最新NEWS

2021.08.16

インビザラインと他マウスピース型矯正装置(キレイラインなど)の違いとは?

インビザラインと他マウスピース型矯正装置(キレイラインなど)の違いとは?

こんにちは。天王寺・あべのハルカスにある小室歯科 歯科衛生士のKです。

近頃テレビを見ていると共通してバラエティに出ている芸能人の方はほとんど歯並びがきれいですね。

一昔前は真っ白なセラミックの入った方が非常に多かったですが最近の芸能人やモデルの方は歯並びを改善し、ホワイトニングを行っているように伺えます。

歯を大切にする、歯を治療しないといった予防歯科への時代の移り変わりがメディアを通じて伝わってきます。

そんな芸能人の方もやはりインビザライン治療は多いように思います☺
あの大谷翔平選手もインビザラインです✨

そんなトレンドのマウスピース型矯正装置も昨今たくさん種類が出ています。

例えば商品名として

  • キレイライン
  • シェアスマイル
  • ローコスト
  • アソアライナーデジタル
  • クリアコレクト

などがあります。

この中で当院が導入しているのはインビザラインです。

インビザラインは全世界1000万人を超える利用者数で圧倒的なトップシェア数を誇ります。様々な症例も多く信頼があります。

まず、様々な名前のマウスピース型矯正装置ですが大きく分けると

奥歯も動かす全顎(ぜんがく)矯正 前歯のみを動かす部分矯正

に分けられます。

調べてみるとキレイラインは特に上下の前歯6本に特化した部分矯正 みたいですね。
インビザラインは部分矯正にも全顎矯正にも特化しています。

インビザラインの部分矯正は前から両側5番目までを対象としているので範囲が広いです。

同じ部分矯正でも動かす範囲に違いがあります。
その分価格にも違いがあると思います。

当院であれば部分矯正のインビザライン【インビザラインGO】は44万円(税込)です。
※微調整装置代含む
※検査料金含む

ただ、前歯のみ矯正となると診断は非常に重要であると考えます。

前歯のみ動かしたはずなのに奥歯で噛めないということも十分に考えられます。

あとは、アライナー矯正(マウスピース型矯正装置のこと)で問題点が多いのは、奥歯で噛めないということですが、私もオープンバイト経験者の一人です。

トラブルシューティングを行いリカバリーできました☺

このように新しい矯正装置が出るともちろんトラブルもあり、このご時世悪い情報が一気にネット上で広まってしまいます。

私もついつい調べてみて順調にいっているのは分かっているものの不安になることもありました。

アライナー矯正(マウスピース矯正型装置)の最大のメリットは

  • 目立ちにくい
  • つけ外しが可能なためブラッシングが行いやすい

やはりインビザライン患者さんの虫歯発生率はかなり低いです。

メリット、デメリットを考え、部分でいいのか全体を動かした方が良いのか担当の矯正認定と話し合い矯正を始めていきましょう(^^

価格に惑わされず本当の自分に合った装置を選択していきましょう!

それとインビザライン中にホワイトニングは出来ません。

何故ならアライナー(マウスピース)自体に特殊な機能が搭載されているからです。
私も試みましたが線状に色味がまばらになり、オススメは出来ません。

フィッティングが大事な矯正装置なのでホワイトニング剤をいれたら溢れて中にほぼ残りませんでした()

また、アタッチメントといって特殊な形の材料を歯につけます。
アタッチメントは左右上下に動かす力のアシストをしてくれます。
とても重要な役割があります。

これらがあるので、インビザライン治療とホワイトニングを並行して進めることはやっていません。

しかし、キレイラインはホワイトニングが可能だそうです。

ここも違いのひとつです。

当院はキレイラインなどの他のマウスピース矯正型装置を取り扱ってはいないため、詳しくはわかりませんが、インビザライン治療についてならお任せください♪

分からないことがあれば事前にオンライン相談も可能です!
ありがとうございました🐈

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ