最新NEWS

2014.06.04

歯と口の健康週間

本日、6月4日は、むし歯予防デー、そして、ここからの一週間(6月4日~10日)は、歯と口の健康週間です。
これは、歯と口の健康に関する正しい知識の普及啓発とともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的に、昭和33年から行われているもので、もともと歯の、というだけだったのが、数年前からは、歯と口の、というように、はだけではなく、その周りの粘膜などまでも、総合的な健康を目指した名称に変わりました。

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所でも、ブログでもご紹介しましたように、歯科教室を開催したり、いろいろと啓蒙を行いました。

最近では、そのような国の活動や、何より親御様、子供個人の努力の甲斐もあって、
私が学校歯科医をさせていただいてい中学校では、虫歯を持っている生徒の数はずいぶんと少なくなっています。
これからは、まず、虫歯や歯周病をいかに予防した後に、それでもできてしまった歯の疾患を、いかに確実に治し、維持するか、の時代なのだと思います。
そのための、我々が得意とする、セラミック治療、インプラント、なのだと思います。
今後とも、”歯と口の衛生週間だから”というわけではなく、常に患者さんに歯の大事さを啓蒙できるように努力していきたいと思います。