最新NEWS

2018.08.05

移転リニューアル記念日

8月5日は、小室歯科近鉄阿倍野ハルカス診療所の移転リニューアル記念日でした。

2013年、8月5日、当院はあべのハルカス近鉄本店の8Fにリニューアルオープンいたしました。ですので、もう5年が経過したことになります。 当院は、昭和17年に、故小室史郎が開設して以来、この近鉄百貨店にて、診療を行ってまいりました。しかしその間、戦争により百貨店も変わったと言います。、また、その後も元は百貨店の2階にあったのですが、その後百貨店の5階に移動し、そして、あべのハルカスの建設計画に伴って、もう10年以上前から、当院のリニューアル計画も始まりました。まず、もともと5階にあった診療所から、同じ近鉄百貨店の、仮診療所に移動いたしました。そこで4年間診療した後、この8Fに移動しました。 その間、この新診療所に移転する際のコンセプトを考え抜き、今回のリニューアルに際しては、先端医療のさらなる充実、健康医療、予防歯科医療を三本柱に診療計画を立てました。 そのために、最新の医療設備であるCTや、セレックをはじめとするデジタル診療機器、マイクロスコープ等を導入しました。また、予防医療を充実させるために、予防用の半個室を用意いたしました。また予防診療を充実させるためのソフトも充実させました。 さらにチェアーも新設増設し、大きな期待と不安を持って、リニューアルオープンに臨んだのが、昨日のように思い出されます。また、以前の診療所から、仮診療所、現在の診療所へと移転にあたり、引越し、設計、などに関して、スタッフや百貨店の関係者の方、業者さんなど、様々な方にお世話になったことも思い出されます。そして何より、仮診療所では、診療にもいろいろな苦労がありました。そういった、苦楽を共にしたメンバーも、残りつつも、ハルカスになってから、入職してした職員も増えてまいりました。ですので、毎年8月5日には、初心を忘れず今後ともやっていけるように、ミーティングで話をさせていただきました。

当院は、思えば、数回の移転を経験して、今年77年になりますが、移転を繰り返すたびに、診療施設を入れ替えたりコンセプトを新たにしたりして、成長して今があります。今回の移転リニューアルは、コンセプトを大きく変えたために、移転したときの志が、まだ実現できていない部分もあります。そういったものを、今後また1年1年積み上げて、大きな実りに変えていきたいと思っています。

小室歯科の歴史については、 https://www.komuro-dental.com/rekishi/ にも記載されていますので、ぜひご一読いただければ幸いです。