、とことん患者さんに寄り添い、ご満足いただけるように最善を尽くします。

Step9メンテナンス

メンテナンス入れ歯や、残った歯を長く持たせるため、数ヶ月に1度、メンテナンスにお越しいただくのが、理想と考えます。
衛生士や、ドクターが、患者さんの歯や、入れ歯をメンテナンスします。

入れ歯の修理が迅速、確実

入れ歯の修理が迅速、確実入れ歯は、新しく作っただけではその後長く使用していただくことは出来ません。急な入れ歯の故障や、痛みに困られた方もおられるかとおもいます。

入れ歯には、噛むときに常に大きな力がかかっています。そのため、入れ歯の材料がその力に耐えられなかったり、入れ歯を支える歯が悪くなったりするからです。また、入れ歯を支える骨も、噛む力によって日々やせていくので、合わなくなってくるのです。 このように、入れ歯は常に修理、調整が必要なものなのです。

ところで、この様な入れ歯のトラブルは突然おこります。しかも、トラブル時に近々旅行や出張があったり、大事なスピーチがあったりすれば、大変お困りと思います。

この様なトラブルに対応するためにも、小室歯科では、院内に常に歯科技工士がおりますので、修理を迅速、確実に行えます。状況によってはその日のうちに修理完了できますので、ご相談ください。小さな修理であれば、朝御来院いただければ、夕方には修理完了できることもあります。

歯科技工士とは?

入れ歯、さし歯、金冠や矯正装置の製作、修理にあたるなど、歯科医療の一端を担う、近代歯科医療においては欠かせない医療技術者です。

装着感と快適性の両面を追求した高機能BPS義歯

BPSはリヒテンシュタインに本社を置くイボクラールビバデント社が高品質な入れ歯製作のために独自開発した生体機能的補綴システムです。

入れ歯は、分析、型取り、噛み合わせ、人工の歯の歯並びチェック、装着、調整など、多くの過程を経て作られ、また、そのそれぞれの過程が、確実に行われている必要があります。これまでは、それぞれの過程が、“匠の技”のような歯医者さんそれぞれの手作業に負うところが多く、デジタルデンティストリーが進歩した今でさえ、なかなかシステム化、規格化が難しい分野のひとつです。

しかし、このBPSシステムは、多くの過程を独自の道具、材料によりシステム化し、その完成度の高さから、ヨーロッパ諸国のみならず、米国の歯科大学・歯学部49校中23校が教育カリキュラムに取り入れられています。

つまり、患者さん一人ひとりの義歯製作に関して、一連の作業をBPSの定めた臨床技術に則して実践し、専用の高品質な材料や特殊な機器を使って義歯を完成させることで、従来型の義歯よりはるかに精密で、美しい義歯を製作することが可能です。また、品質も安定したものができることが期待できる、言うなれば“フルオーダーの義歯製作”システムです。

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、イボクラールビバデント社認定のBPSデンティストと、BPS認定技工士が在籍し、患者さんにBPS義歯を提供します。

違和感のない入れ歯

入れ歯を入れると、舌が動かせる範囲が少なくなるので、どうしても話がしにくくなります。また、大きな入れ歯をして粘膜を覆うと、食べ物の味がわかりにくくなることがあります。そしてなにより、大きい入れ歯の不快感は、大変なものです。

入れ歯のこのような問題を解決するために、当院では、様々な工夫を施した入れ歯をご用意しております。入れ歯の材質、形を工夫することで、ずいぶん入れ歯は快適になります。小室歯科では、ドクター、技工士がよくお悩みをうかがった上で入れ歯を作成していきますので、今の入れ歯にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

金属製の入れ歯

金属床保険適用のレジン(歯科用プラスチック)でできた入れ歯は、強度を確保するために、どうしても厚みが出てしまいます。そのため、異物感が大きく、喋りにくい、食べにくい、ズレやすい、といったマイナス面が生じ、患者様によっては「合わない」と感じるようです。また、レジンは熱の伝導効率が低いため、食べ物や飲み物の温かさ、冷たさを感じにくく、“味わい”という面でも優れているとは言えません。

こういった問題を解消するためにぜひご検討いただきたいのが、入れ歯の床部分が金属でできている「金属床義歯」です。
金属そのものが高い強度を持つため、入れ歯を薄く作ることができ、異物感が抑えられ、喋りにくい、食べにくい、ズレやすいといった問題を解消することができます。また、ご承知の通り金属は熱をしっかりと伝えます。温かさ、冷たさを十分に感じながら、飲食を楽しむことができます。金属ですから、もちろん耐久性にも優れます。

当院では、患者様のお口の状態やご希望に応じて、バイタリウム、チタン、金合金の金属床義歯をご用意しております。
薄く快適な入れ歯をお探しの方、現在保険の入れ歯を使っているけれどご不満がある方は、一度当院にご相談ください。

外れない見栄えの良い入れ歯

外れない見栄えの良い入れ歯入れ歯の見栄えで最も御不満が多いのが、クラスプ(入れ歯の維持安定を求めるために残っている歯に引っ掛けるツメのようなもの)の存在です。当院では、クラスプなどを隠し、入れ歯を入れていることをできるだけ悟られないような工夫を入れ歯に施すこともできます。また、会話中に入れ歯が外れない様、特殊な器具(アタッチメント)付きの入れ歯も御用意しています。

このような細工を施した入れ歯は、複雑な構造をしているので、技工士の技術がすごく大事になってきます。小室歯科の技工士は、長年の経験からアタッチメント入れ歯の扱いに習熟しております。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯は、残っている歯に加工を施し、それを入れ歯と連結させることで安定を得ます。
安定性に優れながら、バネ、バーなどはありませんので、審美性、異物感の少なさという点でもその良さを発揮します。
小室歯科では、4種類のアタッチメント義歯がありますので、お一人おひとりに合った義歯をご提案させて頂くことが可能です。

O-リングアタッチメント

O-リングアタッチメント残った歯の根に突起、義歯にゴムリングをセットし、ホックで留めるようにして、義歯を固定します。義歯がしっかりと固定でき、入れ歯が格段に快適で、咬みやすくなります。

磁性アタッチメント

磁性アタッチメント残った歯の根に、磁石などのアタッチメントを使うことで、義歯がしっかりと固定でき、入れ歯が格段に快適で、咬みやすくなります。
特徴は、O-リングアタッチメントそれほど違いませんが、O-リングアタッチメントより、若干固定力が弱い分、残った歯には優しいです。

コーヌスクローネ

コーヌスクローネ残っている歯の形を整え、その上に金属でできた内冠をかぶせます。その内冠にピッタリ合うようなかぶせ物を作り、新しい入れ歯を固定します。内冠と外冠の互いの摩擦力を利用してガッチリかみ合うことで、ガタつかず違和感も少ない入れ歯になります。
特徴は、O-リングアタッチメントとほとんど同じですが、かぶせ物の部分をセラッミックなどの綺麗な材料を使うことが出来るので、見た目の面ではピカイチです。

ロケーターアタッチメント

ロケーターアタッチメントロケーターアタッチメントは、2011年に日本でもインプラント用に認可されたアタッチメントです。
ロケーター・アタッチメントに樹脂の維持ディスクをはめこむだけのシンプルな構造ですが、維持力は良好で、磁性(磁石)アタッチメントよりも扱いやすいアタッチメントです。
樹脂の部分を取り換えることで、維持力を調節したり、劣化した時には取り換えることが出来ます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーこれまでの部分入れ歯は、金属のバネを残存歯に引っかけることで安定を得ていました。そのために、せっかく残った健康な歯に大きな負担をかけることになり、バネがかけられた歯の寿命が他の歯より早くなってしまうことがありました。

そこで開発されたのが、バネ(クラスプ)のない精密な入れ歯「ノンクラスプデンチャー」です。

バネではなく、入れ歯が歯を包むようにして安定を得るため、残存歯に余計な負担をかけません。バネがなくなったことで審美面でも大きなメリットがもたらされます。

あなたにあった人工の歯をお選びします

皆さんが、それぞれお気に入りの髪型や服装があるように、歯にも人それぞれの年齢、性別、性格に合った形があります。例えば、男性でしたら少し角ばった歯、女性でしたら丸い形の歯が似合うといった風にです。

また、歯の色が少し白いだけで、ずいぶん若々しく見えるものです。
入れ歯だから、、、とあきらめずにご自身にあった入れ歯の歯をお選びください。

インプラント(人工歯根)との組み合わせ

インプラントと組み合わせることで、さらに使いやすく、見栄えがよい入れ歯に出来ます。
インプラントといえども、人工物です。ですから、抜けた歯の数だけ、インプラントを入れることが出来れば、安定が増します。

しかし、インプラントをたくさん入れると費用がかかりますし、たくさん歯がない方はご高齢の方が多いので、年齢や体調の面で、大規模な手術には踏み切れないとご心配の方もおられると思います。
また、高齢化社会が進む中、最近では、もし、最終的に通院が困難になった時に、固定した状態のインプラントに炎症が起きた場合、修理や、メンテナンスがしにくいという問題も、起きてきています。

しかし、インプラントをほんの数本入れて、入れ歯をカチッと止めることができたとすれば、それはそれで相当患者さんのお口は安定し、物が良く咬め、“人生が豊かになる”と考えています。また、入れ歯を外して、残ったインプラントの部分だけ掃除するというスタイルをとれば、通院困難な状態でもメンテナンスしやすいという考え方もあります。

入れ歯を入れても、不安定で喋りにくかったり、噛み心地が物足りない方、また前歯が欠けているために入れ歯では見た目が気になる方には、インプラント(人工歯根)を組み合わせることでさらに元の歯に近い使いやすさ、見栄えを回復することが出来ます。

インプラントに特殊な器具(アタッチメント)をつけることで、入れ歯を止めるのです。

総入れ歯で、お困りの方へ:ミニインプラント

下の顎の総入れ歯は、内側に舌があるため、どうしてもがたつきがあり、“よく噛めない”、“よくしゃべれない”などの悩みをもたれる方が多いです。そこで、インプラントを利用して、こういう悩みを解決してほしいとおっしゃる方は、たくさんおられます。
しかし、インプラントをしようとしても、総入れ歯の人の場合、骨が少なかったり、たくさんインプラントを入れるため手術が大掛かりになったり、費用が高額だったりと、しり込みされる方も多いのも事実です。
そこで、そのような方に、小室歯科ではミニインプラントというものを使用しております。

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ