最新NEWS

2020.03.08

当院の滅菌対策について

小室歯科キャラクター

新型コロナウイルスの感染が広がっており、日本全体で、感染の拡大の防止に対する試みが行われております。
日常生活でも、色々と制約が多くなり、まさに日本全体で乗り越えなくてはならない、国難とも言える状態となっています。

そんな折、感染の拡大について、当院の対応や、滅菌について、お問い合わせを頂く機会が出てきております。
具体的には、

①患者ごとにハンドピースを交換され、減菌されてますか?
②その他機器(バキュームやホワイトニング機器)の減菌処理されてますか?
③薄手のグローブも患者毎に交換されてますか?
④チェアや照明のアルコール処理も患者毎にされてますか?

といったのもですが、当院では、これらすべてを以前からクリアーしております。
上記ご質問いただいた点すべて、滅菌、消毒、患者様毎に交換しております。

ハンドピースのみならず、歯を削るバーにつきましても、滅菌を徹底しております。

滅菌機は、オートクレーブを含め、当院には4台の滅菌機があり、感染症対策に取り組んでおります。

また、ウォッシャーディスインフェクターという機器を使用しております。今までの洗浄器や手洗いでは難しかった複雑な構造を持った歯科機器もポンプから発生する水流で、付着した汚れを徹底的に洗浄します。この水流は、100度以上の高温で、オートクレープと組み合わせることで、肝炎などのウイルスの滅菌も完全に行われるといわれているものです。

特に、当院では、アルコールによる消毒だけでなく、POIC という次亜塩素水にて、滅菌、消毒しております。
次亜塩素水は、ノロウイルスなどのウイルスなどの滅菌にも使用されている薬剤で、コロナウイルスに対しての効果も示されております。
次亜塩素水を使用し、医院のチェアー、その他の物品や、スタッフや患者さんの口腔内の含嗽にも使用し、感染機会の減少に努めております。
患者様にも販売もしております。

空間除菌に関しましては、次亜塩素水を噴霧したり、定期的に、オゾン発生機による除菌を行なっております。

当院では、以前から、滅菌消毒には力を入れておりましたが、これを機会に、さらなる滅菌の充実に努めて参りたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ