最新NEWS

2020.04.25

小室歯科近鉄あべのハルカス診療所は、前を向いて進んでおります

小室歯科キャラクター

早いもので、4月も終盤を迎え、例年であれば、新しいドクターやスタッフを迎え、スタッフたちも徐々に診療所に慣れ、ゴールデンウィーク中の、特別診療体制へ向けて準備を始める時期となりました。本年も、4月3日に臨床研修医2名と、新卒歯科衛生士2名、歯科助手1名を新たに迎え、3月での退職者もおりませんでしたので、当院も新たなスタッフを増員した状態で、新年度を迎えております。

しかしながら本年は、年始よりの新型コロナウィルスの蔓延が、3月の終盤から4月にかけて、ますます状況が悪化し、ご存知のように、日本全国がまさに、国難とも言える状況となっております。実際、当院が入居するあべのハルカス近鉄本店も、地下の食料品売り場と、当院と銀行が入居する8F部分のみの営業となっております。

当院も、日本国や、大阪府からの要請により、新型コロナウィルスの蔓延防止のため、応急診療や、現在お痛み等でお困りの患者さん、現在治療中の患者さんを中心に、特別シフトを組み診療しております。

診療におきましては、ブログにも記載しておりますように、いつもにも増して、より滅菌レベルを上げた治療体制をとり、また、スタッフのみならず、患者さんにおきましても、来院時の健康状態の問診、チェックを徹底し、出来る限りの感染対策を行った上での運営となっております。この体制は、まずは5月いっぱいは、継続するつもりでおりますので、患者さんにおかれましても、ご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。もちろん、日々の患者様に関しては、治療上ご不自由をおかけすることが出来るだけ少ないように配慮し、また感染対策もしておりますので、できるだけご安心して治療を受けていただける体制を整えて行っております。

このように、どうしても暗い話題が先行しがちですが、当院ではこの機会を、さらなる成長の機会と捉え、様々な取り組みもしております。

第一にコロナ禍が過ぎ去ったとしても、今後滅菌対策に関しましてはこれまで以上の滅菌レベルが社会から要求されると考えておりますので、それに応えるべくより基準の高い、滅菌体制を日ごろから確立できるようシステム構築を取り組んでおります。

また、今後ますます、当院の得意とするデジタル診療を利用した、非来院型のコンサルティングや、治療なども患者さんに提供できるよう、日々ディスカッションをしております。

最後に、臨床研修医や衛生士の教育のみならず、既存のドクターやスタッフの個々のスキルアップの好機と考え、様々な教材やミーティングを通じて、レベルアップを図って行く予定です。本日も、臨床研修医との教育を例年より前倒しで行い、また、新人衛生士も、先輩衛生士と相互実習など、非常に熱心に取り組んでくれている姿を見て、院長としては、非常に嬉しく、本当に頼もしく思っております。その結束した姿を見て、今後より結束したチーム力を持って、患者さんの治療に当たれると確信しております。

現在は、歯科医院に来ていただきにくい場面もあろうかとは思いますが、本来当院で行っているすべての治療行為や予防行為は、不急な部分があるかもしれませんが、不要なものは1つもないと確信しております。事態が落ち着きました折には、ワンランクステージアップして、新たなサービスも提供できる医院を目指し、精進しておりますので、どうぞ長い目で、当院とお付き合いいただければ幸いです。

小室歯科は、皆様と一緒に前を向いて歩んでいきたいと思っております。

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ