入れ歯の種類と治療

BPS義歯

BPSシステム「Biofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)」とは?

BPS義歯「BPS」とは、Biofunctional Prosthetic System(生体機能的補綴システム)の略で、「よく噛め」「痛くなく」「外れない」「美しい」入れ歯を作るためのシステムです。

このシステムによって作られた入れ歯を、「BPS義歯」と言います。

通常、入れ歯を作るとき、上の顎と下の顎から別々に型取りをします。BPS義歯は、口を閉じた状態で、上下の顎の型取りを一度で行います。このことで、噛むときに複雑な動きをする口の中の動き方を正しく捉え、患者様一人一人のお口の動きに合った入れ歯が作れるようになりました。

また、入れ歯の製作工程がシステム化されており、歯科医と歯科技工士の間で必要なコミュニケーションが効率化されたため、ご希望を正確に反映された入れ歯を短期間で作れるようになったことも、BPS義歯の大きな特長です。

BPS義歯の製作工程

1回目

セントリックトレーという道具でおおよその咬み合わせを調べます。
アキュデントシステムという道具で、顎の型をとります(概形印象)
*これを利用して、技工士が、咬合器に模型を装着し、精密な顎の型とりの道具(個人トレー)、及び顎の噛み合わせをとる道具(ナソメーターM)を製作、装着します。

2回目

個人トレーを使い、機能印象(精密印象)
ナソメーターMにより顎の精密な位置関係採得(ゴシックアーチ描記)
患者さんとお話ししながら、患者さんにあった大きさ、形、色の人工歯を選びます。
*これを受けて、技工士が、再度咬合器に装着します。

3回目

蝋で作った義歯の試適、咬み合わせの位置の確認
服で言う試着を行います。

4回目

完成義歯の装着
必要に応じて調整

BPS国際ライセンスとは?

  • BPS国際ライセンス証書
BPS国際ライセンスとはイボクラールビバデント社から、一定の講習を受けることで取得することができるもので、BPS入れ歯を作ることが出来る、いわば免許証のようなものです。
義歯は、歯科医師の技術と、技工士の技術が合わさって初めて良いものができます。

当院では、BPS国際ライセンスを取得したドクターだけではなく、技工士も常駐しており、これは、全国でも多くはありません。

また、技工士が院内に常駐していることにより、常にドクターとコミュニケーションをとりながら仕事出来るだけでなく、ステップごとに患者さんと直接お話しして、ご希望を伺うことができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー一般的な入れ歯といえば、クラスプ(留め具)を隣の歯に引っかける方法で固定されます。

ノンクラスプデンチャーは、留め具のない、新しいタイプの入れ歯です。
金属の留め具がなく、歯肉部分は半透明の審美性に優れた薄い素材を使用していますので、自分の歯と歯肉のような、自然で快適な装着感を実現することができました。

「入れ歯のエステ」と呼ばれるほど優れた美しさを持ち、ぴったりとフィットしてくれます。もちろん、金属アレルギーの心配もありません。


また、留め具のように隣の天然歯に偏った負荷をかけないため、周囲の天然歯や歯肉に優しい入れ歯と言えます。汚れやにおいの付着しにくい素材でできているため、お口の中を清潔に保てるのも、ノンクラスプデンチャーの特長です。

ノンクラスプデンチャーの特徴は?

1、金属のバネがない
材質が半透明で歯ぐきの色調が同化することで入れ歯が入っている様には見えません。

2、体に優しい
金属のバネがないことにより、金属アレルギーの心配もありません。

3、快適
破折に強く弾力性がある素材のため薄く仕上げることができ、お口の中が快適です。

4、清潔
汚れ・匂いが付きにくい素材です。

ノンクラスプデンチャーはこのような方にオススメ
  • 保険で作った入れ歯の金属が目立って気になる方
  • 唇や舌に違和感を感じる方
  • 差し歯のフリッジが嫌な方
  • インプラントの修復が難しいと診断された方
  • 費用を抑えたい方
  • インプラントが良かったけど、十分な骨量がない方
小室歯科では、最新のレジン素材エステショットをノンクラスプデンチャーに使用します

エステショットは、従来の入れ歯用レジン(歯科用プラスチック)にない特徴を備えた、ノンクラスプデンチャー用に開発された素材です。
また、従来のノンクラスプデンチャーの最大の欠点であった修理が困難な点を、克服しています。

特徴
  • 従来の入れ歯より美しく透明感がある
  • 適度な弾力性があるため、入れ歯を装着する際に優しくフィットする
  • 汚れが付着しにくいため、匂いも気にならない
  • 修理が可能
  • 純日本製

アタッチメント義歯

O-リングアタッチメント

O-リングアタッチメントアタッチメントタイプの入れ歯です。アタッチメントタイプとはつまり、「引っかける」のではなく「取り付ける」という意味です。

「Oリングアタッチメント」は、残った歯の根に突起を、入れ歯にゴムリング(O-リング)をセットし、ホック形式で取り付けが可能な、強力に固定することのできる入れ歯です。しっかりと入れ歯を固定できるため、浮き上がりもなく、食事や会話もストレスなく行っていただけます。また、普通の入れ歯より強く噛むことができます。

入れ歯の大きさも最小限に留められ、お口の中での異物感も抑えられます。
金属の留め具がなく、周囲から入れ歯を使用していることに気づかれにくい、機能性と審美性に優れた入れ歯です。

O-リングアタッチメントだと・・・

  1. 入れ歯だと他の人にはわかりません
    部分入れ歯に必要な金属のバネが必要ないので、見た目がとても自然です。
  2. 浮き上がりがありません
    ゴムリングの力で義歯と歯をくっつけるので、ぴったりフィットします。おしゃべりもしやすいです。
  3. 装着した感じが自然です
    ゴムリングで固定されるので、義歯の面積(大きさ)を小さくできます。それによって、異物感を少なくできます。
  4. 強い力でかむことができます
    かむときの力を、粘膜だけでなく、残った歯でも負担するのでより強いかむ力にも対応することができます。

磁性アタッチメント

磁性アタッチメントアタッチメントタイプの入れ歯です。アタッチメントタイプとはつまり、「引っかける」のではなく「取り付ける」という意味です。
「磁性アタッチメント」は、その名の通り、磁力を使って固定するタイプの入れ歯です。残った歯の根に磁性金属を、入れ歯に小さい磁石をセットし、磁石と金属が引き合う作用を利用して入れ歯を固定します。固定力は「O-リングアタッチメント」にやや劣りますが、その分歯や歯肉に優しい性質を持ちます。浮き上がりがなく、食事や会話もストレスなく行っていただけます。入れ歯の大きさも最小限に留められ、お口の中での異物感も抑えられます。
留め具がないため、周囲から入れ歯を使用していることに気づかれにくい、機能性と審美性に優れた入れ歯です。

磁性アタッチメントだと・・・

  1. バネなどの入れ歯と分かるものが見えません
    バネではなく、磁力で安定を得ますので、自然な審美性が再現されます。
  2. 安定性に優れます・安定性が長持ちします
    磁力が長期間維持され、安定性が優れた状態で長く使うことができます。
  3. 装着が簡単です
    磁力によって引き合うため、ある一定方向から入れ歯を差し込む必要がなく、装着が簡単です。

コーヌスクローネ

コーヌスクローネ残存歯の形を整え、その上に金属製の内冠を取り付けます。そしてその内冠とぴったり合う外冠と、外冠を覆うような人工歯列(入れ歯本体)を作製すれば、完成です。この入れ歯は、内冠に外冠を被せるようにして装着します。
内冠と外冠がぴったりかみ合うことで、ガタつきが抑えられ、しっかりと強く噛むことができます。
また、人工歯列にはセラミックを使用することも可能ですので、自費診療で作る入れ歯の中でも、特に高い審美性を再現できます。隙間が少なく、お手入れも簡単です。

コーヌスクローネだと・・・

  1. 見栄えの良い入れ歯の中でも、特に審美性に優れます
    バネなどの目立つ部位がないのはもちろん、人工歯にセラミックを使用することも可能ですので、口元の美しさを追求することができます。
  2. 強く噛むことができます
    その構造から、がたつきが少なく、まるで天然歯のように強く噛むことができます。
  3. お手入れが楽になります
    隙間が少ないために汚れの蓄積を防ぎ、お手入れが楽になります。

ロケーターアタッチメント

ロケーターアタッチメントまるでボタンのように、「カチ」と取り付けることができるアタッチメントを採用した入れ歯です。
インプラントの頭頂部に取り付けたロケーターアタッチメントに、入れ歯の裏側に取り付けた樹脂製のディスクをはめ込むことで安定を得ます。

アタッチメント義歯といえば磁性アタッチメントがよく知られていますが、ロケーターアタッチメントはより高い維持力を再現できます。

樹脂製のディスクは交換可能で、長期の使用にも適しています。また、さまざまなレベルの維持力を持つディスクが用意されており、調整が可能な点も大きな特徴です。

ロケーターアタッチメントだと・・・

  1. 維持力が適切で、調節可能です
    強すぎず、弱すぎず、最適な強さに調節できます。
  2. 劣化したら樹脂の部分を交換可能です
  3. インプラント同士の角度が平行から少々ずれていても、取り付けることが出来ます
    専門的な話ですが、これによってこのアタッチメントを適応できる患者さんの幅が広がります。

金属床

金属床保険適用のレジン素材の入れ歯は、強度の問題からある程度の厚みが必要になります。この厚みは、お口の中での違和感となり、食事や会話に多少の不都合が生じることになります。熱の伝導率が悪いレジン素材の入れ歯の場合、食べ物・飲み物の温かさや冷たさを感じにくく、自然、味も分かりにくくなります。
小室歯科では、そういった問題の解決のため、金属床の入れ歯をご用意しております。強度が確保されるため、入れ歯の厚みは最小限に抑えられます。その薄さにより、喋りにくいということもありません。また、熱の伝導率もよく、温かいもの、冷たいもの、そしておいしさをしっかりと感じられます。
金属床の素材は、金合金、コバルトクロム、チタン、バイタリウムなどをご用意しており、患者様のご希望、症状、ご予算に合わせて、最適なものをご提案させていただきます。

レジン床義歯(保険)と金属床義歯(自費)の床の厚みを比較

レジン床義歯 

金属床義歯

1.7mm~2.4mm程度(床部分の厚み)
一定の強度を確保するため、ぶ厚くなる
0.4~0.6mm程度(床部分の厚み)
材料そのものに強度があるため、薄く作れる

レジン床義歯と金属床義歯の床部分の厚みの違いは、上記のようになっています。 引き算をすると、最大2mmの違いです。それくらいなら気にならない、と決めつけるのは早計です。口腔粘膜は指先などと比べても敏感で、たとえば髪の毛1本(0.06mm〜0.1mm)が口に入っただけで、すぐに気づき、吐き出したくなります。これは、私たちヒトにとって、異物が肌に触れるよりも、口腔粘膜と触れることの方がリスクが大きいためにできた身体の作りです。 このことから、レジン床義歯と金属床義歯の厚みの違いは、たった2mmであっても、実際に装着したときの異物感の違いは、かなり大きなものとなることが分かります。

金属床の特徴は?
  1. 薄く快適
    レジン床の約3分の1の薄さが可能(バイタリウム床)ですので、違和感も少なく、お口の中が広く感じます。
  2. 温度を良く通す
    熱さや冷たさも味わいのひとつです。
    金属床は温度をよく伝えるのでおいしく食事ができます。
  3. 丈夫で、残った歯にも優しい
    部分入れ歯の場合、残っている歯にバネを引っかけますが金属床の入れ歯はその残っている健康な歯にあまり負担を掛けません。
  4. 修理も出来ます
    金属の入れ歯は修理が難しいのでは?というご質問を良く受けますが、最近の材料技術の進歩により、修理も容易に出来るようになっております。
  5. 清潔です
    レジンは、吸水性があり、表面に細かい穴が無数にありますので、どうしても不潔になりがちです。しかし、金属はそのようなことがありませんので、常に清潔に保つことが出来ます。
  6. 入れ歯の歯を患者さんに合わせて選びます
    皆さんが、それぞれお気に入りの髪型や服装があるように、歯にも人それぞれの年齢、性別、性格に合った色、形があります。小室歯科では、金属入れ歯を作成時に、患者さんにあった入れ歯の歯を選びますので、綺麗に仕上がります。
小室歯科では、いろいろな種類の金属を使用しております
バイタリウム(co-cr

もっともスタンダードな材料で、ニッケルやベリリウムなどを含有していないので、生体親和性に優れています。細工がしやすいので、あらゆる顎の状態に対応できます。

  • 保険の入れ歯の約3分の1の薄さ
  • 細部まで強度を維持できる
  • 飲食物の温かさ、冷たさをしっかりと伝える
チタン

軽く、人体に対して優しいため、最近よく使用されるようになった材料です。バイタリウムよりもさらに薄く出来るので、特に違和感少なく仕上げることが出来ます。金属アレルギーの恐れが少ない。

  • 保険の入れ歯の約4分の1の薄さ
  • ニッケルクロム合金・コバルトクロム合金の約2分の1の重さ
  • 身体に優しい(生態親和性が高い)
  • 飲食物の温かさ、冷たさを自然な形で伝える
  • 金属アレルギーのリスクが低い
金合金

サビや変色がないので、金属の強さ、しなやかさを保ち、歯や歯ぐきにも優しく、入れ歯の寿命が長い。現在存在する材料の中で、最も顎にピッタリと適合します。

  • 加工がしやすく、フィット感に優れる
  • 身体に優しい(生態親和性が高い)
  • 口腔内でさびにくい
  • 金属アレルギーのリスクが低い

ミニインプラント

インプラント治療を利用して、総入れ歯を安定させる装置です。実際のインプラントに比べると劣る部分はありますが、総入れ歯を使用するよりも快適に食事をしていただけます。インプラントよりも費用が安く、手術後から通常の食事が可能なところが大きなメリットです。

ミニインプラントとは?

ミニインプラントとは、インプラントの技術を利用した、まったく新しいタイプの総入れ歯安定装置で、メリットについては本当のインプラントには及ばないのですが、通常の総入れ歯を使うよりもずっと快適な食生活がお楽しみいただけます。

費用がインプラントよりは安価なうえ、手術も簡単で済み、歯茎の切開や出血もないので、施術を受けたその日から普通に物を食べる事ができます。

少し麻酔をして、直径1.8ミリの細いチタン製のネジを歯ぐきの上から埋め込みます。痛みはありません。そして入れ歯の裏側に特殊な金具を付けてちょうどホックで留める様に入れ歯とネジとカチッとかみ合い簡単に入れ歯を留めたり外したり出来ます。治療は短時間です。
ミニインプラントは、インプラントと総入れ歯のちょうど中間に位置する、新しいタイプの技術と言えます。

ミニインプラントの特徴は?

  • 治療は1回の来院で終了します。
  • 麻酔をして治療します。
  • 歯ぐきを切ったりしません。
  • 治療後すぐに食事が出来ます。
  • 痛みは殆どありません。
  • 入れ歯が動かなくなります。
  • 入れ歯の着脱が自由です。

ミニインプラント治療の流れ

Step1 麻酔をします

通常の歯科で使う麻酔をします。いつも歯を削ったりする時の物と同じです。量もそれほどたくさんしません。

Step2 ドリリング

歯ぐきの上から骨の表面にプツッと小さな穴を開けます。

Step3 植立

ミニインプラントをドライバーに固定してゆっくりねじ込んでいきます。

Step4 入れ歯の調整

インプラントの頭に金具を取り付け、その金具を入れ歯の裏側に固定します。