静脈内鎮静法

診療室歯科治療をされるとき、注射や処置が痛いのではないか、キーンという音がどうも好きになれない、削るときの振動や抜歯するときの骨にかかる力が憂鬱、型取りがオエっとなって気持ち悪い、などストレスを感じておられる方は多いのではないかと思います。
中には、“今日治療だと思うと、昨日の晩から憂鬱で、寝つきが悪かった”と告白される患者様もおられるくらいです。

特に、インプラント治療では、手術を行うまでの患者さんのハードルには、局所の状態、全身状態、治療期間、予算など、いろいろありますが、”恐怖心”というものは、かなり大きなウェートを占めると伺います。

このような、不安や恐怖心を和らげる方法として、静脈内鎮静法をご紹介します。
小室歯科では、日本麻酔歯科学会専門医に、静脈内鎮静法を施術いただき、処置を行っております。

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法静脈内鎮静法とは、腕に点滴をしながら鎮静剤を投与し、ややボーッとして眠くなる状態を作る方法のことです。

治療中の不安や緊張を軽減させる方法の一つで、全身疾患をお持ちの方や緊張の強い方の歯科治療においては大変有効です。 治療中は、まるで半分眠ったように、うつらうつらとした状態になります。

ただ、全身麻酔とは違って、意識が完全に無くなる事はありません。
治療中の記憶が無い場合もありますが、治療後にゆっくり体を休めることで意識は次第に明瞭になってきますので心配はいりません。

静脈内鎮静法の効果

不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。 血圧や脈拍が安定します。処置中は生体モニターを使って、患者さんの血圧、脈拍など、全身状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心です。

健忘効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。処置を終えた患者さんからは、「もう終わったの?」「気づいたら終わっていた」という声がかれることも少なくありません 。処置の時のことを覚えておられない方もいます。

通常の歯科治療と同じように、処置をする部分に対しては、痛み止めが必要です。しかし、痛みも軽く楽に受けることができます。点滴をしているので、患者さんの変化に即座に対応することができます。 嘔吐反射が強い方、つまりオエっとなりやすい方にも有効です。

静脈内鎮静法の適応

  • 歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方
  • 局所麻酔に対する不安や恐怖心が強い方
  • 高血圧症、心臓病、糖尿病などの全身的な病気をおもちで、全身管理が必要な方
  • 嘔吐反射が強い方
  • リラックスして、楽に歯科治療を受けたい方
  • 以前に受けた歯科治療で、迷走神経反射、過換気発作を起こしたことがある方

静脈内鎮静法の注意事項

手術前日まで

  • 体調管理に気をつけてください。当日の体調によっては、手術を延期する場合があります。
  • 手術前日は、アルコールを摂取しないでください。

手術当日の朝~手術まで

  • 最後のお食事は、手術の6時間前までにお済ませください。手術予定時間によっては、朝から絶食となります。
  • お水は、手術の2時間前まで、適量飲んでいただいて構いません。
  • 当日の朝から、お煙草はお控えください。
  • 血圧、心電図などの計測を行いますので、腕、胸元を開けやすい、または脱ぎやすい服装でお越しください。
  • 手術後、その日の間は自転車・車・バイクの運転ができませんので、ご自身の運転でのご来院はお控えください。
  • 手術室に入る前にお手洗いをお済ませください。

手術後から

  • 手術後、しばらく眠気やふらつきが残ります。院内での移動には十分にお気をつけください。院内にてお休みいただき、意識がはっきりしてから、術後の説明などを行います。
  • ご帰宅後は、できるだけ安静にしてお過ごしください。
  • 手術当日は、湯船に浸かったり、サウナに入ったりはしないでください。シャワーや洗髪は構いません。
  • 手術当日は、飲酒・喫煙をお控えください。
  • お口の中が出血しやすくなっています。うがいは避け、口の中の血液は唾と一緒に吐き出すようにしてください。
  • 硬い食べ物、刺激物は1週間ほどお控えください。

静脈内鎮静法の流れ

処置当日までに

あらかじめ、全身の健康状態についてお話をうかがいます。高血圧症や糖尿病などの全身的な病気をおもちの方では、必要に応じて内科主治医の先生に現在の状態やお薬の内容などをお聞きします。小室歯科は、担当患者制ですので、担当のドクターよりカウンセリングし、麻酔の専門医による鎮静の元、処置は担当医が行うことになります。

処置当日の流れ

Step1 ご来院・体調チェック

歯科麻酔科医が、お体の状態について簡単にお話をうかがいます。 心配なことがあれば、何でもお聞きください。

Step2 準備

血圧や呼吸を監視する簡単なモニターをつけます。家庭用の自動血圧計の高機能版とお考えいただいて結構です。 酸素吸入チューブを鼻に装着します。

Step3 点滴投与

左右どちらかの腕に点滴を行います 点滴から少しずつリラックスするお薬を入れます。 お薬の効果を確認して、必要に応じてお口の中に痛み止めをします。

Step4 治療開始

インプラント手術、通常の歯科処置などを行います

Step5 治療終了

終了後、眠気やふらつきがなくなるまでお休みいただきます。

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ