最新NEWS

2014.08.12

セレックとインプラント

先日、東京まで、インプラントを、セレックにどう使っていくか、その高度な使用方法についてのセミナーを受けてきました。
インプラントは、もうすっかり市民権を得つつある治療法です。また、CT分析などによって、より安全、安心なものになってきていることも確かです。
しかし、セレックとCTを組み合わせることで、より分析をより正確に実際の埋入術に反映させることが出来ます。また、セレックを使うと、インプラント上に被せる被せものをセラミック加工できる範囲が広がり、より、生体親和性に優れたものが被せもの出来るようになります。(詳細は、またご報告しようと思います)。
CTも、デジタルデータ、セレックもデジタルデータがもとで、治療がなされますので、データの加工さえうまくいけば、これからどんどん進歩していく分野かと思います。非常に進歩の速い分野ですが、患者さんの安心、安全のため、これからも努力して、最新、最善を提供できるように努力したいと思います。