口臭・口内炎が気になる原因と治し方

口臭

人と喋っている時に、時にきになる口臭。最近は、エチケットとして、口臭を気にされる方も多くなって来ました。その口臭の原因と治療法をお伝えします。

原因

口臭口臭の原因として、硫化水素やメチルメルカプタンなどの「揮発性硫黄化合物(VSC)」が挙げられます。私たちの口の粘膜などが剥がれ落ちた垢のようなものが、舌の表面に溜まり、舌苔(ぜったい)となります。
口臭の6割程は、舌苔から起こると言われています。また、歯周病菌は、メチルメルカプタンという、悪臭を放つ物質を放出しますので、歯周病は、口臭の原因となっています。

口臭の分類

【生理的口臭】

【生理的口臭】起床時、緊張時、空腹時、月経時、加齢、喫煙によって発生する口臭です。

【病的口臭】
  • お口の中の病気(むし歯・歯周病等)による口臭
虫歯や歯周病により口の中に食べかす(歯垢)がたまると、その中の細菌がだす悪臭や、細菌を原因とする炎症による膿により、口臭がします。

  • 入れ歯、詰め物・被せ物の不具合による口臭
これらの部分にも、歯垢は溜まりやすく、口臭がします。

  • 唾液分泌量の低下によって発生する口臭
唾液は、口の中を殺菌し、プラークを洗い流し、清潔に保つ働きがあります。しかし、加齢や睡眠不足、禁煙などによって唾液の分泌量が低下すると口臭発生の原因となります。

  • 内臓が原因の口臭
風邪を引いたり、胃腸内の環境が悪化すると悪玉菌が優勢になり、腸内で毒素や有害物質が産生されます。

  • 蓄膿症が原因の口臭

 

治療法

【生理的口臭】

【生理的口臭】多くの場合、起床後の洗口や、歯磨きにより、解消されます。
また、当院では、次亜塩素酸の洗口液も併用し、口臭予防に効果を出しております。

【病的口臭】

それぞれ原因となっている病気の治療や、修復物の交換・修復、唾液分泌の改善などにより改善が見られます。

口内炎

口内炎とは、口の粘膜やその周辺に引き起こされる炎症のことです。
知らない間に、お口の中に出来ていて、痛く、集中力もかけがちになる、嫌な存在である口内炎。多くの場合、”まあ、そのうちに治るか”、という感じで放置される事が多いのですが、原因や、治療法は様々です。

原因

口内炎とは、舌、歯肉などの粘膜に生じる炎症反応です。疲れたとき、免疫力が低下しているとき、口内の傷口などをきっかけとして発生します。

1、アフタ性口内炎
ごく一般的な口内炎で、単独や、複数、白いアフタとなって存在する白い潰瘍です。大きさも、様々ですが、多くのものは、数日から数週間で消えて無くなります。
再発する事もありますが、そのときは、再発性アフタと言います。
なかなか治らない時は、全身的な疾患が伴う事も有りますので、軽視は出来ません。

2、入れ歯や矯正装置が原因のもの
入れ歯のばねや、矯正治療のワイヤー、虫歯の尖ったところなどが、粘膜に当たると、傷になって、口内炎になります。

3、ヘルペス性の口内炎
ヘルペスは、神経の中に潜伏し、口内炎を発症します。

4、カビの一種である、”カンジダ菌”が原因のもの
カンジダ菌は、お口の中に常に存在する常在菌ですが、免疫の低下、お口の乾燥、抗生物質やステロイドなどの薬品の長期間の服用など、体のバランスが崩れることによって、発症する事があります。
お口の粘膜だけでなく、舌にも広がる事が特徴です。

5、金属アレルギーが原因のもの
被せ物、詰め物、入れ歯には、多くの金属が使われています。それが直接粘膜に接触したり、お口の中にとけ出したりして、口内炎の原因になります。

治療法

レーザー照射

アフタ性のものは、レーザー照射により殺菌し、炎症を改善します。ほぼ痛みなく受けていただけます。

薬物療法

患部に抗生物質などの直接炎症を抑える薬を塗ったり、サホライドなどのタンパク質を固める薬を塗ります。

口内のメタルフリー化

詰め物、被せ物など、金属を原因として起こる口内炎には、それらをセラミックなどの身体に優しい素材に交換すれば、症状が改善します。

細菌やウイルスなどの原因除去

ヘルペス、カンジダなど、細菌やウイルスが原因のものには、投薬、お口の清掃などで原因除去をしていく必要があります。

予防

口のなかを清潔に保つ

口内炎の多くは、お口の中の細菌が関係していますので、日頃からお口の中を清潔に保つことは大事です。日々のブラッシング、歯科医院でのケアー、不適合な被せ物の除去、虫歯の治療など、効果的な洗口など、色々と日頃から行えることはあります。

また、義歯の周辺や、舌など、気づきにくいところにも、細菌繁殖は起こりますので、注意が必要です。

口の乾燥を防ぐ

唾液は、口の中の細菌を洗い流す役割がありますので、お口が乾燥していると、細菌が増殖しやすくなります。

乾燥する原因は、加齢による唾液の減少、全身疾患に関係すること、口呼吸など、色々な原因がありますが、それぞれの状況にあった治療が必要かと思います。