最新NEWS

2020.06.29

なぜ、セラミックは健康的な治療法と言えるのか?

セレック通信

本日は、全く根本的な話ですが、なぜ、セラミックが健康的な治療であると言えるのか、ということについてお話しします。
先日、なぜ、銀歯は虫歯になりやすいか?、というお話しをいたしました。

銀歯は、隙間ができやすく、虫歯になりやすいというお話しをしました。一度虫歯になると、その歯は、多くの場合、きちんと治さないと、また虫歯になり、結局、歯の中にある歯髄、という神経を処置しなくてはならなくなります。そうなると、歯がもろくなり、数年後に再治療、最後には歯を抜かなくてはいけなくなる、という末路を辿ることが多くなっています。

セラミックの魅力

金属より歯茎との親和性がよく、歯周病になりにくいという特徴があり、これも、長期的には歯の寿命に大きく影響します。金属に比べて、セラミックの表面にはプラーク(歯の汚れ、細菌がたくさん存在している)がつきにくいとの研究結果が出ており、そのため、歯茎の炎症が少ないと言われています。
ですので、初期段階で、より優れた接着性を持つセラミックを使用することは、歯の健康に根本的に大事なことと言えます。

銀歯は、アレルギーの原因になる

金属イオンは、お口の中に溶け出し、多くのアレルギーの原因となっています。

これは、口だけでなく、手の皮膚に現れたり、お口のなんとなくの痛みの原因となっていることも少なくありません。先日も、お口の中の昔の被せ物をジルコニアの被せ物にかえるだけで、症状が大幅に軽減した患者さんもいらっしゃいました。
このような例では、患者さんに非常に喜んでいただけるので、歯科医としても、本当にやりがいを感じる瞬間でもあります。

ジルコニアについて

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、セレックで使用できるセラミック材料として、長石系やe-max(2ケイ酸リチウム)、ハイブリッドセラミック、レジンなど、本当に色々な材料がありますが、ジルコニアは、この中でも、一番固い種類のものになります。この硬さをいかして、ブリッジと言って、歯のない部分を補う、被せ物にも使用可能です。ブリッジは、非常に大きな力の負担がかかるため、固いセラミックでないと耐えられないのです。
また、咬合力が大きくかかる奥歯に使用したり、セレック材料としてはいち早くインプラントのかぶせものにも応用が始まった材料でもあります。
しかし、ジルコニアは、非常に硬いゆえに、まずは柔らかい状態でブロックを削り出し、加工用の専用の炉によって、加熱処理を必要とします。ですので、セレックを導入している医院でも、使用している医院はごくわずかです。また、熱処理には比較的長い時間がかかり、一般に削ったその日にセットすることは難しいです。
またジルコニアは、基本的に光を通しにくく、前歯などで、歯の土台に金属が入っていたり、着色がひどくて、透明な材料を使うと色が透けて困る場合にも威力を発揮します。
ジルコニアは、長石系やe-maxに比べると、以前は透明度に劣り、弱点とされていましたが、この点も急速に改善されつつあります。まだまだ進歩の途中であり、今後の展開が注目される材料です。

実際、ジルコニア用の歯の削り方、接着の仕方の方法など、日々最新の情報がアップデートされており、当院でも最新情報に目を光らせつつ、臨床に取り入れております。さらに、ジルコニアは、加工の難しさから、技工士との連携が不可欠な材料であるとも感じています。当院には院内技工士が5名在籍しており、皆が切磋琢磨してジルコニアを初め、デジタル歯科技工の研鑽を積んでおり、その技工士と日々情報交換しながら診療を前に進めることができていることは当院のジルコニア歯科技工の大きな強みと考えています。
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、医院ぐるみでジルコニアまで加工できるメリットを生かして、様々なセレック治療に生かしていきたいと思います。

ジルコニアの進歩

院長の小室暁が、以前にジルコニアについて集中的に学ぶ、セレックトレーナーの講習会に参加してきました。
ジルコニアは、非常に硬い反面、一般的にセレックで使用しているセラミックよりも透明度がない白で、あまり審美的には良くないとされてきていました。

しかし、最近、各社の努力により、ジルコニアにも透明度があり、見た目にも十分耐え得るものが出てきています。しかし、そのようなものは強度はやはり劣るので、使用目的、部位には注意が必要など、非常に奥が深くて、興味深い話となりました。

まだまだ進歩の途中で、臨床的な検証も十分に行っていく必要がありますが、今後のセラミック修復はジルコニア抜きでは考えられなくなるのではないかと思います。
我々も、十分にマテリアルの特性を生かした上で、この新しいマテリアルを使いこなしていきたいと思います。
当院では、従来のジルコニアに加え、現在主に以下のようなアマンギルバッハ社製の次世代のジルコニアを使用してジルコニア臨床をしております。複雑な技工操作をせずとも、より患者さんに見た目の良い詰め物や被せ物を提供できるようになってきています。
セラミルを販売するアマンギルバッハ社のジルコニアは、見た目も、強度もまさに世界最高品質と言えるもので、当然セラミルとの相性もバッチリですので、今後とも、新しい発展に期待をしています

高透過性ジルコニア セラミルzoid HT +

アマンギルバッハ社製のミリングマシン、セラミルでミリング可能な最先端の高透過性ジルコニアについて、お話ししようと思います。

一般によく使われる被せ物のセラミック材料は、e-maxとジルコニアがあります。
e-maxは、非常に透明度が高く、歯になじみやすく、美しいのですが、反面、ジルコニアに比べると強度が低く、噛み合わせがきつい症例や、大臼歯では、使用しにくい場合がありました。

逆にジルコニアは、強度が強いのですが、透明度が低く、見た目が高度に要求される部分では、長石形のセラミックを持ってたりして工夫するか、見た目はある程度妥協するかしかありませんでした。
しかし、セラミルでミリング可能な高透過性ジルコニアは、ジルコニアの、透明度が低いと言う弱点を克服した、画期的なジルコニアです。試験的にミリングしてみましたが、ほとんどe-maxと遜色ない透明度で、前歯など、見た目が非常に重要視される部分以外は、十分に、長石系などのセラミックを築成しないでも、そのままで使用可能な美しさを持っていると思いました。
長石系のセラミックを築成しないことで、セラミック同士の界面で剥離してしまうリスクを避けることができ、非常に安心して使用することができます。また、技工作業が非常に簡略化するため、患者さんに、迅速にかぶせものを提供することができ、かつコストも控えることができます。

強度は、従来のジルコニアに比べて、さすがに弱いため、欠損が長いブリッジには使用できませんが、それでも、1本1本の歯にかぶせものを作るのには、十分すぎる強度を持っていると考えています。

今後は、臼歯のかぶせ物の治療において、主力の材料になっていくことと思います。
また、この製品には、歯の切端(先の部分)の特に透明度の高い部分から、根本の歯肉との境目の透明度の低い色まで、グラデーションをつけているものも販売されており、より見た目に優れた被せ物が、簡単に作成することができるようになっています。

ジルコニアの進歩は、本当に凄まじく、ここ数年で、大きく進歩を遂げています。アマンギルバッハ社は、ジルコニアの製作メーカーとしても、世界の最先端を走っており、今後とも、最新のジルコニアディスクを供給していただけるものと、感じています。
当院では、ジルコニアに限らず、最新の歯科材料についての研鑽を怠らず。常に患者さんに、最善の材料提供できるように努力いたします。

高透過性マルチレイヤージルコニア セラミルzoid FX マルチレイヤー

セラミルzoid HT+より、さらに透明度が高く、かつ見た目も優れたジルコニアで、ほとんどe-MAXと変わらぬ審美性を実現しています。その秘密は、ジルコニア自体が、層状に色が変わった、いわゆる、グラデーションになっていることにあります。人間の歯は、一色の変わらない色調で出来ているのではなく、付け根の方が一般に黄色っぽく、先に行くほど、透明になるのです。

その色調変化を再現したのが、このグラデーション(マルチレイヤー)ジルコニアです。これを使うと、前歯でさえ、それほど大きな修正なく、お口に違和感なくセットできる場合もあるほどです。
しかし、強度は、セラミルzoid HT+より劣ります。なかなか完璧な歯科用材料は無いのです。

最後に・・・

審美的な話になりますが、銀歯よりも、白い歯の方が、単純に“健康的である”ということは事実です。
当院にも、ちょっとした奥歯の銀歯を気にされて来院され、それを解消するだけで、“これで人前で笑えるようになった”と喜んでいただけることも多いです。
それだけで、不思議なもので、随分と若返られたと言いますか、健康的な雰囲気になられるものです。やはり“白”は健康の象徴だなと感じさせられる瞬間です。

当院では、今後とも、“健康”をテーマにセラミック治療を追求します!

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ