最新NEWS

2020.06.11

セラミックは虫歯にならない?なぜ、銀歯は虫歯になりやすいか?

セレック通信

保険治療では、多くの場合、銀(正確には、金銀パラジウム合金)の詰め物、被せ物が使われています。
これらは、一般的に、セラミックよりも歯の持ちが悪いと言われています。 また、治療の必要により、銀歯を外した後、銀歯と歯の間が、虫歯や、劣化したセメントや金属によって、真っ黒になっていることをよく見ます。

小室歯科では、黒くなった歯を、必ず患者さんに見ていただくようにしておりますが、この状況見ると、多くの患者さんが、金属ではなく、セラミックを選ばれるほどです。

それでは、なぜ、銀歯は虫歯になりやすいのでしょうか?

銀歯は、歯と合着と言って、セメントと言う、いわゆる接着剤のようなもので、引っ付け維持していきます。

虫歯になる原因①

銀歯が解けてしまい、歯と詰め物の間に隙間が空く

隙間に唾液が侵入すると、もちろん、唾液中の虫歯菌がその間に侵入し、増殖し、虫歯となります。

虫歯になる原因②

銀歯は金属のため、熱い物を食べたなどの温度変化で微小ですが膨張したり、収縮する

微小ですが膨張したり、収縮したりするようなことがあると、これも隙間ができる原因となり、虫歯になりやすくなります。

虫歯になる原因③

金属と歯の境目はどうしても段差になりやすく、汚れや細菌がたまりやすい

金属と歯の境目は、作成した当初は、ぴったりついていても、歯と金属の硬さの違いや、金属の劣化、歯が虫歯になるなど、様々な理由で段差が大きくなりがちです。その部分は当然汚れや細菌がたまりやすく、虫歯になりやすくなります。

虫歯になる原因④

銀歯自体が細菌がつきやすい

金属は、セラミックに比べて歯の汚れやプラークがつきやすいと言う研究結果があります。プラークは、細菌の塊ですから、その細菌によって、虫歯が起こりやすくなると言えます。

銀歯は虫歯になりやすいだけでなく、身体への影響も?

咬み合っている歯を痛めてしまったり、歯茎が黒くなる原因になる、金属アレルギーを発症する原因になるなど、虫歯になる以外に考えられる要因のコンテンツを作成頂けますと幸いでございます。
銀歯は、歯茎との相性が悪いため虫歯だけでなく歯周病にもなりやすく、その結果、高血圧や糖尿病など、生活習慣病との関連性も考えられます。また、金属アレルギーの原因となり、お口だけでなく、手足にまで皮膚の炎症が及ぶこともよく見ます。

当然、歯茎が痩せて歯がぐらつくと、しっかり噛むことができない、と言うことにもなりえますので、全身の健康の第一歩として、セラミックによる治療をお勧めしています。

一方、セラッミックは、接着と言って、歯と化学的に一体化するので、このようなことが少ないので、虫歯になりにくく、身体への負担もほぼないと言われています。

こういった理由からも当院では、積極的にセラミックを推奨しているのです!

お口の中は、たべものを食べると酸性になり、また、一度噛むと、一回で奥歯であると60キログラムほどの力がかかります。これを一日何十回、何百回と繰り返すわけで、このような過酷な環境に耐えうる材料が求められるわけです。

セラミックが主流となる前は、銀の代わりに、より歯との密着がいい金合金が好んで使われました。いまだに、セラミックよりも、金合金の方が、適応であると言うケースもあると考えます。
すべてのケースにベストである材料は未だないですが、日々、材料の進化とともに、歯科が発展していることは事実だと思います。また、セラミックも日々発展し、接着剤も、近年非常に性能が向上しています。

これらの進歩に遅れずについていくように努力したいとも思います。

小室歯科が推奨するセラミック素材について

ガラスセラミック

ガラスセラミックは、文字通りガラスを主成分としたセラミックで、昔からセレックのオリジナルブロックとして使われていたセレックブロックや、2ケイ酸リチウム(e-MAX)などは,ガラスセラミックの中間です。
非常に透明度が高いので、見た目を重視する治療や、詰め物の治療などに使いますが、ジルコニアに比べて強度には劣ります。
e-MAXは、“強化型”ガラスセラミックの名の通り、やや強度に優れています。

ジルコニア

ジルコニアは、ガラスセラミックに比べ非常に硬い材料で、近年大きな進歩を見せている材料です。噛み合わせが強い場所や、ブリッジなどにも使える反面、一手間かけないと、完成しない材料で、当院では院内技工士と連携しつつ、作成していきます。また、近年のジルコニアの進歩に応じて、様々な種類のジルコニアを使い分けることができるのも、当院の自慢の1つです。

メタルボンド

メタルボンドは、もう何十年も前に日本に入ってきた技術で、金属の表面にセラミックを高温度に焼き付けて作成するものです。昔からの技術なので、強みも弱みもはっきりしており、当院では未だに状況によって使用しています。非常に長いブリッジや、噛み合わせの面に至るまで非常に微細な見た目を要求される場合には、いまだに使用することがあります。
ただ、金属を使用しているため、完全なセラミック治療とは言えません。また、金属とセラミックの界面の部分が剥がれてしまう時があり、その場合は修正が必要です。

ハイブリッドセラミック

穴が開いたセラミックの間に、レジン(歯科用のプラシック)を高圧力で填入して作成した材料で、見た目もそこそこ美しく、かつレジンのおかげでしなやかさも持ち合わせており、ガラスセラミックより破折の心配が少ないので、詰め物や、インプラントの上部構造など、いろいろな場面で使用しています。商品名は、ENAMICと言うオーストリアのVITA社の製品です。

まとめ

前歯金属を使用しない治療、いわゆるノンメタル治療は、これからの歯科医療の大きな流れとなっています。これまで述べたように、非常に体に優しい素晴らしい治療法ですが、反面それぞれの材料をよく知った上で治療しないと、割れたり、外れたりといった、トラブルを引き起こす治療でもあります。

また、これまで以上に信頼できる技工士との密接なコラボレーションが必要となる治療法でもあります。

当院では、日々の研鑽を続け、院内技工士との連携を密に行い、これからも正しくセラミックを使用し、患者さんの健康のお役に立てるように努力していきたいと思っております。

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ