最新NEWS

2014.07.10

ノンクラスプデンチャー

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所には、日々、診療についてのお問い合わせが、お電話、メールなどで多くあります。
その中で、最近特に多いのが、見栄えのいい入れ歯についてのご質問です。歯がないところに義歯を入れる場合、入れ歯となると、残った歯に引っ掛けるバネ(クラスプ)が気になったり、また、人工の歯が、どうしても嘘っぽくなってしまって気になられる方が多くおられます。
そのようなときに、もちろん現在はインプラントが一番の選択肢になるのですが、インプラントは治療期間、外科処置の問題、費用の問題などで、選択できないこともあります。
そのようなときに、我々は、ノンクラスプデンチャーといって、バネが目立たないないように、金属の代わりに特殊な樹脂でバネを作る方法があります。入れ歯の設計に一工夫必要なのですが、最近選択される患者さんも増えて、非常に喜ばれてきています。
この入れ歯も、人工の歯も、本物と同じような、見た目に優れたものを選択することもできますので、より自然感が増します。
http://www.komuro-implant.com/noncrasp.htm
に、くわしい情報を掲載していますので、ぜひご覧いただければと思います。