最新NEWS

2021.04.13

妊娠期に診られる身体とお口の中の変化と歯科受診のタイミング

妊娠期に診られる身体とお口の中の変化と歯科受診のタイミング

こんにちは。歯科衛生士のKです。

本日は【妊娠期に診られる身体とお口の中の変化と歯科受診のタイミング】に関しての内容を掲載しています。

少子化問題が示唆されている中、数は減っているものの毎日のように絶え間なく新しい生命が誕生しています。

私たち、歯科衛生士はお母さん、その赤ちゃんがお腹の中にいるときからその健康をお守りする役目があります。

子供の虫歯予防は実は‘’-1歳から‘’と言われています。

お母さんの口の中が健康的であれば、子供の将来の歯を守ることができます。
妊娠期は、特有の女性ホルモンの影響で、口の中や体に大きな変化をもたらします。

しかし、健康への意識も高まる時期です。
共に乗り越えていきましょう!

では、妊娠中は身体全身でどのような変化があるのでしょうか?

→ホルモンバランスの変化です。

特にエストロゲン、プロゲステロンと呼ばれるホルモンは妊娠から分晩まで右肩上がりで上昇していきます。

妊娠期の身体の主な症状は?

→つわり、頻尿、便秘、鉄欠乏性貧血、腰痛、動機や息切れ、眠気、不眠、精神の不安定、免疫力の低下などがみられます。

妊娠期のお口の中の主な症状は

→歯肉炎、歯周炎、妊娠性エプーリス(歯と歯の間の歯茎がぷくっと異常に腫れあがる)、親知らずの腫れ、う蝕(虫歯のこと)、酸蝕症(虫歯菌が原因ではないが歯が溶ける病状)、知覚過敏症、地図状舌、口内炎、口臭、健康な歯の原因不明の痛みなどが見られます。

少し堅苦しくなってしまったので簡単に説明します。

まず、妊娠すると身体の中でホルモンバランスの変化が起こります。

それにより、唾液の出る量に変動が起こりやすい

唾液とは
  1. 口の中の汚れを洗い流す
  2. 虫歯になりにくい環境にしてくれる
  3. 口の中を湿らせ粘膜を保護する
  4. 歯を修復する力を持っている
  5. 消化を助ける

などの力があります。

唾液量が少なくなる+ホルモンバランスの変化でつわりが起きる。

つわり中は、歯磨きが難しくなると考えると・・・

口の中では、菌が繁殖し、歯茎は腫れ(歯肉炎、歯周炎、妊娠性エプーリス)、歯は溶かされ(う蝕、酸蝕症、知覚過敏症)、結果→口臭なども引き起こします。

さらに続けば、歯周炎は歯周病(骨すら破壊する)へと進行していき

歯周病菌が体内へ侵入→炎症作用を引き起こす→子宮を収縮させる→早産、低体重児出産という最悪の事態につながります。

さらに、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症などの合併症、さらには歯周病は不妊症にも関連することが分かってきました。

無知ほど怖いものはありません。

こうならないためにも、ブラシの工夫や周りの助け、歯科衛生士や歯科医師との連携、ひいては歯科受診の大切さをご理解いただければ本望です。

しかしながら、妊娠中は気持ち的にも鬱であったり、身体のあらゆるところに痛みや自律神経の乱れからくるコントロールの効かない不調などを考えると、ただでさえ苦手意識の高い歯科受診を乗り気で行こう!

なんて精神には...、こんなに偉そうに記事を書いている私もなれそうにありません(笑)

こんな時こそご自宅から受けられるオンライン相談でご相談してみてはいかがでしょうか?

ご自身の体調の優れているときに、好きな時間に、ご自宅のスマホやパソコンから受診することが可能です!

オススメの歯ブラシや、歯磨き粉、注意事項などもお伝えしていきたいと思います。

続いて歯科受診のタイミングですが、ご相談、アドバイス程度ならオンラインで十分かと思いますが、治療となると実際に来ていただかなくてはありません。

基本的に妊娠中期5~7か月目に通常の歯科治療を推奨させていただいています。
無理をしないことが妊娠中は大切なので、担当医と話し合い治療を進めていきましょう。

もちろん中期まで我慢する必要はなく、初期、後期でも症状があればお電話ください。
体勢に気を付け、体調に合わせて治療を行います。

次回は、妊娠期中のブラッシングのコツや疑問点の解決についての内容です。
ありがとうございました。

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ