最新NEWS

2017.02.24

医院研修旅行

2月21日から、23日まで、医院の機材整備により変則的な医院運営になることを利用して、医院研修旅行に台湾に行ってまいりました。
小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、入職時に、基本的に全員に医院旅行に参加してもらうことを条件としております。それは、医療はチームで行うものであり、医院旅行や、他の行事ごとなど、基本的に全員で行うことを大事にしているからです。
毎年、医院旅行に行っているのですが、海外は、6年ぶりくらいになります。
今回は、九フンという、宮崎アニメで有名な村に立ち寄ったり、夜は皆で夜市に行ったり、二日目には、全員で食事会もして楽しみました。
しかし、今回は、スタッフの自主性に任せ、自由時間も多く取りました。医院を預かる身としては、少し心配でしたが、皆思ったよりもたくましく、各々に楽しんでくれたようです。
また、ドクターは、現地の医院見学を行いました。訪れたのは、台北の郊外にある王先生という先生のオフィスで、歯列矯正と、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使った診療に長けた先生です。ご自身でセミナーも運営されているほどの先生で、日本にも留学経験をお持ちで、非常にフレンドリーに接していただけました。ご自身の診療も余すところなく見せていただき、非常に充実した見学となりました。アジアの医療は、急速に進歩しています。日本も、見習うことも多くなりつつあるのではと感じさせられました。
当院は、来年も、継続して医院研修旅行を通じて、チーム力の強化をしつつ、楽しみながら仕事をしていく文化を育んでいきたいと思っています。