最新NEWS

2021.12.03

子供の矯正歯科の選び方 のポイント!当院には矯正認定医が4名在籍★

こんにちは!天王寺 あべのハルカスにある小室歯科・矯正歯科あべのハルカス診療所の歯科衛生士Kです。

今回は子供の矯正歯科の選び方について特集しています。

大事なお子様の将来の選択肢を広げてあげるためにも歯並びの矯正はかなり必要性の高い治療ではないかと思います。

お子様が将来、芸能人やモデルになりたいというなら勿論ですがスポーツ選手や歌手も歯並びや顎の形成は関係してきます。

また企業に勤めたい、自営をしたい、可愛いお嫁さんになりたい。何においても対人関係において口元、および歯並びは第一印象でも清潔感・信頼などを与えます。

また、きちんと噛むことで記憶力もアップするといわれています。

このご時世ですから海外で活躍したいと考える方も多いと思います。

海外ではスキンシップが多いため、口に対しての気遣いが日本とは比べ物にならないほどに重要視されています。

海外で活躍する上で歯並びの良さはマナー、常識化されています。
いうまでもなく、正しいかみ合わせ、きれいな歯並びは健康にも大きく関わります。

医療の発達や衛生環境が変わり寿命が長くなりますが、一方健康寿命(寝たきりにならず健康な生活ができる期間のこと)はどうでしょうか?

医療の発達に自分たちの生活習慣が対応して行けてないようにも思います。

やはり歯並びがきれいな方はクリーニングに来られた際も磨きやすいこともあり比較的安定されている方が多いです!

歯並びに関してはお子様だけではなく、成人以上の方またミドル世代にもぜひ薦めたい治療ではありますが今回は特に子供の矯正歯科選びについて記事をまとめています✨

ぜひご覧ください!

子供の矯正歯科えらびについてのポイント! 

①家から近い、駅から近く通いやすい 

学校でのトラブルや取扱いの不注意による装置の破損は多いです。
そのままにしてくと口の中が傷ついてしまうかもしれません(´;ω;`) 

一人でも行けるくらい近い矯正歯科さんへ行くかもしくは一般歯科と併設していて休診日が少ないところを選ぶのがベストです。

また駅直結や、駅近くだとより安心ですね。
当院はJR,近鉄、御堂筋から駅直結です(^^)/ 

②コミュニケーションの取りやすい先生、スタッフがいるところ 

子供の矯正治療の期間は長くなることが多いです。
なぜなら顎の成長も考えて治療を行うため途中で経過だけを診る期間が発生することもあります。

装置も複雑なものが多く使い方についての説明もきちんと受けないと誤った使い方をしてしまうことも考えられます。

じっくりと時間をとってもらえる医師、または歯科衛生士のいる歯科医院選びが重要になりそうです。

当院は矯正専門の歯科衛生士が在籍しています。
またカウンセラーも在籍していますので気軽にご質問ください★ 

③認定医以上の資格を持った矯正専門医が在籍している 

日本矯正歯科学会から認定を受けている歯医者さんを選ぶことを強くおすすめします。

この認定を受けるためには歯科医師免許はもちろん、大学病院などで5年間の矯正についての専門的な研修を行い厳しい試験に合格する必要があります。

この認定医の資格がある歯医者さんは日本にいる歯科医師約10万人の3%である3000人ほどしかいません。

自分の住んでいる地域に認定医がいるかは日本矯正歯科学会のHPから確認することができます。

当院には

  • 小室さつき先生
  • 谷川千尋先生
  • 松崎聖美先生
  • 中津川昂平先生

の4名が認定医であり在籍されています(^^)/ 

昨今はマウスピース矯正などの普及で一般歯科医が矯正治療を行うことも多くなりました。事前にHPや日本矯正学会の名簿を確認しておきましょう!

最後に治療だけではなく、何が原因で歯並びが悪くなってしまったのか?
舌の悪い癖はないか?お口の中に他に原因はないか?体に原因はないか?

こういった細かいところまで知識を持った専門の先生を見つけて子供の矯正歯科を始めましょう♪ 

今回も長くなってしまいましたが、そろそろ活字も限界がありますね…

多くの方に後悔のない選択をして頂きたい思い毎度書いているのですが、動画の方が需要あることを知りながら葛藤しています。(笑)

大阪に住んでいなくても誰かの役に立つ記事であれば幸いです。

無料オンライン相談→医療法人白亜会 小室歯科阿倍野診療所のオンライン診療予約 | CLINICS(クリニクス) (medley.life)

無料LINE相談→842ypfos

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ