ジルコニア

素敵な笑顔は、美しい口元から

”ジルコニア”という言葉をご存知ですか?ジルコニアは、人工ダイアモンドとして有名でしたが、歯科領域では究極の審美性素材として今、大変注目を浴びています。

これまで、歯科でもセラミックは使われていましたが、強度やもろさの点で、セラミック単独で詰め物やかぶせ物に使用すると、かけてしまうことがありました。それを防ぐために金属で裏打ちをするのですが、そうすると光の透過性が悪く、透明感のない歯になったりしました。

しかし、ジルコニアは従来のセラミックより格段に強く、しなやかで、結果金属の裏打ちなくかぶせ物やブリッジをつくれるので、非常に自然で透明感のある歯を作ることが出来ます。
また、ノンメタル治療になりますので、メタルアレルギーの方にも安心してご使用いただけます。

ジルコニアの特徴

  • 体に優しい

1、金属よりも硬く、天然ダイヤに次ぐモース硬度があります。従来のセラミックの3倍程度、また、金属を超える強度があり、象が踏んでも壊れないといわています。その上、しなやかで曲げ強度に優れています。
2、光の透過性が高いため、透明感のある審美的に優れた歯を作れます。
3、強度を補う金属の裏打ちの必要がないため、透過性を最大限に生かせます。
4、曲げ強度、応圧に優れた、極めて破損を起しにくいセラミックです。
5、生体親和性が高く、体にやさしい歯科材料です。
6、金属アレルギーを起こさない、メタルフリーの治療が可能です。
7、耐熱性、耐久性、耐腐食性が極めて高い材料です。

  • 色調、形がオーダーメイドできる

・ 歯の形、色は、人それぞれ個性があります。セラミックを使うと、患者さんの歯の色に合わせて色調、形を調整できます。

  • 変色しにくい

・セラミックは、”入れたときは白かったのに、いつの間にか黄色くなった”ということがほとんどありません。

  • 丈夫で長持ち

・ セラミックは強度に優れており、磨り減らず長くご使用いただけます。

  • 歯茎にも優しい

・ 金属を使ったかぶせ物は、歯茎と接している部分を黒く変色させることがあります。セラミックは化学反応による腐食がなく、歯茎を変色させることはありません。また、表面が滑らかなため、プラスチックに比べて歯茎の炎症が少なく、歯周病の進行が少なくなります。