最新NEWS

2015.08.02

大阪臨床矯正歯科医会400回記念公演

本日は、私が役員をさせていただいているいる大阪臨床矯正歯科医会400回記念公演に勤務医のS先生と参加してまいりました。
この会は、歴代の大阪大学の矯正科の教授にサポートいただき、我々臨床家にもわかりやすく矯正の講義をしてくださる会です。
教授が変わっても、毎年コツコツと研修を続け、400回。私が関わらしていただいているのは、そのうちほんの数年にすぎませんが、歴史の重みを感じます。
今回は、現教授である山城隆教授に、コクランレビューという、我々臨床家にはなじみの薄い、しかし大事なことについてご教授頂きました。我々が目にする論文をいかに評価し、臨床につなげていくか、そんな話でしたが、臨床家としては、メーカーの発言に踊らされるだけでなく、冷静に物事を評価することの重要性を再確認できました。
この公演の後には、記念の懇親会がりましたが、先代の作田教授も、ご講演頂きました。作田先生でないとお話し頂けない、エッジワイズ装置が日本に入ってきたころの話など、いろいろ興味深く拝聴し、その後は、和やかに懇親会が進んでいきました。
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、継続的に勤務医の先生にこの会に参加いただきながら、矯正の知識を深め、臨床につなげていっていただけるようにしていきたいと思っています。