最新NEWS

2021.07.02

舌の正しい位置、スポットをご存知ですか?

舌の正しい置き場所スポットって知っていますか?

舌の正しい位置、スポットをご存知ですか?

こんにちは。天王寺あべのハルカス内にある小室歯科あべのハルカス診療所・歯科衛生士のKです。

皆さんは今、舌は口の中のどこにありますか?
唐突に聞かれると、分からなくなりますよね。

大抵の方は、「意識したことがない」「下の前歯の後ろ側」「上の前歯を押している」と答えられます。

こちらは、実は正しくない位置です。
では舌の正しい置き場所【スポット】とはどこのことでしょうか?

知らずに間違った位置に置いておくことで出っ歯の原因になったり、すきっぱの原因、矯正後の後戻りの原因になったりすることもあります。

生まれつきではなく、知らずにやっていたクセが歯並びを悪くしている可能性があるので要注意です!

今からでも遅くはありません。
なぜなら私も舌癖により出っ歯になっていた一人だからです!

一緒にトレーニング頑張っていきましょう(*^-^*)

では、正しい舌の置く場所スポットとは一体どこなのでしょうか。

正しい舌の置く場所スポットとは一体どこなのでしょうか。

このように上の前歯の少し後ろあたりが正解です。
二つ目、三つ目のような方は筋力の衰えがあるかもしれません。

では、練習していきましょう!

舌を正しい位置に置く練習。

  • リラックスした状態で舌の先を黒い〇のところへもっていきましょう。
    ⚠注意!この時に舌で上の前歯を押さないように気を付けましょう。
  • 歯につかないくらいの位置です。
    そのままゆっくり軽く唇を閉じましょう。

これでokです!いかがですか?
動作は簡単ですが意識しないと難しいですよね。微かに力が入ると思います。

日中は常に意識することで段々良い癖になってきます。
私も意識し始めてから約12ヶ月で気付かない内に舌歯このスポットの位置に置けるようになりました。

忘れないようにするコツは本当に単純ですが、「目に入るところに付箋に書いて貼っておく」・「携帯電話の待ち受けにしておく」などして意識していました(;^_^A

もっと良い方法があれば教えてください(^^)/()

それと唇を閉じた時に奥歯を噛んでしまう方もいらっしゃると思いますが、安静時空隙というものがあり、上下の歯の隙間は普段あいているものです!

無理に歯をかみ合わせる必要はありません。過度な圧をかけてしまうと逆に歯に負担になります。

歯が接触している時間は一日わずか17分です。

こちらも同時に意識してみるといいですね。

スポットは安静時と嚥下時(ご飯を飲み込み時)の正しい位置です。
食事中、飲み込むときも舌はこのスポットにあります。

どうですか?できていますか?

舌は筋肉でできています。
舌圧がなくなるとうまく食塊に出来なくて口の中に残ったり、飲み込めなくなって身体全身の疾患に繋がります。

若いうちからこうした舌の筋トレ、口周りの筋トレをしていると口輪筋が鍛えられて見た目も若々しくなります。

舌の筋トレはあまり馴染みがないかもしれませんがとても簡単なので、是非してみてくださいね。

「子供にやらせてみたけど上手く出来ない」という方もいらっしゃると思います。
慣れてなくて出来ないのか、そもそも舌の小帯が出来なくて届かない場合もあります。
その為に下の歯に空隙があったり、受け口になっている可能性があります。

また、起因は、鼻疾患や扁桃肥大による気道障害が原因の場合もあります。
これらの理由が考えられますので、慌てず一度ご相談ください!

本格的な口の筋トレはMFTと言って当院でも行っています。
もしよければお問い合わせください。

お口の筋トレ始めてみましょう☺

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ