歯茎から血が出る原因と治し方

食事をしている時や、歯磨きの後など、歯茎からの出血を気にされる方は、本当に多いです。多くの場合、早めの対処により、改善可能ですので、気になられる方は、ご遠慮なくご相談ください。

原因

お口の中に傷などがなければ、ほとんどの場合は歯周病が原因だと考えられます。歯に大きな穴があいたような重度のむし歯が原因で歯肉から出血することもありますが、その場合も歯周病を併発しているケースがほとんどです。

  1. 大きな虫歯があり歯茎の下まで進行している
    虫歯が大きく、歯茎の下まで進行している場合、その部分が歯肉の炎症により出血します。この場合、その部分に食渣が詰まって痛んだり、その部分だけ出血したりするのが特徴です。
  2. 歯のかぶせ物がうまく合っていない
    歯のかぶせ物がうまく合っていない場合、その部分にプラークがたまり、その中の細菌が原因で、歯肉の炎症を起こします。この場合も、その部分だけに、出血が見られることが多いです。
  3. 歯肉炎や歯周病など歯ぐきの病気で、歯ぐきが炎症を起こしている
    これが一番多い原因です。実は歯ぐきからの出血の原因のうち、90%以上が歯周病によるものなのです。歯磨きが不十分な場合、歯垢が歯ぐきと歯の間に溜まり、歯垢に付いている細菌が歯ぐきに沈着、侵入します。その最近の出す毒素と、歯肉の防衛反応が炎症として現れ、出血となります。初期の頃は、炎症は歯肉の中だけにとどまっていますが、進行すると、歯の周りの骨も溶かしていきます。その他、歯ぐきの炎症は糖尿病や白血病、更年期、ビタミンC欠乏症、妊娠などで起きることもあります。歯ぐきからの出血は早めに治療を受けるべきサインです。
  4. 根の先の炎症
    歯根の中には、血管や神経が通っている穴(根管)があります。この中を治療すると、その部分に細菌が侵入することがあり、それが原因で、根の先に炎症を起こすことがあります。この場合、根の先を押すと痛みがあったり、出血したりします。

治療法

治療法

歯周病の場合、痛みがなければ、まだ初期段階だと考えられます。歯周病の原因となる歯垢を徹底的に除去し、またその清潔な状態を維持できるようなブラッシング指導を受ける必要があります。

また、虫歯や被せ物が原因の場合、虫歯の除去、およびかけた部分の治療、被せ物のやりかえなどが必要になります。虫歯が深い場合、歯列矯正を併用しての治療を行い、歯を残したり、あまりに大きい場合は、抜歯も検討する必要があります。

根管が原因の場合、根の治療(根管治療)を行い、炎症の原因を除去していきます。

何れにしても、歯肉の炎症除去の基本は、定期的な歯科医院でのケアーと、お家でのケアーです。
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、衛生士による歯ブラシ指導や、定期ケアーにも熱心に取り組んでおりますので、ぜひご相談ください。

よくある質問

歯茎から血が出たら、歯肉炎か歯周病の可能性が高いでしょうか?それ以外に考えられるものはありますか?

歯茎から血が出る原因は、上記の原因以外では、知らない間にお口の中の傷があったり(これは、外傷以外にも、合わない被せ物や入れ歯、歯が欠けてギザギザになっている、なども原因に考えられます)、また、腫瘍などの原因を考える場合もあります。

出血がみられた段階で歯医者に行った方がいいですか?

出血には、色々な原因が考えることができますが、腫瘍などの重篤な状況も考えられますので、早めの受診をお勧めします。また、単なる炎症が原因であっても、原因を除去しなければ治りませんので、その意味でも、受診をお勧めします。

子供の歯茎からの出血している原因は何が考えられますか?

子供にも歯周炎はありますが、子供の出血では、他に外傷や、抜けかけの乳歯の影響での出血が考えられます。

歯を磨いた時に歯ブラシが血だらけなのは、歯周病のはじまりのサイン?

その通りです。歯周炎による炎症で、歯肉に血流がたまります。そこは刺激に弱く、歯磨きなどの刺激によって出血するのです。また、これまで出血が無かったのに、急に出血する、と言ったときは、歯がかけていたり、揺れがひどくなっていたりと、何か炎症を急に悪化させる原因があると考えられますので、早めに歯医者さんにご相談ください。

歯を磨く時についつい強く磨き過ぎていつも血がでます。単純に磨き過ぎですか?それとも歯肉炎や歯周病の可能性があるのでしょうか?

勿論、歯肉炎や歯周病の可能性がありますが、歯ブラシがあっていなかったり、歯ブラシの仕方に問題がある場合もありますので、衛生士さんなどによる相談が必要かもしれません。