歯が痛くて寝れない原因や治療法・対処法

寝れないほど、歯が痛いというあなたへ

寝れないほど、歯が痛いというあなたへ寝れないほど、歯が痛い、と言う主訴は、当院のお越しになられる患者さんの中でも、まだまだ多くおられます。

歯の痛みが強いと、社会生活を行えないだけでなく、非常に不安なものです。

痛みが起こる原因や治療法について解説いたします。

歯が痛い主な原因について

歯が痛む、主な原因は、歯の中の歯髄と言う神経の炎症か、歯と骨の間にある”歯根膜”と言う部分の神経が、炎症を起こしているかがほとんどです。

歯髄の炎症は、主に、虫歯が進行していたり、歯にヒビが入ったり、破折したりすることによって起こります。

歯根膜の炎症は・・・
  • 歯周病によって、歯の周りの骨が痩せていて、噛む力に耐えられなくなって、痛みが起こる場合。
  • 硬いものを噛んだりして、急にいつもと違う方向から、強い力がかかった場合。
  • 歯髄が壊死してしまっていて、その中に細菌感染が起こり、歯の先に炎症が起こっている場合。

などが考えられます。

夜(寝る前)などに痛くなったりした時の対処法

歯髄の炎症であれば、多くの場合、歯の中の神経をきれいに除去してしまうことで、痛みを除去することが多いです。
歯根膜の炎症の場合、歯周病や噛み合わせが原因の場合、噛み合わせを緩めたり、歯周病の治療(クリーニングなど)をしたり、投薬をすることによって、痛みが収まる場合があります。
歯髄の中の細菌感染が原因である場合は、歯髄を掃除することによって、原因を取り除き、痛みを除去します。 いずれにしても、症状が非常に強い場合、抜歯に至る場合もあります。

万が一、朝起きて痛みが治まっても歯医者を必ず受診しましょう。

時々、夜痛みがあってたけれども、朝になったら痛みがなくなっている場合があります。

しかし、虫歯や噛み合わせが原因であれば、原因を除去しなければ、また痛みが繰り返すことが多いので、必ず歯医者さんを受診していただくことをお勧めします。

歯医者が怖いと思っているあなたへ。

歯医者は、まだまだ怖いところ、と言うイメージをお持ちの患者さんが多いと思います。

しかし、当院では、よくご説明して、治療を行いますので、ご安心ください。
また、少しでも、不安感なく、痛みなく治療するために、様々な試みを行っております。
歯科の病気は、放っておいて治ることが少なく、費用ごとに悪化するものがほとんどですので、早めに受診されることをお勧めいたします。
LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ