最新NEWS

2013.12.20

自家歯牙移植について

自家歯牙移植とは?

自家歯牙移植とは、ご自身の歯を今ある場所から抜いて他の場所へ移し変える処置のことをいいます。
自家歯牙移植のメリットは、歯を支える組織である歯根や歯根膜(顎骨に歯を固定させる靭帯のような強い繊維質の組織)も同時に移植できることです。
この歯根膜を生かしたまま移植できる事が最大のポイントといえます。移植する歯の根に歯根膜が生きていれば再び歯槽骨(あごの骨)に定着してしっかりと歯を固定し機能を回復します。歯根膜を同時に移植することより通常の歯の感覚を保つことが可能となり、またあごの骨に根付くことでインプラントのような人工の歯とは違い新たな骨が形成されます。

自家歯牙移植を行う場合

むし歯が大きくてどうしても抜歯せざるを得ない場合や、外傷事故などにより歯が割れ足り、折れたりして抜かざるを得ない場合で、かつ、親知らずや歯列からはみ出た機能していない歯があるとき。
移植する歯の根の状態が良く、移植場所の骨の量や質が良いなど、条件が揃わないとうまくいきませんが、自家歯牙移植をすることで生きた歯の機能を取り戻す事が出来ます。

自家歯牙移植のデメリット

不要な歯とはいえ、健康な歯を抜歯することになる。
インプラントに比べ、適応が限られる。移植を受け入れる骨の大きさや状態、移植する歯の状態(歯根膜が傷ついていないか、炎症がないかなど)に、成功が大きく左右されます。
インプラントに比べ、成功率が低い。

自家歯牙移植のメリット

抜歯してなくなった歯の横の歯を削ってブリッジにしなくて済む。つまり、横の歯の寿命を延ばすことができる。
インプラントと違って、歯根膜があるので噛み合わせの力の調整がしやすいと考えられる。(ただし、これは実際に体感できるほどではありません)
インプラントと比べて費用が安い。