ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは

ノンクラスプデンチャー一般的な入れ歯といえば、クラスプ(留め具)を隣の歯に引っかける方法で固定されます。

ノンクラスプデンチャーは、留め具のない、新しいタイプの入れ歯です。
金属の留め具がなく、歯肉部分は半透明の審美性に優れた薄い素材を使用していますので、自分の歯と歯肉のような、自然で快適な装着感を実現することができました。

「入れ歯のエステ」と呼ばれるほど優れた美しさを持ち、ぴったりとフィットしてくれます。もちろん、金属アレルギーの心配もありません。


また、留め具のように隣の天然歯に偏った負荷をかけないため、周囲の天然歯や歯肉に優しい入れ歯と言えます。汚れやにおいの付着しにくい素材でできているため、お口の中を清潔に保てるのも、ノンクラスプデンチャーの特長です。

ノンクラスプデンチャーの特徴は?

1、金属のバネがない(従来の入れ歯より美しく透明感がある)

材質が半透明で歯ぐきの色調が同化することで入れ歯が入っている様には見えません。

2、体に優しい

金属のバネがないことにより、金属アレルギーの心配もありません。

3、快適(適度な弾力性があるため、入れ歯を装着する際に優しくフィットする)

破折に強く弾力性がある素材のため薄く仕上げることができ、お口の中が快適です。

4、清潔(汚れが付着しにくいため、匂いも気にならない)

汚れ・匂いが付きにくい素材です。

5、修理が可能

6、純日本製

ノンクラスプデンチャーは奥歯1本からできる?

これまでの入れ歯は、どうしても、残った歯にクラスプと言う、金属製のバネを引っ掛けて固定するため、クラスプが、前歯に近い部分であると目立って見た目が悪いと言う欠点がありました。そういう患者さんに、ノンクラスプデンチャーは有効ですので、最近では希望される患者さんが増えてきています。 入れ歯ですので、もちろんたくさんの歯がなくなった部分に作成することもあります。 しかし、最近では、前歯や、小臼歯の1本だけ歯が抜けたところに、ノンクラスプデンチャーを希望される患者さんも増えてきました。通常、歯が1本だけない場合、インプラントや、横の歯を削ってブリッジ(大きなかぶせ)を適用する場合がほとんどですが、横の歯が揺れていて弱い場合や、どうしても歯を削られたくない場合。また、全身的な御病気などで、インプラントが難しい場合など、ノンクラスプデンチャーが適用されます。 もちろん、ノンクラスプデンチャーも、目立たないバネに類するものを、横の歯にひっかけますので、歯に負担がかからないとは言えません。しかし、歯を削る量は、ほんの小さな凹みのようなものを作る程度ですので、大きくなく、患者さんにも受け入れていただきやすいようです。残りの歯を保護するためのさまざまな工夫をすることもできますので、小さな歯の欠損に、入れ歯を入れたいのだけれども、目立つのは嫌だ、と言う方は、ご相談いただければと思います。

ノンクラスプデンチャーはこのような方にオススメ

  • 保険で作った入れ歯の金属が目立って気になる方
  • 唇や舌に違和感を感じる方
  • 差し歯のフリッジが嫌な方
  • インプラントの修復が難しいと診断された方
  • 費用を抑えたい方
  • インプラントが良かったけど、十分な骨量がない方

小室歯科では、最新のレジン素材エステショットをノンクラスプデンチャーに使用します

エステショットは、従来の入れ歯用レジン(歯科用プラスチック)にない特徴を備えた、ノンクラスプデンチャー用に開発された素材です。
また、従来のノンクラスプデンチャーの最大の欠点であった修理が困難な点を、克服しています。

ノンクラスプデンチャーの費用

ノンクラスプデンチャー(欠損の大きさにより違います) 100,000円~300,000円
初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ